【マイバス】 「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」 バルビゾン村でミレーのアトリエ見学
【2012/6/18(月) パリ3日目】 10:00

「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」(マイバス)
€65.00→¥5,850 (←JCBカード決済だと、一割引きだった!)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

森に囲まれたフォンテーヌブロー城と、個人ではアクセスの難しいバルビゾン村を訪れます。
この村には、ミレーのアトリエや「晩鐘」に見られるような、のどかな田園風景が今も残っています。

08:15 マイバス社集合
08:30 マイバス社出発

09:40 バルビゾン村到着
ガイドの案内で、村を散策。
希望者は、ミレーのアトリエ訪問。(←入場料はツアー代金に含まれない←€4.0←今ココ
10:10 バルビゾン村出発

10:30 フォンテーヌブロー城到着
ガイドの案内で、城を見学。(約1時間、庭園自由見学約15分を含む)
11:45 集合、フォンテーヌブロー城を出発
13:00 マイバス社到着後解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。マイバスのページより引用

◆ジャン=フランソワ・ミレーのアトリエ Atelier de Millet 
a0158724_23441061.jpg

こんな通りに、ぽつんと佇む、ミレーのアトリエ兼住居。
a0158724_2352439.jpg

石造りの壁に、ミントグリーンの木枠や雨戸が乙女ゴコロをくすぐるわ。

ここの料金は、マイバスのツアー代には含まれない。別料金が必要だ。←€4.0
全員が見学するコース以外の観光なので、マイバスからのフォローはなし。
「ここにあるって教えたからね。もしご希望なら、どうぞご自分でご自由に」 勝手に行けや。とゆー姿勢。
a0158724_062320.jpg
お部屋の中は、こんな感じ。
壁一面にべたべたと絵が飾られておりますの。
ミレーの作品のコピーとか、バルビゾン派の人たちの作品だとか。

えーと正直に言いますと、何が何だかわからない。
だけど、今回は、マイバスツアーのガイドの方が、中の案内をしてくださった。
それが、すごーく助かった!
たぶんガイドの案内なしに、自分だけで入っても、ただただぐるりと見渡して、すぐに出て行ったと思う。(←わたくしの場合)
ざっくりと展示されたかのように見える絵画たちも、説明を聞きながら鑑賞すると、面白さがぜんぜん違うのだ。
今回、こちらを見学したのはわたしたち母娘だけだったので、ガイドさんを一人占め♪
a0158724_040610.jpg
ミレーが愛用していたという竹製の作業台。
竹製は軽いから、あちこちひょいひょい移動させて、絵を描くときに使ったそうだ。


a0158724_075736.jpg
現在、こちらの建物は、画商としても使用中。一隅には現代画家たちの作品も展示されていた。
今の世に生きている芸術家たちも、売り出すチャンスを狙ってる。
今は無名の画家たちも、後の世では、もてはやされているカモ。
a0158724_083850.jpg
ミレーが使用したというパレット。
a0158724_0235576.jpg

ミレーの絵をゴッホが模写したものと、オリジナルの対比帳。
ゴッホったら、ほんとうにミレーを敬愛していたんだなぁ。熱心に勉強したんだなぁ。と、ここはホロリと来るところ。
だけど、模写しているはずなのに、色遣いが、もうぜんぜん違う。
受ける印象も全く異なり、ゴッホの寂しさに泣いちゃうわ。


母はすっかり大ハシャギで、アトリエ見学大正解。
わたくし的には、ステキ窓から覗くお外が気になるなぁ。
a0158724_0963.jpg

a0158724_0585164.jpg

こんな素敵な街並みを、のんびり歩いて散策したい。
さっきの店でも買い物したい。
いろいろ煩悩ぎゅうぎゅう押し込み、慌ててバスに乗りますよ。

さーて、メインのイベントは、フォンテーヌブローの城なのだ。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-04 15:50 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(5)
Commented by anfoo at 2012-07-18 02:05
海外のちっこ〜い美術館とか大好きで、大きい美術館よりしっくり来たりします。
ミレーのアトリエ、とてもステキですね。
写真で見てるだけでウズウズしちゃいますわ。いいなぁ♪
Commented by baklava1202 at 2012-07-18 18:03
わぁ~~~☆素敵素敵☆☆☆
こういう感じ、ほんとにいいよね!!
乙女心をくすぐるわ(男前だけど

お母様、優しそう。そして、ほんとに嬉しそう。
みけも嬉しくなってきたっす
Commented by salam2002 at 2012-07-18 21:01
懐かしいです。
昨年の夏休み、この村へ行って、絵画に、庶民や農婦を描いたのはミレーが初めてと教えてもらいました。
帰国後、昔、教科書で見たミレーの絵を見に、山梨県立美術館を訪ねました。
ミレーとその同時代の画家の作品を展示している美術館です。
そうやって、知識が広がっていく楽しさを知りました。
Commented by tsurukame_ko at 2012-07-19 01:28
◆ダビダビさん
ありがとうございます。
ほんとうにせまくて小さい私設美術館という感じでしたが、とても楽しめました。
ここにミレーが住んでいて、あの絵をここで描いたのね!?と、感激しちゃったー。

◆みけしゃん
母が大喜びだったので、わたしもうれしかったです。ふふふやれやれ

◆salam2002さん
おお、このコースの先輩さま!
山梨県立美術館に、ミレーや同時代の画家の作品があるとは知りませんでした。
貴重な情報ありがとうございます(≧ω≦)b
「知識が広がっていく楽しさ」を、わたしも学びたいです。
Commented by sotora2011 at 2012-07-19 21:28
窓枠ひとつとってもデザインが素敵ですね。
街の通りの風景とか、やっぱり絵になりますね。。
写真撮るのも楽しそうです!
<< わたしはパンがすきだけど、夫は... 親子でつくった「シシリアンライ... >>