【マイバス】 「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」 フランス王の御用達「フォンテーヌブロー城」
【2012/6/18(月) パリ3日目】 11:30

「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」(マイバス)
€65.00→¥5,850 (←JCBカード決済だと、一割引きだった!)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

森に囲まれたフォンテーヌブロー城と、個人ではアクセスの難しいバルビゾン村を訪れます。
この村には、ミレーのアトリエや「晩鐘」に見られるような、のどかな田園風景が今も残っています。

08:15 マイバス社集合
08:30 マイバス社出発

09:40 バルビゾン村到着
ガイドの案内で、村を散策。
希望者は、ミレーのアトリエ訪問。(←入場料はツアー代金に含まれない←€4.0)
10:10 バルビゾン村出発

10:30 フォンテーヌブロー城到着
ガイドの案内で、城を見学。(約1時間、庭園自由見学約15分を含む)←今ココ

11:45 集合、フォンテーヌブロー城を出発
13:00 マイバス社到着後解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


◆フォンテーヌブロー城 (ユネスコ世界遺産)
フォンテーヌブローのお城はね、森の中にある宮殿。
フォンテーヌブローの森というのは、もともと王の狩猟場だ。
男っぽくて、質実剛健、武骨なお城を想像してたら、それはまったくの思い違い。
さすがに、ここは、おフランス。
あっさりとした外見に、ころっと騙されるところだったけど、
一歩入れば、その内装は素敵な仕様でぴっかぴか、調度品も揃ってた。
a0158724_23361349.jpg
中央が、フォンテーヌブロー城のシンボルとなっている、馬蹄形の階段。

この宮殿は、16世紀にフランソワ一世が、イタリアルからネッサンスの建築家を招いて建てたものが基本。
その後、歴代フランス王たちに、愛されて愛されて、何世紀にも渡って、どんどん好みの増築を繰り返し。
その結果、それぞれの時代ごとに、建築様式のちがうお部屋が、ずらりと並んでいることに。
1000室を越えるほどたくさんの部屋があるけど、時代の流れに沿ってまわれば、建築様式の移り変わりが、まさに、この目で確認できる。
歴史の勉強になりますなぁ。
a0158724_0122712.jpg
とゆーことで、社会科見学の子どもたちが、大勢来てる。
a0158724_0191539.jpg
ここは、赤ちゃんのお部屋。ゆりかごみたいなベビーベッド。
古い調度類、たくさんの絵画。
a0158724_23359.jpg

ベルサイユ宮殿ほどには豪華絢爛!でないけれど。
a0158724_2335576.jpg
壁や天井の装飾だとか、シャンデリアだってお見事だ。
a0158724_2344888.jpg
室内装飾に施されたイニシャルが、Fならフランソワ一世、Hならアンリ二世、Nならナポレオン。
この場所が、どの王のものだったか、一目瞭然でわかる仕組み。
a0158724_0513370.jpg


a0158724_2354293.jpg

こちらは素敵なダンスホール。ええ、大広間でございます。

ここ以外の室内の写真はすごくボケちゃって、正直ぜんぜん使えない。泣
ルイ16世が贈ったという、マリー・アントワネットの私室。
皇帝の寝室にしては、ベッドが小さいナポレオンの寝室。
王妃が公開出産をなさった部屋とか、会議のための大部屋とか。
すてきなお部屋をたくさん見られて、とっても面白かったのに。
窓のないお部屋は暗くて、上手に調整できなくて、光がブレブレだったのだ。
a0158724_143862.jpg

かろうじて。金ぴかぴかの天井。
a0158724_0591244.jpg
窓から望む庭園。
a0158724_2335302.jpg

窓越しに。静かな回廊。

とても楽しい見学で、面白かった!と思うけど、
残念ながら、だからこそ、「見ただけ」感が否めない。
さっさかさっさか早足で、部屋から部屋へと渡り歩き、とにかくぜんぶ見ちゃうぜ!と、ガンガン先を急ぐのだ。
カメラの設定変更なんかしてると、置いていかれちゃう。
ガイドさんの説明は、面白くて興味深いし、ほんとはメモを取りたいけれど、そんな余裕はありませぬ。
のんびり進む外国の団体客の間をね、すいすい上手にすりぬけて、とにかく先を急ぐのだ。
そりゃー、ぜんぶ見たいけど。説明だって聞きたいけど。
もっと時間がほしいよぅ~。と、思っちゃうのがバスツアー。
a0158724_2375835.jpg

あっという間に、帰る時間。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-07-19 01:21 | 母子パリ'12 | Comments(6)
Commented by ダビダビ at 2012-07-19 13:18 x
ゴージャスですね〜。別荘みたいなもんなのかな。
1000室ってケタハズレだわ。シャンデリアにもうっとり。
ベルサイユ宮殿以外もこんなに豪華なんてビックリですね。
今度はガイド抜きの個人旅行でどうですか?(^m^)
Commented by sotora2011 at 2012-07-19 21:25
こんばんわ^^
煌びやかさはさすがですね☆
いつか行ってみたい。。
写真OKなのもいいですねb
Commented by tsurukame_ko at 2012-07-20 00:27
◆ダビダビさん
ほんと、考えていたのより、ずっと豪華でビックリでしたー。
そう。できることならこの次は、自分のペースでのんびりまわりたいー。
そのために、もっと語学力を磨かねば!
Commented by tsurukame_ko at 2012-07-20 00:28
◆らんさま
写真は撮り放題だったのですが、せっかくの機会なのに、わたしの腕が未熟すぎて、屋内の写真がだめでした泣
もっと日々の練習をしなくちゃいけないと反省です。えーん
Commented by baklava1202 at 2012-07-20 09:33
すんげぃゴージャス!!
キンキラキンだ!!
(語彙が少なくてすまぬ・・・・

こういうところ、昔はお掃除どうしてたんでしょうかと
いつもそんなことばかりが気になるのよーーー

ベビーベッドまで素敵だなんて。
そのへんに転がって育ったワタシはやっぱり平民だわ。
たくましいけど!

回廊のおさしん、奥行きの出し方が抜群。
ツルカメコしゃんは凄いと思う!
おさしん、全部大好き☆
Commented by miriyun at 2012-07-23 23:52
馬蹄形の階段から降りてくるのは皇子でしょうか、シンデレラでしょうか、まさしく、ゴージャス・カーブ!
王の紋章を入れた扉がかっこいいですし、歴史が伝わってきます。
日本の戦国大名などもそういう使い方をしていますね
<< 【パリ散歩】 マイバス社近くの... 【マイバス】 「フォンテーヌブ... >>