「そらいろのたね」 古典ってやっぱりすばらしい!受け継がれていく宝物。
a0158724_22101682.jpg
本ばっかり読んでいないで勉強しなさい!
と、よく怒られていたコドモ時代。<ワタシ

今、かめろくを見ていると、同じセリフを言いたいワ。

だけど、それは、こーんな絵本で、育てられたせいなのだ。
>ええ、ワタクシが育てました。

ちいさいかめろくを膝にのせて、絵本をめくった幸せ時間。
それが今や、「やりすぎたか」と、苦い反省を生むのだよ。

通りすがりに、パソコンをぐぐぐとのぞいたかめろくが
「あ、この本しってるー」
と、素直にわたしに話しかけた。
以下ネタバレ




男の子とキツネがいて、
キツネが男の子に、男の子の宝物と、自分の持っている種を交換してって言うの。
そんで、交換したんだけど、
そしたら種から何か生えて、それが育って、でっかいマンションになって、みんなで入って遊んでたの。
そしたらキツネがやってきて、
おれのだ、返せーって言って、奪って、
そしたら、えーとマンションがどんどん縮んだんだっけ?
そんで、最後キツネがしんじゃったの。


って、中学生が、その説明ではいかがなものかと思うけど。

これは、そんなにおもしろくなかったー。
おれがすきなのは、やっぱ「おにろく」
それから、「めっきらもっきら どおんどん」
あと、「ちいさいモモちゃん」
悪魔がこわかったー。あの本は、おれ自分でぜんぶ読んだもん。漢字にフリガナふってあったから、自分でも読めたんだ。
あのくまさんは、お父さん?
いや、お父さんはおおかみか?
あー!だったら子どもは、おおかみ子ども??


いや、それは、最近の、雨と雪のやつでしょう。ぜんぜんチガウお話だから!

そうそう、こわいのは、「おしいれのぼうけん」!
おれ、今でも押入れだめだもん。
ちょっとでも押入れ開いていたらこわいから、ふすまはぴっちり閉めるんだ。


と、絵本談義が止まらない。
あはは、そーゆー話だと、わたしにも笑顔で語るのね。

これから秋も深まって、読書の季節になるのかな。
虫干しもかねて、お宝の絵本をしばし、めくろうぞ。

▼ランキングに参加しています。お願い、押してほしいのだ。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-10-25 23:40 | 日々の読書 | Comments(8)
Commented by belgium44 at 2012-10-26 00:40
ツルカメコさん、こんばんは~♪
うちの親は本全然呼んでくれなくて、昔話を聞かせる親だったんだので
絵本あまり詳しくないんだけど、この表紙の絵と「ぐりとぐら」の絵が
似ているなぁ~、同じ方が描いたのかな。
この「そらいろのたね」のストーリーは、子供に皆仲良く、意地悪しちゃダメよ!
って教えているのかもしれませんね~。
かめろく君に本を読んでいたから、ちゃんと覚えていて絵本話に華が咲くのは
いいですね~^^
将来大人になって子供を持ったら、同じように本を読んで聞かせるかもね~^^
Commented by anfoo at 2012-10-26 02:39
かめろく君、すごいね〜内容全部覚えてるなんて!
弱冠ウロ覚えだろうけど、でもすごいよ。
私なんて読んだの全部忘れてる(≧_≦;)
絵本て子供も大人も楽しめるところがよいですよね〜。
ぐりぐらの絵はやっぱり可愛いなぁ。
Commented by free_silvermoon at 2012-10-26 12:04
こんにちは☆
絵本OK!!!小説でもなんでも「話好き」は良いことですよ!!
死ぬまで絵本でも小説でもなんでも「読む」ことは、
必ず成長の糧になりますから☆

ぐりぐらのパンケーキが憧れで憧れで。
大人になって好きに材料が買えるようになってからは、
しょっちゅう作ってます♪
Commented by FantasyArt at 2012-10-26 14:01
こんにちは。
私は、母によく絵本を読んでもらっていたのですが、
私といえば、子供に絵本をあまり読んであげた覚えがないのです。
子供の文章力って、小さいころにどれだけ本を読んだかということにも
繋がると思う。
えらいね。ツルカメコさん。かめろく君は、幸せ者だね(^^)
Commented by salam2002 at 2012-10-26 20:56
こんばんは。
私は黒い狼の絵本が好きでした。
題名は忘れてしまいましたが、町のみんなに嫌がられても
「けっ」と一匹、生きていくのです。

「けっ」と歩く姿が、妙に気高く見えた私でした。

ひねてたのかなあ・・・。
Commented by baklava1202 at 2012-10-27 02:23
みけはごんぎつねが好きだったなぁ。
そんでもう少し大きくなってから八郎潟を読んで泣いて、

そこからいきなり羅生門まで飛んでいて記憶がない・・・・(汗

読んでもらったことってあったかな。
覚えてないわ。たぶん、ないと思う・・・・
Commented by tsurukame_ko at 2012-10-27 19:08
◆さおりさん
どんぶらこっこー、どんぶらこー♪な昔話もいいですよね。
そうなの。この絵本は「ぐりとぐら」と同じ方の本なのです。
「ぐりとぐら」も大好き!
今ではすっかり本棚のインテリアになっている絵本ですが、
たまに読み返すと、思い出とセットになって感慨深いのです。

◆ダビダビさん
>ぐりぐらのパンケーキが憧れで憧れで。
わたしもわたしも!!フライパンいっぱいに、できるカステラ!!
あの黄色がスゴクイイの。
>大人になって好きに材料が買えるようになってからは、しょっちゅう作ってます♪
イイナー。わたしもごちそうしてほしいー!
「ごちそうするから、待っていて」
と、森の仲間みーんなと、焼けるのを待っているシーンがすきだったなぁ。

◆FantasyArtさん
>子供の文章力って、小さいころにどれだけ本を読んだかということにも繋がると思う。
あんなに本を読んで育っているのに、かめろくの文章力はヒッドイもんです。ナゼニ???

絵本はただわたしがすきなので、読んでいた感じなのです。
母の趣味に付き合ってくれた、ちいさいかめろくに感謝です。
Commented by tsurukame_ko at 2012-10-27 19:08
◆salam2002さん
黒いオオカミの絵本。気になります(≧∇≦)b
「けっ」と孤高に生きていく感じ、佐野洋子さんっぽい気がします。今度さがしてみよう。
こうやって知らない本を教えていただけるのが、すごくうれしい!
まだ読んでいない素敵な本があると思うとワクワクしちゃいます。


◆みけしゃん
ごんぎつねは、だめです。ごんぎつねは反則です。ごんぎつねは、、、号泣
「八郎潟」は知らない!
わたしのすきな万城目学の「偉大なる、しゅららぽん」にその地名が出てきたのですが、実は裏にわたしの知らない物語があったのね!?ほほぅ
<< 本日、おでん祭り前夜。まる天も... 毎日のごはんとお弁当にも、「事... >>