<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
【仕事を辞めたい覚書3】 頭の中身がゴチャモレで、ぜんぜん整理できてない。書けば客観視できるか。と。
わたくし仕事を辞めたいニョ。
やめたいニョったら、辞めたいニョ。
それでも決断できなくて、うろうろ悩んでいるニョだよ。

新卒で入った会社に、勤め続けて25年。
ほんとは、もともとわたしはね、専業主婦が希望でね、キャリア志向はありませぬ。
それでも若い頃にはね、上を目指そうと思ったし、
できる限り、仕事でも頑張ってきたつもりなニョ。
だけど、さすがに、ずいぶん前から、能力不足はわかってる。
能力不足で上に立つのは、正直かなり苦しいニョ。
ああ逃げ出したい逃げちゃいたい。と、毎日思いつめる日々。



それでも勤め続けるのはね、お金の問題が一番で。
旅行にいきたい、子どもは私立に、と思えば、ぜんぜん足りないニョ。

子どもが幼かったころ、うーんとサポートしてくれた実家が、
今や介護問題で、わたしの肩に重いニョだ。
平均8時に仕事を終えて、家に帰れば、わたくしは
「明日のごはん」を、今日つくる。
子どものぶんと、父のぶん、夕飯プレート準備して、
お弁当は、四人分。(夫、子ども、父、自分)
それがノルマだ。平日は、帰ってからも忙しい。

夫と子どものぶんだけならば、いざとゆーときは、お金で解決。
案外気持ちは楽だけど、実父のぶんは、気を遣う。
昼と夜とがカブらぬように。冷凍食品つかわぬように。
どんなに帰りが遅くとも、
「ごめーん、今日はつくれなかったー」
と、テヘペロできない娘なニョ。
それから、洗濯。
掃除はむりだ。週末、掃除機かけるだけ。

以前は、平日の家事だって、夫と分担してたけど、
彼の帰りも遅くなり、ぜんぜんあてにはできないニョ。
仕事の責任も重くなり、彼も相当たいへんそう。
だって、そもそも家事なんて、頼める時間に帰らない。
やっと台所片付けた!と、思ったころに帰宅して、
弁当箱を出されて、それから、さらにやっぱり増えちゃう洗い物。

ゴハンをつくって、洗濯すませて、それで12時近くなる。
それからブログを書くだけの体力気力がありませぬ。
最近、どうやら更年期。
すっごく弱っている感じ。
土日も気力が湧かなくて、すっげーダラけて暮らしてる。

子どもが高校卒業までに、残されてるのは、あと1年。
彼は、おそらく進学で、実家を出ることになるだろう。
ここが、最後の母仕事。
できれば、うちに居たいなぁ。

口うるさい母親が家に居たって、それがねぇ
果たして彼のためになる?
よけいな世話ではなかろうか。
たとえ、わたしが家に居たって、勉強するとは限らない。
お金はないわ、大学落ちたじゃ、話にならん!と思うニョだ。

もしも彼が挫折をしたら、頼りになるのはお金だろう。
寮のついてる予備校に叩き込むには、金かかる。
わたしはせっせと働いて、お金を貯めとくべきなのか。

うちから彼が出て行けば、わたしはすごーくヒマになる。
きっとそのとき
「あのとき仕事を辞めなけりゃ」
と、後悔するのは見えてるニョ。


だけど、わたしは、ほんとーは家に居たいと思ってる。
家を整え、暮らしたい。
「おかえりなさい」と、迎えたい。
それは、わたしの勝手なニョ?
わたしの周囲は、すべてわたしが働くことを望んでる。


仕事辞めたい、と、思うのは、わたしの甘えた考えで、
たとえば、病気で倒れチャうとか、
たとえば、登校拒否になる、
すんごい問題どかんと起きて、さすがにこれじゃだめだろう。
と、明快すぎる理由がなくちゃ、ぜんぜん辞められない感じ。


a0158724_1552727.jpg

ねぇねぇ、ハリーはどう思う?
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-08-28 16:05 | 日々のお仕事
【仕事を辞めたい覚書2】 頭の中身がゴチャモレで、ぜんぜん整理できてない。書けば客観視できるか。と。
わたくし仕事を辞めたいニョ。
やめたいニョったら、辞めたいニョ。
それでも決断できなくて、うろうろ悩んでいるニョだよ。

新卒で入った会社に、勤め続けて25年。
ほんとは、もともとわたしはね、専業主婦が希望でね、キャリア志向はありませぬ。
それでも若い頃にはね、上を目指そうと思ったし、
できる限り、仕事でも頑張ってきたつもりなニョ。
だけど、さすがに、ずいぶん前から、能力不足はわかってる。
能力不足で上に立つのは、正直かなり苦しいニョ。
ああ逃げ出したい逃げちゃいたい。と、毎日思いつめる日々。


あれは、バブルの頃じゃった。
ワンレン・ボディコン流行ってた。
前髪立てて、同期・同僚と夜遊び・遠征しておった。
仕事はたいへんだったけど、楽しいことも多かった。

昨夜は、久々、昔のショップの若者(当時)たちが集まって、
夜遅くまで、、キャーキャーと昔話に花が咲く。
専業主婦になった人、パートで復帰した人に、転職成功荒稼ぎ!とか、
変わらず勤めるメンバーも。

お母さんでも、独り身でも、
みんな、それぞれ自分の道をきっちり歩いているわけで、
わたしだけが辛いわけではないとは、もちろん知っている。
「あと5年がんばれば、準定年だよ!」
「今辞めるのと、退職金ぜんぜん違うよ!」
と励まされれば、辞める決意も揺らぐもの。

「だって、辞める理由がない」
と、ゆーのが、わたしを大層、苦しめる。
仕事がたいへんだから、もう辛いから。
って、それって辞める理由になるの?
それは、わたしの甘えではないの?
もうすこし頑張れるならば、続けるべきではないの?
あと、5年勤めれば、準定年で退職金が出るんだよ?
そこまでは踏ん張るべきじゃないの?
子どもを遠くの私立大学に通わせるには、一千万円かかるんだよ?
旅行にも行きたいよね?新しい車だってほしいよね?
家のリフォームだって必要になるよね?
庭とか駐車場だって、整備が必要なんだよね?
今、この収入を手放して、ほんとにやっていけるニョか。

うちの夫は本来は、わたしに「働け」と、思ってる。
わたしは辛いから辞めるけど、あなたはガッツリ稼いできてね。
収入が減るから節約生活だけど、海外旅行は行きたいわ。
あなたは休めないだろうから、わたしヒトリで行ってくるわ。
と、それは通じるものなニョか。

成績伸びない子どものために、今はワタクシ家に居て、
【おかあさん】を、したいけど、
もう手遅れではないですか?

だって、うちの子、高校2年。
ビリギャルくらい頑張らないと、大学なんて受からない。
ここまで勉強しないのに、今さら居てもダメなんじゃ?
それより予備校代でも外で稼いでくるのが筋かしら?
だけど、朝は、子どもより早い時間に出勤し、
その後、会うのは夜10時って、それはいかがなものかしら。
だーれも居ない(ねこは居る)家に帰って、勉強できるわけがない。
せめて、そこにわたしが居れば、声かけくらいはできるよね?

そういう理由で辞めるなら、せめて高校受験前。
あのとき辞めてりゃ、受験サポートも、母の介護もできたニョに。
当時は、正直そんなこと、全然考えなかったニョ。
今さら辞めても意味がない?
かえって、けんかの種になる?

何が正解なんだろう。
わたしはどうするべきだろう。
a0158724_12412175.jpg

ハリーに聞いてもわからない。
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-08-27 12:45 | 日々のお仕事
【仕事を辞めたい覚書】 頭の中身がゴチャモレで、ぜんぜん整理できてない。書けば客観視できるか。と。
わたくし仕事を辞めたいニョ。
やめたいニョったら、辞めたいニョ。
それでも決断できなくて、うろうろ悩んでいるニョだよ。

新卒で入った会社にね、勤め続けて25年。
ほんとは、もともとわたしはね、専業主婦が希望でね、キャリア志向はありませぬ。
それでも若い頃にはね、上を目指そうと思ったし、
できる限り、仕事でも頑張ってきたつもりなニョ。
だけど、さすがに、ずいぶん前から、能力不足はわかってる。
能力不足で上に立つのは、正直かなり苦しいニョ。
ああ逃げ出したい逃げちゃいたい。と、毎日思いつめる日々。


わたしは専業主婦の母に、「女でも手に職をつけて、結婚しても、はたらきなさい」
と、言い含められて育てられた。
結婚しても、
子どもができても、
「ママが子どもをみてあげるから、あなたは働き続けなさい」
と、保育園のお迎えも、ゴハンもお風呂も、実家任せ。

その母は、余命宣告されてからも
「介護のために離職するなんて、ばかなことはするものじゃない」
「あなたは仕事が忙しいのだから、見舞いには来なくていい」
「本当は家族葬で送って欲しいけれど、働いているあなたの立場もあるだろうから、ふつうの葬儀で構わない」
と、ほんとに最後の最後まで、わたしが働くことを望んでいた。

実は、わたしが働く職場は、若い母が憧れた会社だと、ずいぶんあとから知らされた。
わたしの出身大学も、実は、母の希望大学。
その会社は母子家庭は採用しないと(母の父は戦争で亡くなっています)、受験さえさせてもらえなかった。(当時のことは不明ですが、現在は、そういうことはありません)
次女は進学させないと言われて、泣く泣く受験を諦めた。
そんな話を聞かされたのは、わたしが就職してからで、
べつに母のためをと思って進路を決めてはいないけど、
はからずも、わたしは母の夢を、すべてリベンジしたわけだ。
母が側に置きたがったのは、母に対して従順で手厚いケアをしてくれる姉が絶対だったけど、
わたしは母の対外的な夢を叶えたアイコンで、
【働き続けるべきである】
と、洗脳されていたニョかなぁ。

その母もすでに亡くなって、
わたし、もう辞めてもいいかなぁ。
呪いが解けてもいいのかなぁ。
a0158724_10191492.jpg

ハリーに聞いてもわからない。
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-08-27 10:34 | 日々のお仕事
【本日の奇跡】 今日のハリーは、お膝猫。自ら!お膝に乗ってきた!!
本日、わたくし安息日。
だらだら過ごすが、吉。なニョだ。
つめたい夫の視線にもめげずに、ダラダラしているニョ。

あのね、そしたら、そしたらね!
ハリーが、お膝にやってキターーー!!!
a0158724_1445794.jpg

ハリーが自ら!トコトコと、わたしの膝に登ってね、
ぺっとりすわって、動かない。
「撫でろ」
と、合図し、待ってるニョ。
a0158724_1446884.jpg

ハリーを迎えて、3年目。
やっと迎えたこの佳き日。
「かめろくお願い!写真撮ってぇ!!!」
と、あわてて頼んで、パチリと収めた証拠写真が、うれしーニョ。


だけど、実際、その姿。
打ちのめされて、ショックだワ。
醜い姿がハッキリと、写し取られている恐怖。
自分で思っていたよりも、だらけたアゴが垂れてたり、
自分で思っていたよりも、ザンバラ髪が、やつれてた。
暑くて放り出してた脚は、相当みっともなかったし、
姿勢がわるくて、老けている。
老眼鏡をかけてまで、読んでいるのはスラムダンク。(←かめろくが市立図書館から借りてきてた)
己の劣化に、真っ青ニョ。
かーなり衰えてるワタシ。
これって、どうよ!?
と、大反省。

ソファーにダラダラ寝転んで、山積みマンガを読みながら、
やっすいスナックぼりぼりたべて、サイダーぐびぐび飲んでるニョ。(☆ФωФ)ノ
こんなんが至福で、すみません。

【キチンと】暮らすって、難しい。
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

お膝のハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-08-13 15:43 | 日々のねこ
【福永念珠舗】で、念願の腕輪念珠を手に入れること。 【乙女の京都は、お買い物】
乙女は、京都でお買い物するニョが、大好き!わくわくニョ。
これぞ京(みやこ)で!と、ゆー品を、手に入れたいニョだ。気張るニョだ。
うふふ。今回、わたくしは、ぜったい念数がほしかった。
a0158724_2341435.jpg

「願い事がかなうまで、強い心を持ち続け、ぜったい実現させるため、わたしが努力できますように」
祈りをこめた念珠をね、常に身に付け、願いたい。
腕輪型のがほしいニョだ!と、勇んで乗り込む老舗なニョ。

京都駅から歩いていける東本願寺の前にある、念珠製造の専門店。【福永念珠舗】
こちらで販売されるのは、すべて手づくりの品という案内に惹かれて伺った。
a0158724_0123248.jpg

広い店内にたくさんの数珠がずらりと並んでて、すっかり目移りしちゃうニョだ。

あれこれ見せていただいて、香木の腕輪に決めたけど、残念ながらわたしのほしいオニキスは入っていなかった。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
オニキスは自分自身の中心軸をしっかりと安定させる石で、着実に目標を実現するために地に足を着けた行動をするよう導いてくれる石です。
また、人生において幾度も降りかかる辛い場面、苦しい 面においてもあきらめず、前に進むための忍耐力や意思の強さを与えてくれる石です。
あきらめずに決めたことをやり遂げるサポートをするオニキスは、成功の象徴とも呼ばれます。【パワーストーン辞典より】
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「だったら、今からつくりますよ」
と、まさかのスペシャルオリジナル。
房の色も選べるし、玉の数まで、わたしの腕にぴったり合わせてくれるニョだ。
a0158724_23384090.jpg

つくっていただいている間、つめたいお茶までごちそうになって、すっかり恐縮ニョ。
目の前で、すいすいと、あっという間につくられる念珠は、きっとわたしをね、導いてくれるにちがいない。

若くてかっこいいお兄さんが、伝統的な念珠をね、一粒一粒丁寧に重ねてつくってくれるニョだ。
これぞ、乙女の夢見る京都。わたくし感激ひとしおニョ。
a0158724_23385024.jpg

勤務中はさすがにね、つけとくわけにはいかぬので、
そーゆーときは、お守りといっしょに大事に保管する。
もちろん、袋も京都製。
ご利益、ぎゅーぎゅー詰まってる。
a0158724_0443668.jpg

大事に毎日身につけて、祈るは、母の願いなニョ。
「勉強して、勉強して、勉強して!!!!」
と、叫ぶかわりに祈ってる。

えーと、誤算は「白檀」が、すっごい線香くさいこと。
あのね、香木って、ほんとうに、ビックリするほど香るニョね。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-08-06 01:23 | 京都'16