【パリ散歩】 モンマルトルの路地を歩くのは、とても楽しいお散歩だ。
【2012/6/17(日) パリ2日目】 16:00

a0158724_0433969.jpg

テルトル広場から抜けて、
ノルヴァン通りへ参ります。



a0158724_0465129.jpg
細い小道の両脇には、
おみやげ屋さんが立ち並び、
人が大勢、賑やかだ。

a0158724_0235471.jpg

RUE DES SAULES
a0158724_0292411.jpg
ノルヴァン通りをずんずん進み、
ソール通りとの交差点。

路地いっぱいに、広がるカフェ。

通りの向こうにそびえ立つのが、
サクレ・クール寺院の白い屋根。
a0158724_0513243.jpg
コルト通りを、目指すのだ。

石畳の小道。
そよぐ風。
揺れる若葉。
娘さんたちに、ついていく。


a0158724_0523320.jpg

テルトル広場はすごい混雑で、混沌とした感じだけど、
ここまで来たら、割と余裕で、気持ちものんびりしてきたよ。
a0158724_0531943.jpg

だけど、正直、結構な坂道を歩いているわけで。
母の脚にも、リミット発動。
もう遠くへは行けないわ。
a0158724_0535839.jpg

a0158724_0545573.jpg
◆壁抜け男

うーん。こちらではなくて、
アトリエ洗濯船跡へ
向かった方がよかったか。

a0158724_0554922.jpg

a0158724_0563874.jpg

a0158724_057826.jpg

◆「ラマルク・コランクール」駅
やっと、メトロ駅に辿りつき、本日の冒険、終了。と。
a0158724_057281.jpg
しかし、こっちではなくて
アベス駅に向かうべきだった!
アベス駅のまわりの広場が、
風情があって素敵っぽい泣。

帰ってからのほうがなぜか、
あれこれ調べちゃうわたし。
実際、あるいているときは、
行き当たりばったり的に、うごくことも多いしなぁ。

やっぱり今回は、事前準備が足りなかったと、反省を。

▼ランキングに参加しています。
おねがい、押してほしいのだ。
d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-07-13 01:13 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(6)
Commented at 2012-07-13 14:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by free_silvermoon at 2012-07-13 16:10
こんにちは☆
壁抜け男に爆笑!!!!
こんなちょっとしたユーモア、なんか「フランス」っぽいなぁと思いました。
(って、行ったことないですけど(^^ゞ)
Commented by baklava1202 at 2012-07-13 19:34
壁掛け男!!!!!!!
この男に会うために国境をまたぎたくなってきたw

お天気に恵まれたようでよかったね☆
爽やかで、美しい色合いのおさしんにひきこまれるよ♪
Commented by tsurukame_ko at 2012-07-14 00:36
◆2012-07-13 14:36の鍵コメさん
コメントありがとうございます(≧ω≦)b感謝☆
承知ました。了解です。

◆伊織さん
「壁抜け男」
まさかこんなふうになっているとは思っていなくて、見たときは目が点でしたよ( ̄∇ ̄;)
やっぱりパリは芸術の都なんだなぁ。懐が深いなぁ。と、思います。

◆みけしゃん
国境またいで~笑
みけさんのパリレポートも読みたいわぁ。ぜひ!
Commented by belgium44 at 2012-07-14 01:17
こんばんは~♪
20代半ばに一度だけ激安四カ国周遊旅行でちらっとパリに行ったことがあるんだけど
要領もわかってなくて写真もほとんどなく何してたのか・・・
私も今度はパリだけに焦点絞って、ツルカメコさんのような大人の旅がしたいなぁ~。
モンマルトルも憧れ、天気も良く石畳の坂道を歩いてみたいなぁ、石畳大好き~^^
パラソルの立った外のテラスでカフェタイムしたい。
メトロも絵になるなぁ~。
Commented by tsurukame_ko at 2012-07-14 09:23
◆さおりんりんさん
ありがとうございます(≧ω≦)b
若いころの旅と今の旅では、見たいものや気になることが、ぜんぜん違っていました、わたし。
今回は本当にお天気に恵まれて、たいへん楽しかったです。
パリはどこを撮っても絵になって、今思えば夢の中みたい。
わたしも、また行きたいー!今度はパリからベルギーへ小旅行もしたいー。と、夢は広がるばかりです。てへ
<< 【パリ散歩】 ラ・ぺ・通りをの... 【パリ散歩】 芸術家が集うテル... >>