カテゴリ:京都 2012.3月(平等院)( 20 )
「南禅院」のお池辺りを、ぐるるとまわって和むこと。
a0158724_0214428.jpgえーと、ここは、「南禅院」
鎌倉のころにつくられた
離宮跡の名庭だってー。

お池のまわりをぐるりと廻る
「池泉廻遊式庭園」って言うんだってー。


ふゥーん、そうかぁ。しろくまちゃん。
道案内を、ありがとね。

a0158724_0435672.jpg
ふるい木造りの建造物。縁側越しに見る庭が、わたしはお気に入りですよ。
a0158724_0365266.jpg

周囲を樹木に囲まれた、とても静かな庭なのだ。
こーんなお庭がすきだなぁ。
のんびり眺めていたいなぁ。

「とーちゃんも、かーちゃんも、写真ばっかり撮ってさぁ!!」
と、怒りモードのかめろくに、わたしのカメラを受渡し、カメラ小僧に誘ってみたが、今回は不発に終わりました。
a0158724_0343419.jpg


a0158724_022350.jpg「ねーねー、ノブナガいつ買うの!?」
と、おねだりモード入ってる。
折しもこの日は
ポケモンの新作ゲームの発売日。
途中で買うてやるけん。
と、夫が約束したらしい。

ちょっと待ってよ、
かーちゃんは、方丈の庭を見たいのだ。
虎の襖絵も気になるし、
法堂の龍も外せない。

そこまで見たら、三門通って、
お買物に行くからね。

アレコレ交渉成立で、
さー、次の場所へ参ろうか。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b 家族旅行とカメラ旅とは
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←確かに両立できない゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-31 01:11 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(2)
「南禅寺の水路閣」で、ホルモーに思いを馳せること。
a0158724_22205036.jpg


南禅寺の水路閣。
ええ、もう有名処ですが、ワタクシ的にはえーとね、
映画版「鴨川ホルモー」の、ロケ地だから!とゆーことで。
なんともミーハー的ですが、だって、来たかったんだもんー!

a0158724_22281798.jpg

この辺りで、合戦が行われたのでありますな。
ここから走って三門辺りが、決戦の舞台なのですな。

a0158724_2231683.jpg

上の方は、こんな感じ。

a0158724_22334912.jpg

今も水が滔々と流れていることに驚いた。

a0158724_22353790.jpg

てくてく歩いて行けちゃうの。

緑にあふれる素敵なお庭。
こんなところが大好きだ。

煉瓦造りの水路なんて、なんともローマンな世界だわ。
それが今でも現役なんて、すごーくびっくりしたのだよ。
正直こういう建造物を「水路」と呼ぶのは知っていたけど、
まさか水がこんなふうに、流れているとは知らなんだ!



★本日のお写真は、夫のカメラのを借りました(☆ФωФ)ノ。うふふ。ダーリンありがとー。
わたしが撮ったのは、残念ながら、画面がすごーく暗くって、悲しい結果でごじゃったよ。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b まさか水路の上にまで
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←登れるなんて、びっくり゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-28 22:55 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(9)
宇治川の「船乗り場」を通って、「あがた神社」へ参ること。
a0158724_23492833.jpg宇治川の「船着き場」を
通り過ぎて、歩いていく。

a0158724_23501379.jpg宇治公園には、「鵜」がいたよ。
夏は鵜飼の観光船が、船着き場から出るのだな。


てくてく、のんびりそぞろ歩き、こんな散策も、また楽し。

ふだんは運動不足だけれど、
旅行中は、相当歩く。
もーだめー。などと言いながら、
結構、歩けるものなのだ。

a0158724_0435720.jpg
目指した先は、「縣(あがた)神社」
こちらの祭神は、「木花開耶姫命(このはなさくやひめ)」
「古事記」に登場するあの姫だ。石長比売とセットで嫁げば、「永遠の繁栄」を約束されたのに!とゆーやつね。

a0158724_0374274.jpgそぞろ歩きで、神話の世界に出会えちゃったりするのがなぁ、京都辺りの醍醐味だ。

こんなところで暮らしていたら、「日本書紀」とか「古事記」とか、身近に感じて育つよね。
卒論が「源氏物語」の身としては、もっと早くに京都を知って、この地で学びたかったわ!と。

花より団子のかめろく(仮名@6年生)は、
茶団子が気に入ったんだってー。
うす甘いところがいいんだー。って、
ぱくぱく食べていましたよ。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b さーて、これからJRに乗って
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←南禅寺辺りを目指すの゚.+:。゙d(・ω・*)ダー゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-28 00:56 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(5)
世界遺産「宇治上神社」で、御朱印をいただくこと。
a0158724_2372887.jpg
こちらでいただいた御朱印は、紙に書いてあるものだ。
御朱印帳に直接書いていただける場合もあるけれど、今日は担当が留守だから、という説明をいただいた。

いただいた紙を、ぺたりと「御朱印帳」に貼ればよし。
あー、糊を持ち歩いていれば今すぐに!
ここで貼り付けられたのに~。
そこまで考えてなかったよぅ~。
と、これは今回の反省点。

a0158724_2382011.jpg
そして、こちらが特別バージョン。
紫の台紙に、金の文字。

ちょっとステキ~な感じだわぁ。

a0158724_23315849.jpg
わたしが御朱印にムチューな間に、
夫と子どもは散策を。


境内にある湧き水「桐原水」は、
宇治七名水の一つだと。
わたしはぜんぜん気付かずにいたら、子どもが教えてくれたのだ。


a0158724_23392795.jpg
a0158724_23394477.jpg

a0158724_23395772.jpga0158724_23401615.jpg

a0158724_23491698.jpg
「世界遺産」に指定されたすっごい神社なんだから、どんな華やかできらびやかなところかしらと思ったら

案外せまくてこじんまりと、くつろげる感じの場所でねぇ、
山の中の静かな神社。

時間がゆったり流れてる。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b 御朱印をいただくときに、たいへん親切に説明いただき
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
▲とってもうれしかったの゚.+:。゙d(・ω・*)ヨッ゚

 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-27 00:04 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(5)
「宇治神社」を抜けまして、「宇治上神社」へ参ること。
a0158724_1240381.jpg
旅路のテーマは、「世界遺産」<夫。
次の遺産を目指すのだ。

a0158724_1243664.jpgおお、ここにも立砂が。
以前見た、上賀茂神社の立砂より、
ずいぶんとやわらかい盛り方だなぁ。と思うけど。
砂の盛り方の違いには、どんな意味があるのかな。

a0158724_1251341.jpg
山寺のような雰囲気で、とても静かな印象が。人もそれほど多くなく、のんびり時間が流れてる。
こんなふうにやわらかい木のあるお庭、すきだなぁ。



a0158724_13135910.jpg

a0158724_1320850.jpg


▼ランキングに参加しています。
ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b 静かでのんびり落ち着ける
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←こーゆーところが大好き゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-24 13:26 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(2)
宇治川の激流にびっくりしつつ、宇治神社で兎に出会うこと。
a0158724_2237161.jpg平等院を後にして、
宇治上神社を目指すのだ。

てくてく歩いて宇治川の朝霧橋を渡るのよ。

a0158724_22404080.jpgしかーし!ここで驚いたのが
宇治川の激流の凄いこと。
「遊泳禁止」の立て札がバーンと立っているけれど、こんなところで泳いだら、あっという間に沈んじゃう。

「かーちゃんは落ちたらすぐしぬね。
おれは、なんとか行けるかなぁ。まずは荷物をぜんぶ捨てて、あっちの岸を目指そうか」

欄干から下を見下ろして、
真剣に検討しだす子が。

a0158724_22451472.jpg
たぶん発電所の放水で、水量が増しているのだろう。
すごい激流が渦巻いて、カッパだって溺れるよ~。

つまり子どもは仏閣よりも、こーゆーところが興味津々。

小学生に仏閣巡りは、ちょっと苦しかったかなぁ。



a0158724_2305982.jpg
渡った先には、「宇治神社」

こちらには、兎の手水舎が。

a0158724_23132368.jpg


a0158724_23201957.jpg鳥居脇には、「兎楽の樹」

河内国からやってきた
菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)皇子を
兎が先導し、振り返りながらお連れした場所が、この宇治神社だと案内が。


a0158724_2364159.jpg
かわいい兎のおみくじも。

かめろく(仮名@3月末までは6年生に)が
ウサギ年だから、わざわざこの神社に来たんだよ~。
「えー、うそだぁ~」←ほんとうです。
と言いつつも、かめろく ちょっぴりご満悦。
a0158724_23494437.jpgあー、また御朱印いただいてる~。
兎の印では、なかったね。


「宇治神社」



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-24 00:11 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(4)
平等院で、念願の「御朱印」をいただくこと。
a0158724_23583863.jpgさーて、いよいよ念願の
御朱印をいただきに参ります。

「御朱印所は、あちらですよ」
と、受付で教えていただいて、
ウキウキ参りましたのよ。

石畳の奥には、もう既に、
御朱印を待つ行列が。
書いてくださるのはお一人なので、
すごくたいへんだと思うのに、
にっこり笑顔で丁寧に対応いただき、
ありがたい。

正直すごくドキドキして、ワクワク並んでいたのだよ。


a0158724_0195024.jpg
最勝院の不動堂で、
はじめての御朱印をいただいた。


紺色無地の御朱印帳に、黄色いカバーがよく似合う。
とてもシンプルなスタイルで、べっぴんさんだと思うのだ。

a0158724_0413161.jpg

a0158724_018348.jpg
ふゥーん、それで、これがさぁ、
いただいた御朱印なんだねぇ。
えーと、むずかしい字だけれど、
これってなんて書いてある?


「阿弥陀如来」と読めるねぇ。
文字に重ねて押してある印は、残念、読めないなぁ。
右上の印は「朝日山」。左下には「平等院」

墨の香りが漂って、とても厳かな気持ちになる。
大事に押し頂きまして、何度も眺めてニンマリと。

ところで、これは帰ってから、うわぁああぁ。と、知ったことですが。
平等院ではもう一箇所で、御朱印をいただけたそうなのだ。

平等院の朱印所は、二箇所あり、
天台宗系の「最勝院」 ←わたしがいただいたのは、コチラ。中央には「阿弥陀如来」
浄土宗系の「浄土院」 ←こちらの御朱印は、中央に「鳳凰堂」と書かれるそうだ。

わーん、両方とも欲しかったー。えーん、最初っから大失敗。
準備不足は、そのまんま自分に返ってくるのだな。
めそめそしみじみ反省を。準備が万事と思い知る。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b この教訓を次に活かして
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←しっかり自分で調べて゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-23 01:30 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(2)
平等院にて、まさしく「お迎えの図」に、出会うこと。
a0158724_23565387.jpg平等院の鳳凰堂は、10円玉の表の絵。
ぼくが知ってるのは、それだけだけど、
その風景を、見に来たの?


うーん、どうかな、しろくまちゃん。
わたしの今回の旅路はね、
御朱印めぐりを始めたい!
と、そんなところがお目当てすが、

夫の野望は、以前から
世界遺産をこの目で見たい!
と、そこにあるわけなのですよ。

だから、今回の宇治行きは
夫婦の思惑一致して、
なかなかナイスなチョイスなの。

a0158724_05848.jpg
拝観料は、600円。小学生は300円。

宝物が展示されてる「凰翔館」入場を含みます。
a0158724_0111512.jpgただし、「鳳凰堂」内部の拝観は、
別途「拝観券」(300円)が必要です。

こちらは、20分毎に、50名までの集団で
ゾロゾロ拝観する仕組み。
入場してから、別の窓口で購入することができました。

残念ながら撮影はすべて禁止だったのだけど、案内してくださる係の方の話が、興味深くて面白かった!

鳳凰堂の中には、巨大な仏像。
壁には、雲中供養菩薩像。
この雲中供養菩薩像が、わたくし的にはツボでした。

巨大な金ぴか仏像を取り囲む白壁に、雲に乗った小さい菩薩が、わんさか歌い踊るのだ。
その数なんと52体。
みんなそれぞれのmy雲に、ちょこんと乗っていらっしゃるのよ!ほんと筋斗雲みたいなの。
楽器を携え奏でる方に、おみ足を上げて踊る方、いろんなポーズでみなさまが空飛ぶ雲に乗りあそばして、阿弥陀如来さまを取り囲む、
なんてわかりやすい「お迎え」の図

a0158724_1172050.jpg

お堂の中は薄暗く、壁の上の方はよく見えない。
だけど、(平等院ミュージアム)「鳳翔館」では、壁から取り外された「空中供養菩薩像」が、たくさん展示されている。
目の高さに設置されていて、すごく間近で、じっくりと見ることができたのだ。
琴や琵琶とか笛、鼓を演奏している姿とか、蓮の花を捧げ持つとか、優雅な踊りのポーズとか、見惚れてしまいましたのよ。

同じくここで、「鳳凰の像」(←鳳凰堂の屋上にとまっている対の鳥ですね)を見た かめろく(仮名@3月末までは6年生)の感想は、
「ダンブルドアの部屋にいる不死鳥と同じだー」
とゆーことで。
まー、確かに火の鳥ならば、同じ姿でも不思議はないか。

a0158724_0554134.jpg
「鳳凰堂」内部見学と、
平等院ミュージアム「鳳翔館」は、
わたくし的には興味深くて、すごーく面白かったのだ。

でも肝心の「鳳凰堂」は、思った写真が撮れなくて、早くも挫折のカメラ女子。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b ▼お願い、ココ押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-22 01:21 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(3)
春休みの京都 スケジュール
京都一日目 2012/03/17(土)
a0158724_19334498.jpg◆京都駅着 10:14
  残念ながら、雨降りだ。
  小雨なのが、救いかな。
  荷物をホテルへ届ける手配を
  キャリーサービスに頼んだら、
  JRに飛び乗って、
  まずは、宇治へと向かいます。
  
◆宇治駅着 11:00
  宇治橋通りを、てくてく歩き、
  平等院を目指すのだ。
  お茶の香りがぷーんと漂い、
  さすが宇治茶の土地ですな。

a0158724_20193687.jpg◆平等院(びょうどういん)◆ 11:10
  拝観料は¥600。小学生は¥300。

  こちらで「御朱印帳」を求めてね、
  はじめて御朱印を頂いた
  もー、うれしくって、キャー(≧∇≦)b

平等院から、宇治川をてくてく渡り
◆宇治神社◆ 13:00
 手水舎には、兎さん。

◆宇治上神社◆
 世界遺産。

鵜飼い船の船着き場を通って、
◆あがた神社◆

a0158724_20512841.jpg
平等院近くで、遅いお昼。
ここで頂いた茶団子を、
殊のほか気に入る我が息子。

a0158724_2120940.jpg
JR→六地蔵で地下鉄へ。
→蹴上→インクライン
◆南禅寺◆ 15:00
三門を抜けて、水路閣へ。
水路閣の上を散歩する。
襖の龍や、虎の子たち。天井の龍。

地下鉄「蹴上」→「東山」
「一澤信三郎帆布」 今回は肩掛けのトートバッグをお買上げ♪
「掛札」         信三郎帆布から、八坂神社へ向う道に、「掛札」のお店を見つけて驚いた。去年、移転したそうだ。

八坂神社を過ぎて、四条通りへ
「土井志ば漬本舗」 柴漬け~♪
「祇園小石」      今月の飴は、桃の香飴。
「よーじや」       お粉とあぶらとり紙。

本日発売DSソフト「信長の野望」を探す旅。

「SOU・SOU」  手ぬぐい。普通丈と、ひめ丈を。
「Margherita579」マルゲリータ579 ばんごはん。

もー、脚がパンパンくたびれたー。
本日は、メインが宇治で、南禅寺。
四条辺りでお買物。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


京都二日目 2012/03/18(日)

a0158724_22323668.jpg◆北野天満宮◆ 9:00
  梅の花が花盛り。

「澤屋」
粟餅。ウマーイ!だいすき!!京都に来るたび、絶対目指す。


◆建仁寺◆ 10:30
  風神雷神。
  ふすまの龍。
  天井の龍。

◆六波羅蜜寺◆ 11:45
  空也上人像
  念仏を唱える口から六体の阿弥陀仏が現れた像。

◆六道珍皇寺◆ 12:00
  冥土通いの井戸。あの世とこの世をつなぐと言われる伝説の井戸のあるお寺。
  でも、わたしにとっては、凡ちゃんと少年が忍び込んだ、あの場所だからと目指したところ。
  閻魔大王の像、見たいみたいー!

◆八坂神社◆ 13:30a0158724_2231220.jpg
タクシーでびゅーんと
「スマートコーヒー」
ここのホットケーキが、だーいすき。
ランチもここまで来るべきだった~。

◆本能寺◆
せっかく近くまで来たから。と、
子どもの好きな本能寺。

なべ丸の立て札は、
何度見ても、胸に詰まる。


伊勢丹でお買物して、もう帰る。

正直、一泊二日では短すぎるよ、
足りないよー。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b 京都、やっぱり好きなんだ
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←またすぐ行きたくなっちゃう゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-20 21:36 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(5)
週末、京都へ行ってきた。もー、くたびれて、「ただいま」を。
a0158724_238170.jpg
週末、京都へ行ってきた。
一泊二日の強行軍。
もうね、いつものことながら、
歩きすぎて脚パンパン。

残念ながら、今回は、
ずっと小雨が降っていた。

傘は差さねばなるまいし、
肩に食い込む荷物は重く、
着てった上着は暑かった。

まー、いろいろと反省点を
踏まえて次に生かしましょう。

いっぱい素敵なお写真を撮るぞ!と、ワタクシ勇んで行ったけど、写真って、むずかしいんだね!?
「ポストカードみたいな画」って、実はなかなか撮れないし、旅の途中でレンズをいちいち替えるのだって大変だ。
わたしが撮りたい写真って、えー、何だろうって、悩むしさー。

写真ばっかり撮ってると、待ってる子どもは不機嫌になるし、母心だって痛みます。
もー、途中でぜんぶいやんなって、カメラは放棄となりました。
カメラ女子へと続く道は、わたしにとっては険しいわ。
まー、これからご近所で、練習あるのみ!と、思ってる。

a0158724_23112513.jpg
今回、新たな試みが、
「御朱印めぐり」の旅ですよ。

平等院で頂いた、
紺色のぴかぴか御朱印帳。

大事にあちこち携えて、
巡る旅路を始めましょう。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(*`д´)b 京都旅行記は明日から
にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ ←ぼちぼち書いていきます゚.+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-03-18 23:36 | 京都 2012.3月(平等院) | Comments(6)