宇治川の激流にびっくりしつつ、宇治神社で兎に出会うこと。
a0158724_2237161.jpg平等院を後にして、
宇治上神社を目指すのだ。

てくてく歩いて宇治川の朝霧橋を渡るのよ。

a0158724_22404080.jpgしかーし!ここで驚いたのが
宇治川の激流の凄いこと。
「遊泳禁止」の立て札がバーンと立っているけれど、こんなところで泳いだら、あっという間に沈んじゃう。

「かーちゃんは落ちたらすぐしぬね。
おれは、なんとか行けるかなぁ。まずは荷物をぜんぶ捨てて、あっちの岸を目指そうか」

欄干から下を見下ろして、
真剣に検討しだす子が。

a0158724_22451472.jpg
たぶん発電所の放水で、水量が増しているのだろう。
すごい激流が渦巻いて、カッパだって溺れるよ~。

つまり子どもは仏閣よりも、こーゆーところが興味津々。

小学生に仏閣巡りは、ちょっと苦しかったかなぁ。



a0158724_2305982.jpg
渡った先には、「宇治神社」

こちらには、兎の手水舎が。

a0158724_23132368.jpg


a0158724_23201957.jpg鳥居脇には、「兎楽の樹」

河内国からやってきた
菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)皇子を
兎が先導し、振り返りながらお連れした場所が、この宇治神社だと案内が。


a0158724_2364159.jpg
かわいい兎のおみくじも。

かめろく(仮名@3月末までは6年生に)が
ウサギ年だから、わざわざこの神社に来たんだよ~。
「えー、うそだぁ~」←ほんとうです。
と言いつつも、かめろく ちょっぴりご満悦。
a0158724_23494437.jpgあー、また御朱印いただいてる~。
兎の印では、なかったね。


「宇治神社」



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-24 00:11 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(4)
Commented by dejikaji at 2012-03-24 19:59
tsurukame_koさん、こんばんはです。
宇治神社、行った事無いですし、こんな兎にまつわる話があったのも知りませんでした。
宇治方面はほとんど撮影に行きませんので、知らない事が多いです。
小学生には、なかなか神社仏閣の良さは分からないでしょうね~、もっと大人になれば変わるでしょ。
Commented by tsurukame_ko at 2012-03-26 00:08
◆dejikajiさま
確かに!!わたしも小学生のころは、神社もお寺も苦手でした。
そんなことすっかり忘れてました汗。
Commented by rpkm23524 at 2012-03-26 06:48
宇治は、その昔洪水多発地帯でした。
宇治から西側、伏見や西の方まで、昔は小椋池と言う
デッカイ沼地だったのです。それを秀吉が埋め立てた
り堤防を作ったりして、そして近代には天ヶ瀬ダムを
作って水量調節したりして現在の姿になっています。

今でも大雨のあとは、宇治だけが洪水警報になったり
しますね(・_・)
Commented by tsurukame_ko at 2012-03-27 00:17
◆rpkm23524
そうだったのかー(☆ФωФ)ノ勉強になります!
ためになる解説ありがとうございます。
あの激流は、ダムによる水量調節だったのでしょうねー。
秀吉の時代から!延々と続く自然とのたたかい。
ここにも悠久の時が流れているのですね。
<< 「宇治神社」を抜けまして、「宇... 平等院で、念願の「御朱印」をい... >>