【仕事を辞めたい覚書】 頭の中身がゴチャモレで、ぜんぜん整理できてない。書けば客観視できるか。と。
わたくし仕事を辞めたいニョ。
やめたいニョったら、辞めたいニョ。
それでも決断できなくて、うろうろ悩んでいるニョだよ。

新卒で入った会社にね、勤め続けて25年。
ほんとは、もともとわたしはね、専業主婦が希望でね、キャリア志向はありませぬ。
それでも若い頃にはね、上を目指そうと思ったし、
できる限り、仕事でも頑張ってきたつもりなニョ。
だけど、さすがに、ずいぶん前から、能力不足はわかってる。
能力不足で上に立つのは、正直かなり苦しいニョ。
ああ逃げ出したい逃げちゃいたい。と、毎日思いつめる日々。


わたしは専業主婦の母に、「女でも手に職をつけて、結婚しても、はたらきなさい」
と、言い含められて育てられた。
結婚しても、
子どもができても、
「ママが子どもをみてあげるから、あなたは働き続けなさい」
と、保育園のお迎えも、ゴハンもお風呂も、実家任せ。

その母は、余命宣告されてからも
「介護のために離職するなんて、ばかなことはするものじゃない」
「あなたは仕事が忙しいのだから、見舞いには来なくていい」
「本当は家族葬で送って欲しいけれど、働いているあなたの立場もあるだろうから、ふつうの葬儀で構わない」
と、ほんとに最後の最後まで、わたしが働くことを望んでいた。

実は、わたしが働く職場は、若い母が憧れた会社だと、ずいぶんあとから知らされた。
わたしの出身大学も、実は、母の希望大学。
その会社は母子家庭は採用しないと(母の父は戦争で亡くなっています)、受験さえさせてもらえなかった。(当時のことは不明ですが、現在は、そういうことはありません)
次女は進学させないと言われて、泣く泣く受験を諦めた。
そんな話を聞かされたのは、わたしが就職してからで、
べつに母のためをと思って進路を決めてはいないけど、
はからずも、わたしは母の夢を、すべてリベンジしたわけだ。
母が側に置きたがったのは、母に対して従順で手厚いケアをしてくれる姉が絶対だったけど、
わたしは母の対外的な夢を叶えたアイコンで、
【働き続けるべきである】
と、洗脳されていたニョかなぁ。

その母もすでに亡くなって、
わたし、もう辞めてもいいかなぁ。
呪いが解けてもいいのかなぁ。
a0158724_10191492.jpg

ハリーに聞いてもわからない。
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-08-27 10:34 | 日々のお仕事
<< 【仕事を辞めたい覚書2】 頭の... 【本日の奇跡】 今日のハリーは... >>