【タイ旅行記】「シャングリ・ラ・ホテル」から、「アジアティーク・ザ・リバーフロント」へ専用ボートで。  sanpo
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/09(日)【一日目】

16:00 ホテル到着
◆シャングリ ラ ホテル バンコク

17:00 荷物とキングを置いて、下見へ。
ホテル周辺の状況や、船着場や駅へのコースをチェック。
父上キングをお連れするには、事前準備が絶対必要。
もちろん日本を発つ前に、できるだけのことは調べたが、実際、現地でキングが歩ける最短距離を見つけねば!

まずは、これから向かう予定のアジアティークへの船着場へ。
【アジアティーク・ザ・リバーフロント】は、観光客向けのナイトマーケット。
チャオプラヤー川沿いにある巨大な敷地に小売店やレストラン、ショー劇場が並ぶニョだ。
ふふふ、シャングリラホテルからは、ゲスト専用の送迎ボートが出てるニョだ。

船着場にスタンバイしている彼に、あらかじめ予約を入れて、
a0158724_09585044.jpg

乗船直前に、チケットをもらう。
a0158724_09592230.jpg


船はなかなかの混雑で、予想以上の人気っぷり。
a0158724_09591134.jpg

どちらかというと欧米人の旅行者が多い印象だ。
a0158724_09593525.jpg

すごーく濁った大きい川を、ゆったり進んでいく船よ。
生ぬるい風が吹き荒れて、かなりねっとりとべたつくニョ。

a0158724_09595211.jpg

18:00 ホテルを出発
18:10 アジアティーク到着
シャトルボートは、1時間ごとに運行。
a0158724_10000331.jpg

空は曇っているけれど、予想以上の高温多湿。
蒸し暑さがまとわりついて、すっかりくたびれちゃってるニョ。
とにかくゴハンをたべなくちゃ!
冷たいものを飲まなくちゃ!

まずは駆け込むレストラン。
a0158724_10541952.jpg

英語の解説と、写真がバーン!と載ってるメニューが有難い。

【カオパットサパロット】
パイナップルの入った炒飯だけど、これが大好きだったニョだ。
パイナップルの酸味と甘みが、しょっぱい炒飯に超!合うニョ。
a0158724_10543353.jpg

それから安定の【パッタイ】を。
タイ風やきそば。あちこちでたべた。
a0158724_10544147.jpg

あとは、鶏の炒め物。
a0158724_10545108.jpg

「ノースパイシー」とは頼んだけれど、どの料理もすごくおいしい。
タイはおいしい!と、大はしゃぎ。
苦手な香辛料だとか、香草のきつい匂いとか、ぜんぜん感じることなくて、すごくわたしの好きな味。
お料理と飲み物と、ぜんぶで610バーツ。(≒2440円)

ここで失敗だったのが、冷房のないお店だったこと。
高い湿度と暑さとが、父上キングだけでなく、わたくしたちをも弱らせる。
へなちょこアラフィフ更年期。あっというまに熱中症。
冷房の効いた涼しい場所で、定期的に休むべし。



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村



[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-19 11:17 | 父とタイ 2017.7月
<< 【タイ旅行記】「アジアティーク... 【タイ旅行記】 空港からホテル... >>