【ハウステンボス】ステキホテルで癒される。異国情緒がうれしいニョ。 【ホテルアムステルダム】
今回、わたしのミッションは、ママンとハウステンボスへ。
すっかり弱ったママンとね、久々の旅へ参るニョだ。
リアル外国は遠いけど、ハウステンボスは近いニョよ。
へっぽこわたしの運転だって、1時間とちょっとで着いちゃうニョ。

うふふ、どんなに近くても、お泊りだから、旅行だワ!
ハウステンボスのど真ん中に、位置するホテルアムステルダム。
どこへ行くにも動きやすい、立地がよいのがポイントだ。

そして、お部屋は、特別な【ローラアシュレイ・フロア】 なニョ。
そのコンセプトは、【ホテルアムステルダムの中にある「特別な、もう一つのホテル」】。
細部にまでこだわった部屋のしつらえ、ゆったりと上質なときを過ごせるクラブラウンジ、
コンシェルジュによるきめ細かな心遣いなど、全てがプレミアム。
チェックインからご退室時まで、全てこのフロアで完結する非日常空間をご提供します。


とゆー通り、居心地のよいラウンジで、ゆったりくつろぎ満たされる。
ローラアシュレイフロアーは、クラブラウンジでチェックイン。
エレベーターを降りたなら、まっすぐその場がラウンジで、
ふかふかソファーに案内されて、そこでいきなりお茶タイム。
a0158724_2284227.jpg

お部屋は広くて、ゆったりニョ。
トイレとお風呂も、別々ニョ。
a0158724_22283337.jpg

15:00 チェックイン
11:00 チェックアウト
ゆったり時間を気にせずに、部屋を使えるのが、うれしいニョ。
入国ゲートで預けた荷物は、ホテルへ届けてもらえるし、
チェックアウトで預けた荷物は、同じくゲートで受け取れる。
このシステムが、助かった!
だって、ヒトリで二人ぶん着替えの荷物を担いでね、
ママンの買い物ぎゅーぎゅーつまった重たい袋を提げたまま
石畳の道、車椅子、押せる力はありませぬ。

お三時のあとは、軽い食事が準備されてるラウンジニョ。
a0158724_23261524.jpg

正直、エレベーター前の広いとは言えないスペースだけど、
ここのスタッフが、最高ニョ。
フォークを落とせば
「お召し物を汚されませんでしたか?」
カードキーをなくせば
「問題ありません。ほかの大切なものをなくされなくてよかった」
と、即座に!極上笑顔なニョ。
ああ、なんとゆープロ根性。
言葉遣いも大仰で、教科書どおりなんだけど、
それが嫌味にならないニョ。お手本みたいなサービスニョ。
貴婦人のように扱われ、わたしも背筋が伸びるニョだ。
a0158724_22554539.jpg

大事にしてもらって、ご満悦。ママンも大喜びなニョだ。
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ☆)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

ホテルアムステルダム。
ハウステンボスの真ん中にあるので、ちょくちょく帰りやすいのが魅力。
ほかの部屋と比べて、ローラアシュレイフロアーは、+4,200円。
この差額なら、ぜったいに!ローラアシュレイルーム推し。

でも、ホテルですごす時間が勿体ない!外に遊びに行かなくちゃ!というアクティブ派は、別プランのがよさそう。
[PR]
by tsurukame_ko | 2014-10-26 06:00 | おでかけ日和
<< 【ハウステンボス】 綺麗なお花... 案外たのしい夢の国。 【ハウス... >>