【仕事を辞めるか覚書】 仕事を辞めるか続けるか、毎日、じっとかんがえる。 その2
わたしが仕事を辞めると言えば、夫も子どもも渋い顔。

仕事辞めたらぜったいだめー!
と、幼い頃からかめろくは、必ず反発してたっけ。

辞めてもいいよ、と口先で答える夫も、さりげなく
5年後には、会社はなくなってるカモ、
労働組合員でない自分は守られない。とか、
あれこれ脅しをかけてくる。

実家の父に、さりげなく、
「辞めるつもり」と、打ち明けりゃ、
今ごろになって、辞めんでよかよう。
高校生のかめろくは、
お前が家におったなら、いやがるだろうw
と、わらわりた。


わたしの味方は、皆無なニョ。


そーなニョそーなニョ。昔から、
わたしが辞めると言うたびに、こんなふうに
まわり全部が、反対表明してきたニョ。

母が倒れたときだって、
「介護で離職は、ぜったいするな。
あなたが仕事をしていれば、
身内の介護は受けられないと、ハッキリ表明できるから。
行政からの上質な介護サービスを受けられる。
わたしは、そっちのほうがいい。」
と、母本人に言われたワ。


わたしの存在意義なんて、外でお金を稼ぐだけ。
もーしんじゃって、保険金でも下りたほうがいいんじゃね?
そしたら、うるさくキーキー言ってる妻も母親も居なくなる。
自由に生きていけるニョよ。


思い通りの回答がこなくて、すっかりやさぐれる。
a0158724_2230151.jpg

どらねこハリーに励まされ、あしたも仕事へ行くニョだよ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-12-04 22:33 | 日々のお仕事
<< 【仕事を辞めるか覚書】 決死の... 【仕事を辞めるか覚書】 仕事を... >>