カテゴリ:乙女旅( 6 )
【母娘三人で乙女旅】 ハウステンボスそぞろ歩きは、とっても楽しい時間なニョ。
母と姉と、プチ旅行。
去年の10月、母と二人で出かけたハウステンボスへ。
▼素敵ホテルにお泊りして楽しかった10月は、→コチラ。

今度は、姉もいっしょにね、母娘三人で参ったニョ。
a0158724_2285431.jpg

幼い頃の夏休みはね、母娘で旅行が常だった。
けれど、
大人になって家族を持てば、そんな機会は、そうはない。
子連れだったり、家族団体、そーゆーことならあったけど。

ママンを囲んで、娘が二人。
三人揃って、三人切りの旅行は26年ぶりニョ。

26年前のそれは、ああ、初めての海外旅行。
ウキウキ巡ったヨーロッパ。
「あの旅行は楽しかったよねぇ」
と、思い出話を繰り返しながら、異国情緒の町並みを、そぞろ歩ける幸せニョ。
a0158724_229843.jpg


手を怪我しているわたしを気遣い、車椅子をずっと押し続け、
わたしの髪まで洗ってくれたけいちゃん(双子の姉)、どうもありがとう。
方向音痴をナビゲートして、先導できたわたくしブラボー。
がたごと揺れる石畳の道、モノともせずに車椅子。
あちこち出かけて、夜遊びまでも楽しんだ母もアッパレ!ニョ。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ☆)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2015-04-21 06:00 | 乙女旅
【洛陽三十三所観音巡礼】 御朱印を巡る旅を始めてみたいと思うのだ。「六角堂」
a0158724_23571463.jpg

乙女の京都は楽しくて、キャーキャーはしゃいでいましたが、
実はその裏に潜んでた、わたしの京都もあるのだよ。

わたしの京都は、御朱印めぐり
御朱印(ごしゅいん)とは、神社やお寺を参拝した際、専用の帳面にいただける「印」のこと。
中央には「御宝印」が押印され、墨書で寺社名・参拝日・札所などが書かれるものが一般的。らしい。
その神社や仏閣をお参りした証としていただくもので、大切なお守りになるそうだ。

フーン、なんだか面白そうね、と 始めてみたのが今年の春で、
素敵な出会いに遭遇し、一気にのめり込んだのだ。
九州で遊びに行くときも、「御朱印帳」はどこへでも、シッカリ持参してるのだ。

そして、今回ワタクシが始めたのが、「洛陽三十三所観音巡礼」
京都市内、三十三の寺院に祀られた観音さまに、お参りをする巡礼だ。
後白河天皇が、広域で巡礼が困難な西国三十三所巡礼に代わるものとして、平安時代末期に定めたのが起源だそう。

つまりは、京都市内に点在する三十三のお寺を巡って、御朱印をいただくわけですね。
三十三のお寺には、「清水寺」のように超有名な観光名所もありますが、
聞いたことない小さなお寺も、ラインナップされている。
いっぺんに全部巡るのは、到底無理な話だけど、京都を訪れる口実に、これはピッタリなテーマでしょ!!

「六角堂」は、「洛陽三十三所観音巡礼」の第一番札所なのですよ。
だから、どうしても!!ここを訪ねて、御朱印を頂きたかったの。
a0158724_23573173.jpg

ここで、「洛陽三十三所観音巡礼」のため専用の「御朱印帳」がありますよ、と教えてもらって、いただいたのが、コチラです。▲
見開きページの右側が、各札所の説明で、左側が御朱印をいただくようになっている。

a0158724_173828.jpg

さぁ、ここからのスタートだ。

▼ランキングに参加しています。お願い、押してほしいのだ。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-12-22 01:14 | 乙女旅
【乙女的会合の記録など】 京都を巡る特別な時間。スターバックスから「六角堂」を望むこと
a0158724_14101935.jpg

一泊二日の乙女の京都は、あっという間に終わっちゃう。
スタバで一緒に朝食をとったら、ここでお別れだ。

あんまり楽しかったので、とても別れ難いけど、「また会えるよね」と願うのだ。
a0158724_1422437.jpg


さおりんさんの案内で巡る京都は、夢みたい。
あんまり素敵でふわふわと、夢見心地でいたワタシ。
a0158724_142444.jpg


ふと、振り返っても、素敵なの。
a0158724_1432553.jpg


a0158724_14323131.jpg

「エキサイトブログ」がなかったら、
こんな出会いはないわけで。
「プロフィール」は重たいし、
「イイネ」ボタンは押せなくなるし、
使いにくいわ!困ったワ!と、
ぶーぶー垂れていたけれど、
今ごろ慌てて、感謝する。

不思議な縁って、あるのだなぁ。
すごーく楽しかったなぁ。

なんだかブログって、不思議だね。

遠く離れて会ったこともないひとと繋がるラインになる。
書き始めたころは、そんなこと、思いもせずにいたけれど。

人との出会いに感謝して、日々の暮らしへ戻るのだ。
画面のこっちから「ありがとう」が、どうぞ届いていますように。

▼ランキングに参加しています。お願い、押してほしいのだ。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-12-13 14:46 | 乙女旅 | Comments(28)
【乙女的会合の記録など】 京都を巡る特別な時間。京野菜をいただく町屋ごはん
a0158724_22501634.jpg

川ベリの京町屋で、美味しくいただく京野菜。
なんて素敵な乙女の京都!と、ワタクシ感激しちゃうのだ。
あまーいお酒をいただいて、乙女話に花が咲く。

a0158724_2250364.jpg

それから、レトロで重厚な喫茶店でコーヒーを。

なんだか、あのね、わたしたち。
すっごいキャーキャー大ハシャギ。喋り通して盛り上がる。
もー、旅行の目的=お茶な雰囲気で、京都まで、お茶しに来たみたいよ!
そして、それがとても楽しいの!!

だって、考えてみたならば、「友だちと旅行」なんてもう、15年ぶりくらいですもの。
家のこともお仕事も、ぜーんぶ忘れて、まるまる全部「自分の楽しみ」だけのため!なんて。
どんなご褒美かしら、と思う。

大好きな人たちと、大好きな京都の街を、一緒に歩ける幸せよ。
もう夢みたいな一泊二日。
女子旅サイコー!女子会タノシー!!
なんて贅沢な京都時間。


▼ランキングに参加しています。お願い、押してほしいのだ。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-12-12 22:51 | 乙女旅
【乙女的会合の記録など】 京都を巡る特別な時間。京都ランチとお散歩へ
a0158724_22305358.jpg

乙女の京都は、ちーぱっぱ。
笑いさざめいて、賑やかに。
初めて会うひとたちなのに、なぜか「よく知っている」不思議。
学生時代の友だちに、再会したような感覚で、
きゃーきゃーお茶して、ゴハンして、お酒もちょっぴり飲んじゃったー。

「KAWA CAFE」
さおりさんに連れてっていただいたステキ☆カフェ。
窓越しに鴨川を望む京町屋。
いかにも京都!な風情溢れる、うっとりするようなロケーション。
隠れ家的な居心地のよさで、つい、おしゃべりに花が咲く。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


a0158724_22312382.jpg


雪が降ってる12月なのに、紅葉輝く、糺の森

「ここは、京都で最後に色づく場所だから、もしかしたら紅葉が見られるかも、と思ったの」
さらりと微笑むさおりさん。
雪降る京都で紅葉なんて、幻想的なシチュエーション。
ここは本当に現実かしら?もしかして夢ではないかしら?
と、思っちゃうような特別で、貴重な時間だったのよ。


京都を巡る乙女旅。もうすこし、続きます。

▼ランキングに参加しています。お願い、押してほしいのだ。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-12-11 23:44 | 乙女旅
京都へ弾丸!行ってきた。ブロ友さんたちと、乙女旅。
a0158724_22121069.jpg

弾丸!京都へ行ってきた。
雪降る底冷えする街で、キャーキャーはしゃいだ乙女旅。

ブログを通じて知り合った方と、お会いするのは初めてで、
実はワタクシ心臓バクバク緊張していたのですけど。
ずっと前からの友だちと久しぶりに会ったような、不思議な感覚だったなぁ。

あの二日間は夢だったの?
あの京都は時空の間だった?
と、思っちゃうほど濃密で、特別な時間だったのよ。

10年ぶりの帰国に合わせて、皆さんとお会いするきっかけをつくってくれたみけしゃん
京都の素敵☆スポットへ、案内してくださったさおりさん
日帰りで!駆けつけてくださった、わたしより弾丸度の高いかんぱねるらさん
すごく楽しかったの!ありがとう。
お会いできて幸せでした。


こんな特別な時間を糧に、日々の暮らしを過ごすのだ。
明日からは、ふつうな日々で、ごはんをつくって仕事に行くよ。
お留守番の夫と子どもに、感謝しなくちゃ!ありがとね。

▼ランキングに参加しています。お願い、押してほしいのだ。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-12-10 22:49 | 乙女旅