カテゴリ:京都 2011.2月(伏見稲荷)( 37 )
伏見稲荷大社
a0158724_23554584.jpg
帰りは、ゆっくりそぞろ歩き、
鳥居の名まえを確かめて。

一本いくらなんだろね~。と、
よけいなことを考える。


a0158724_23561442.jpg
参道のお店でごはんをたべて、
今回の京都はお別れだ。



a0158724_1720225.jpg
ぜひ行きたいと思ってた
店の名まえを失念し、
目当ての店に行きそびれ、
すごくくやしい。ウキー!とな。


今日は、あわてて来たからなぁ。
ぜったい、もっぺんリベンジだ!
そのときは鰻たべてやるーぅ!

早くも、次の旅を思う。
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 12:04 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(2)
きつねの顔のおせんべい
a0158724_18514929.jpgきつねの顔のおせんべい。
ちょっと甘めの、すきな味。



a0158724_21462056.jpg

「きつねせんべい」
いなりや
¥350

[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 12:03 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
伏見稲荷大社
a0158724_23443413.jpg
鳥居を抜けたら、「奥の院」

「おもかる石」を試してる。

「おもかる石」
奉拝所の右側後にある、一対の石灯篭。
願い事の成就可否を念じて、石灯篭の空輪(頭)を持ち上げ、
そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも
軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難いとする試し石。


a0158724_2351546.jpg



さーて、願いは叶うのか。
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 12:00 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
伏見稲荷大社
a0158724_23304114.jpg
千本鳥居の始まり、はじまり。
「ほんとに千本あると思う?」
「数えてみる!」と、すぐにノる。
a0158724_23322782.jpg
a0158724_23324945.jpg


a0158724_23333472.jpg


延々続く赤いトンネル。
a0158724_23344846.jpg

鳥居がびっりし並んでて、

a0158724_23353816.jpg


見上げた空は、こんな感じ。
a0158724_23392664.jpg

まだまだ先へ、いきますよ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 11:50 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
伏見稲荷大社
a0158724_016322.jpg
鳥居のトンネル、行きますよ。

父と息子がさっさか行って、
わたしはいっつも置いてかれる。

a0158724_0165593.jpg
a0158724_019154.jpg


a0158724_0194614.jpg
大きい鳥居を抜けたなら、
道が左右に別れてて、
千本鳥居の始まりだ。

a0158724_0234992.jpg


往きは、左の路を行く。
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 11:49 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
伏見稲荷大社
a0158724_031624.jpg

鋭い目つきの狛狐。


a0158724_041650.jpg
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 11:47 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
伏見稲荷大社
a0158724_22411321.jpg
朝イチ寄り道したあとで、今日は伏見の稲荷大社
鹿の運び番の先生が、マドンナに会いに行った場所ですね。
近くに「狐のは」があるのよね。蔵に「長持」あるもんね。
なんだか鳥居がぴかぴかで、ちょっとびっくりしちゃったわ。

a0158724_22542512.jpg
京都駅から、JRで二駅。
改札抜けたら、即、参道で、
迷う暇さえありませぬ。

a0158724_2256877.jpg
名物「すずめの焼き」発見!

『今日では、商売繁盛の神として有名なお稲荷さんですが、
元は農耕神で五穀豊穣の神様であり、
その五穀(特に米)を食い物にするすずめを懲らしめる為に、
すずめの焼き鳥が生まれました』

と、説明が。
11月から2月までが国産狩猟の時期だって。

a0158724_2354084.jpg
さすがに丸ごとはおそろしい。
見れば見るほど睨まれる。

ぱりぱりと骨を噛み砕き、わたくしいただきましたけど、
あたまだけはどーしても、むりでした。
ええ、ごめんなさい。

ふつうの鶏より身がかたく、骨ごとばりばりいく感じ。
うずらもたべてみたかったけど、
なんだか、すずめでおなかいっぱい。
そちらは次回のお楽しみ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-13 11:14 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
京都的買物記
a0158724_23154798.jpg
くたばり息子はホテルに捨てて、
親は、この隙に買い物へ。

「ロシアケーキ」、だーいすき。
なつかしい味のクッキーだ。

a0158724_23224261.jpg

a0158724_2318220.jpg

それにしたって、もっさもさー<自分
このブス加減はいかがなものかと。
デブもさすがにひどすぎだと。
相当反省するべし。と。






「村上開新堂」

a0158724_23264959.jpg
それから、こちらはお茶屋さん。

a0158724_23423375.jpg

缶かん欲しさに買い始めたけど、
今ではほうじ茶の虜だわ。






かりがねほうじ茶「金」
「柳桜園茶舗」りゅうおうえんちゃほ
¥1,050

[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-12 16:58 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)
帰り路
a0158724_2323598.jpg
a0158724_2331375.jpg

a0158724_2341754.jpg

ほんとうに、この辺は、観光京都!な場所ですよ。

修学旅行的王道!と、呼びたくなっちゃう佇まい。

a0158724_236411.jpg

ちょこちょこお店をのぞきながら、買い食いするのも、また楽し。
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-12 15:52 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(1)
清水寺 本堂舞台
a0158724_22523758.jpg

ごきげんなとーちゃんと、
ごきげんななめな息子殿。

a0158724_2253542.jpg
「あしがいたいー。あるけないー」
と、拗ね拗ねモード入ってる。

a0158724_22533995.jpg
せっかく、ここまで来たのにねぇ。


ほんとはもっとゆっくりと、あちこち回りたかったのにぃ。
えーと、今度きたときは、
「随求堂」に行ってみたいし、
「音羽の水」も、飲んでみたい。


a0158724_22585063.jpg

いやん、いやんで、ぶすな顔。

a0158724_22515472.jpg
[PR]
by tsurukame_ko | 2011-02-12 14:42 | 京都 2011.2月(伏見稲荷) | Comments(0)