<   2017年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
【タイ旅行】 「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーは、すっごく満足!だったニョだ。【ウェンディツアー】
【父と姉妹の、タイの旅 2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

【ダムヌン・サドゥアク水上マーケット】(ウェンディツアー)その2

9:30 水上マーケットに到着
狭い水路にぎゅうぎゅうと、手漕ぎボートが渋滞中。
a0158724_22024226.jpg

ここでエンジンボートを降りて、フリータイムが30分
a0158724_22022659.jpg

結構広めの船着場には、お土産物屋やトイレが完備。
水路を進む船たちを、2Fから眺めて写真を撮ったり、
a0158724_22031233.jpg

商船チェックをしたりする。
a0158724_22033303.jpg

船着場にぴったりと、くっつけ停泊してる船。
a0158724_22040374.jpg

うふふ、揚げバナナをゲットする。
値段がきちんと表示されてて、観光客が買いやすい。
a0158724_22035133.jpg

それから、ドリアンも売ってたニョ!
a0158724_22041825.jpg

くさいくさーい!!と、聞いていたけど、実際にたべたことはない。
これは、ぜひともチャレンジしなくちゃ!
小さいパックを買っちゃうニョ。
a0158724_22110311.jpg

揚げバナナ(20バーツ)と、カットドリアン(80バーツ)
a0158724_22113146.jpg

はじめて食べたドリアンは、思ったよりもくさくない。
バターみたいにねっとりと、やわらかい果実はアボガド的。
甘くて、むしろ爽やかな味わい、案外おいしーニョ?

きっと新鮮なドリアンは、さっぱりおいしいのだと思う。
a0158724_22114201.jpg

スライスバナナに衣をつけて揚げたオヤツが、すごくおいしー!
a0158724_23442899.jpg

衣がシャクシャク、中はトローリ、甘酸っぱくて美味なニョだ。

10:00 手漕ぎボート乗船
水路は、すっごい渋滞ニョ。
ガッコんがっこん船縁が、よその船とぶつかって、結構ワイルドな船の旅。

とてもじゃないけど、わたくし優雅に汁蕎麦なんか食べらんない。
a0158724_00042652.jpg

仏陀の置物はさすがに無理でも、
a0158724_00034586.jpg

商船娘の置物は、買っておけばよかったなー。
a0158724_00070636.jpg

そして、なにより残念なのが、ココナッツアイスを買い損ねたこと!
a0158724_00112827.jpg

船の上での買い物は、タイミングがなかなか難しい。
ほんとに欲しいと思うなら、船着場のほうが買いやすい。

10:30 バスに戻る
冷たいおしぼりと、水サービス。
一路バンコクへ。

12:15 インターコンチネンタルホテルで解散


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウェンディツアー主催の「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーは、とっても楽しかったニョだ。
短い時間に、効率的にやりたいことは全部できた!
エンジンボートと手漕ぎボート、セットでついてて大正解。

案内上手のガイド氏のエスコートも完璧!だったなぁ。
興味をそそる説明で面白く楽しく惹きつけて、効率の良い道順でさくさく進んでいくニョだよ。
写真を撮るべきスポットへ、連れてって写真を撮ってくれるし、
見どころぜんぶキッチリ押さえて、教えてくれるのが上手なニョ。

それから、
ツアーの解散場所は、「インターコンチネンタルホテル前」だけど、
特別にお願いして、「セントラルエンバシー」まで、そのまま乗せてってもらえたニョ。
それが、とっても助かった!!

こーゆーツアーはガイド氏によって全然かわるけど、
今回は見事なプロガイド。たいへん感謝いたします。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-24 06:00
【タイ旅行】 「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーのエンジンボートが爽快ニョ。【ウェンディツアー】
【父と姉妹の、タイの旅 2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

【ダムヌン・サドゥアク水上マーケット】(ウェンディツアー)
a0158724_23494622.png

わたしが、すごーく楽しみにしていた【水上マーケット】。
個人で行くのは大変なニョで、ツアー利用が吉なニョだ。

しかーし!申し込む前に、ここではキッチリ要検討。
同じ【水上マーケット行き】で、価格も同じくらいでも、
ツアーによって、ちょっとずつその内容がちがうニョだ。
指定の場所に集合なのか、ホテルまで送迎付きなのか、
水上マーケットの中心地まで、
エンジンボートに乗っていくのか、それともバスで向かうのか、
それから、手漕ぎボート乗船が、ツアーに含まれてるかどうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウェンディツアーに決めたのは、わたしたちにとって条件が、一番よかったからなニョだ。
①ホテルまで迎えに来てくれること
年寄りを連れて、早朝に集合場所まで行くのは辛い。
ぜひとも迎えに来てほしい。

②手漕ぎボート乗船つきであること
ほかのツアーでは「手漕ぎボート」が、予定に含まれていなかった。
「オプションで手漕ぎボートに乗船も可能」とか、
「ご希望の場合は、現地で別途お支払いで乗船可能」とか、
つまりは、乗りたきゃ、自由時間に勝手に乗れや。とゆーことね。
いやいや、わたしはぜひともね、手漕ぎボートに乗りたいニョ!
あらかじめ予定に組み込まれてるセットで行くニョが吉!なニョだ。

③「エンジンボート」に乗れること
「スピードボート」、「ロングテールボート」、ツアーによって呼び方は、それぞれちがうようだけど、つまりはエンジン付きボート。
たいていのツアーには、ついていた。
だけど、中にはボートは乗らないツアーもあるのでご用心。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【ウェンディツアーのスケジュール】
06:30     ホテルにお迎え
08:20~08:40 ココナッツファーム
09:00~09:20 エンジンボートにて水上マーケットへ
09:30~10:30 ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
09:45~ 手漕ぎボート乗船体験付き(約15分)
12:30~13:00 インターコンチネンタルホテル前 解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6:30 ホテルロビーにお迎え
時間ぴったりにホテルのロビーに、日本語ガイドが来てくれた。
口コミ情報を見ていると、「ウェンディツアーは送迎に難あり」と、あちこちに書いてあったけど、
わたしたちのガイドさんは、時間ぴったりバッチリで、なんにも心配ナシでした。


6:50 次のホテルにお迎え
今回のツアーは、2組だけ。
大きなバスには乗り換えず、このままバンで、向かうニョだ。
a0158724_22083493.jpg

パラパラ雨が降ってきたけど、案外すぐにやむ感じ。
傘を持っては来たけれど、結局使わずにすんだニョだ。

8:00 【ココナッツファーム】
トイレ休憩と、お土産物屋。
大きな観光バスもたくさん!お客を乗せて、わんさか来てる。
アジア系よりヨーロッパからの観光客が多いよう。
a0158724_22100420.jpg

ツアーガイドが実演してくれるココナッツについての説明が、思った以上に興味深い。
とても流暢な日本語で、お話上手なガイドさんにあたってラッキー!うれしーニョ。
a0158724_22210862.jpg

パームシュガーを気に入った父上キングが、お買上げ。
沖縄で黒糖を買うように、タイではパームシュガーをね!
a0158724_22135465.jpg

それから、いよいよマーケットへ!向かう
9:00 【エンジンボートの船着場】
マーケットまでは水路ではなく、バスでも行けるそうだけど、
ここは、ぜったいエンジンボートで水路を行くのが楽しーニョ!
「インディジョーンズ」みたいにね、川をどんどこ進むニョだ。
a0158724_22541511.jpg

お船の縁は、水面スレスレ。
a0158724_22573045.jpg

ふふふ、リアルなジャングルを突っ切り、飛ばすぞ!飛ばすニョだ。
a0158724_23192872.jpg

風がビュンビュン吹き荒れて、結構な飛沫が跳ね上がる。
涼しい!楽しい!面白い!!
ジェットコースターみたいにエキサイティング!
a0158724_23370379.jpg

川辺に建ってるふつうのおうち。
a0158724_23493530.jpg

金ぴかぴかの仏様。
a0158724_23502483.jpg

高床式のおうちとか。
見るものすべてが、興味深い。

実際に水路は、日々の暮らしに欠かせぬ存在なニョだなぁ。
a0158724_23510980.jpg

両岸にお店が見えてきて、さぁ、マーケットに到着ニョ。
a0158724_23515472.jpg



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-23 06:00 | 父と姉とタイ | Comments(0)
【父と姉妹とタイ旅行】 壊れたカメラを現地でリカバリ。Canonサービスセンターへ 【MBKセンター】
ここから先は、覚書。

カメラを落として壊したわたし。
なんとかリカバリいたしたい。
ネットをぐるぐる検索し、「Canonサービスセンター」を発見する。
若者向けのショッピングモール「マーブンクロンセンター」の5Fだと。
同じフロアに、カメラ屋も、どうやらわんさかあるらしい。

調べてみたら、幸いに、明日のランチの店近く。
歩いて行くほど近くはないけど、スカイトレインBTSを、使えば楽に行けそうだ。
ツアーについてたBTS一日無料乗車券、これを今こそ使うとき!

「いいよ、パパはホテルまでわたしが連れて帰るから、カメラ屋行っておいでよ~」
やさしー姉子の提案に、
ほんとー!?だったら、行ってくる!!
昼食の後、父のお世話を姉子にまるっとお任せし、冒険の旅に出るオイラ。
a0158724_23380791.jpg

場所はなんとか行けそうで、よっしゃ!と思うとこだけど、
一体何をどうすればいいのか、ぜんぜんわからない。
わたしのカメラは夫任せで、何がついてるかも知らないニョ。

たとえカメラ屋に行ったとて、わたしは何を買えばいい?
ついてるレンズはCanonのじゃないけど、それでも代わりが手に入る?
「割れたレンズと同じようなレンズをください」
と言えばいい?
レンズの適正価格って、おいくらくらいなのかしら?
頼みの夫に連絡したいが、日本はすでに真夜中で、電話なんかできないニョ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そして、翌日、わたくし単独「MBKセンター」にやってきた!
BTS駅は、英語表記がバッチリなので助かった。
「MBKセンター」は、BTS駅から直結で、案内表示もわかりやすい。

しかし、試練はここからニョ。
わたしはどこへ行けばいい?
a0158724_10082852.jpg

でかいカメラ屋がわんさかあって、どこが正解かわからない。
とにかく「Canon Camera Center」を目指して行ってみることに。
a0158724_10084203.jpg

受付GIRLは、タイ語で対応。わたくしぜんぜんわからない。
「どんなご用件ですか?」
受付嬢の窮地を見かねて、応えてくれる中の人。
Canonならば日本語のできるひとがいるかしら?とゆー期待は裏切られたけど、英語は通じて助かった。
a0158724_10085444.jpg

「レンズを交換したいの」
と言ったら、
「ここでレンズは売ってないから、隣のお店に行ってね」
と、教えられてお隣りへ、とっとこ向かうわけですよ。
a0158724_10090785.jpg

さっきのサービスセンターは順番待ちが並んでたけど、
こっちのお店は、即対応。
カメラ屋のお兄ちゃんたちは、みんな英語で対応可。
ここで壊れたカメラを見せたら、
「あー、こりゃ派手に割れてるねぇ。オッケー、すぐ交換できるよ」
と、あっさり言われて驚いた。
「えー、今ですか」
「うん、今、今!5分くらい待っててね」
わたしはてっきりレンズが割れたと思い込んでいたけれど、
レンズに付けてた保護フィルターがガチャコと割れてただけだった!
レンズは無事なの。割れたフィルターを外せば、それでよかったの!!

「割れたのは、おれが外していい?」
と訊かれて、もちろんお願いした。
だって、カメラを落としたとき、蓋が内側にめり込んで、なかなか外れなかったもの。
わたしが無理やり外すより、プロにお任せしたいニョだ。

新しいフィルターを付けてもらって、それが1800バーツ。
a0158724_10352382.jpg

あー、あー、そーゆーことならば、さっきのサービスセンターでカメラを見せるべきだった?
そしたら外してもらえたか?
やっと気づいても、後の祭り。

でも、もー、いいの。
だって、カメラは使えるようになったもの。
お店に居たのは、10分くらい。
冒険の旅は、即終了。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


BTSに乗り込んで、ホテルへ向かう帰り道、
乗換の「サイアム駅」で下車して、「サイアム・パラゴン」の「トーマス・サボ」へ。
a0158724_10552135.jpg

ブレスレットのチャームをお買上げ。
お店のフリーWi-Fiで、夫と姉子に電話。

これでミッションは、すべて完了。
よかった。わたくしやり遂げた!

BTSでホテルまで、しゃーっと直行、ご帰還ニョ。
キングは部屋でぐうぐう寝てて、姉子はプールでマダムごっこ。
三者三様の午後でした。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ほんとは、どうすればよかったの?と、今でも思うわけですが。
壊れたフィルターは、旅行保険の適用対象なんだけど。
保険会社へ問合せたら、「修理見積書」または「修理不能証明書」を、提出するよう言われたニョ。
それって、どこでもらえるニョ?
もしかしてタイのあの店で、つくってもらうべきだった?
だけど、あのとき英語でそんなお願いなんかできないニョ。
旅にはまだまだ不慣れだし、トラブルに弱いわたくしニョ。
勉強すること、いっぱいだー!

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)
留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-21 06:00 | Comments(1)
【父と姉妹でタイ旅行】 アジアティーク・ザ・リバーフロントその2(個人的な大悲劇)【Mango Tango】
【父と姉妹の、タイ旅行 2017.7月】

【一日目】 2017/7/9(日)

【アジアティーク・ザ・リバーフロント】
18:30 タイ料理屋で、ばんごはん
20:00~21:30 ムエタイショー
アジアティークの中にある劇場で行われるムエタイショー。
父が本当に見たかったガチの試合ではないけれど、ムエタイの雰囲気は味わえる。
a0158724_11580464.jpg

タイに来てから、ホテルへ向かう車の中で、申込み。
JTBのオプションは、プレミアムシート確約で1050バーツ(≒¥4200)。
実際の当日券は、プレミアムシートで1500バーツ。お得だったワ。ウフフフフ。
チケット売り場で、バウチャーを提示して、チケットをゲット。
劇場入り口まで父を送り届けたら、ホホホ、一時間半のフリータイム!

と、思ったら、やっちゃった。
a0158724_11583270.jpg

膝に載せていたカメラを落として、ガチャコとレンズが割れちゃった。。。。
a0158724_11584506.jpg

正直ショックで泣きそうだし、蒸されて暑くてしにそうだし、
足元フラフラ茫然自失で、
【MANGO TANGO】に入るニョだ。
ここは有名なスイーツ店。マンゴー専門のお店なニョ。

外のメニューで注文を決めて、レジで支払いを済ませてから、お店の中に入るシステム。
ひとり一品、必ず注文。
冷房が効いてて、すごくうれしい。

旬はすぎたと聞いていたけど、フレッシュマンゴーうまいニョだ。
a0158724_11594952.jpg

スムージーもおいしー!けれど、一気に吸ったらキーン!とキタ。
量も結構なボリュームで、大人には、ちょっと冷え過ぎニョ。
a0158724_12000556.jpg


クーラーに頭を冷やされて、だんだん冷静になるわたし。
やっちゃったものは仕方がない。今は、何もできないニョ。
いかなるときも、ストラップは、装着しておくべきだった!
いくら重くても、服が擦れても、首から提げとくべきだった!
旅行の時は、標準レンズを装着してくるべきだった?
ミラーレスカメラを予備として、トランクに入れてくるべきだった!
ぐるぐる反省しながらも、なんとかカメラは使いたい。
幸いなことに、明日のオプション、半日ツアーの解散は、ショッピングモールが乱立している繁華街のど真ん中。
たぶん、探せば、その辺にカメラ屋はあると思うのだ。
よっしゃ、今からネットで探す!
と、ぐるぐる夜通し検索ニョ!
携帯電話は持ってったけど、無料Wi-Fiのみで使用。
Wi-Fiがつかえるホテルとかなら、ネットにつなぎ放題ニョ。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-20 06:00 | 父と姉とタイ
【父と姉妹とタイ旅行】 シャングリ・ラ ホテルから、アジアティーク・ザ・リバーフロントへ専用ボートで。  sanpo
16:00 ホテル到着
◆シャングリ ラ ホテル バンコク

17:00 荷物とキングを置いて、下見へ。
ホテル周辺の状況や、船着場や駅へのコースをチェック。
父上キングをお連れするには、事前準備が絶対必要。
もちろん日本を発つ前に、できるだけのことは調べたが、実際、現地でキングが歩ける最短距離を見つけねば!

まずは、これから向かう予定のアジアティークへの船着場へ。
【アジアティーク・ザ・リバーフロント】は、観光客向けのナイトマーケット。
チャオプラヤー川沿いにある巨大な敷地に小売店やレストラン、ショー劇場が並ぶニョだ。
ふふふ、シャングリラホテルからは、ゲスト専用の送迎ボートが出てるニョだ。

船着場にスタンバイしている彼に、あらかじめ予約を入れて、
a0158724_09585044.jpg

乗船直前に、チケットをもらう。
a0158724_09592230.jpg


船はなかなかの混雑で、予想以上の人気っぷり。
a0158724_09591134.jpg

どちらかというと欧米人の旅行者が多い印象だ。
a0158724_09593525.jpg

すごーく濁った大きい川を、ゆったり進んでいく船よ。
生ぬるい風が吹き荒れて、かなりねっとりとべたつくニョ。

a0158724_09595211.jpg

18:00 ホテルを出発
18:10 アジアティーク到着
シャトルボートは、1時間ごとに運行。
a0158724_10000331.jpg

空は曇っているけれど、予想以上の高温多湿。
蒸し暑さがまとわりついて、すっかりくたびれちゃってるニョ。
とにかくゴハンをたべなくちゃ!
冷たいものを飲まなくちゃ!

まずは駆け込むレストラン。
a0158724_10541952.jpg

英語の解説と、写真がバーン!と載ってるメニューが有難い。

【カオパットサパロット】
パイナップルの入った炒飯だけど、これが大好きだったニョだ。
パイナップルの酸味と甘みが、しょっぱい炒飯に超!合うニョ。
a0158724_10543353.jpg

それから安定の【パッタイ】を。
タイ風やきそば。あちこちでたべた。
a0158724_10544147.jpg

あとは、鶏の炒め物。
a0158724_10545108.jpg

「ノースパイシー」とは頼んだけれど、どの料理もすごくおいしい。
タイはおいしい!と、大はしゃぎ。
苦手な香辛料だとか、香草のきつい匂いとか、ぜんぜん感じることなくて、すごくわたしの好きな味。
お料理と飲み物と、ぜんぶで610バーツ。(≒2440円)

ここで失敗だったのが、冷房のないお店だったこと。
高い湿度と暑さとが、父上キングだけでなく、わたくしたちをも弱らせる。
へなちょこアラフィフ更年期。あっというまに熱中症。
冷房の効いた涼しい場所で、定期的に休むべし。



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村



[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-19 11:17 | 父と姉とタイ
【父と姉妹でタイ旅行】 空港からホテルまで、あっという間についちゃった。【シャングリ・ラ・ホテル】
【父と姉妹の、タイ旅行 2017.7月】

◆現地係員がご案内する マイセレクト バンコク5日間 LOOK JTB
(福岡発)バンコク <空港~ホテル間の往復送迎付き!BTS1日乗車券付き!>

【一日目】 2017/7/9(日)
◆福岡空港-スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ国際航空TG649便 福岡11:35-バンコク14:55(5h20)


15:00 着陸
15:15 JTB現地係員と合流
15:30 JTB送迎車へ乗り込む
この前の台北では、バスに乗り込むまでに1時間半かかったけれど、今回、待ち時間はゼロ。
あまりの早さに、びっくりニョ。
複数のフライトを延々一時間待っていた台北ツアーは、→コチラ。
a0158724_21154685.jpg

今回の送迎は、わたしたち親子だけなので、ホテルまでの車中では、あれこれ質問攻め祭り。
うっかりオプション頼んだり。
a0158724_21194705.png

わたしが行きたくなかったから、父に隠してたムエタイショー。
あっさりバレて、申込み。
幸いなことに、今夜行く予定だった「アジアティーク・ザ・リバーフロント」内で行われるショー。
本日のチケットに間に合った。支払いは現金で、バウチャーは、ホテル宛てFAXで受取り。
現地で当日券を購入するよりお安く手に入って、吉。


16:00 ホテル到着
◆シャングリ ラ ホテル バンコク
リバーサイドの素敵ホテル。

①ホテル内で使用できる車椅子をリクエスト。→OK
②エレベーターから近い部屋をリクエスト。→OK
でかくてひろーいホテルなので、車椅子は必須なニョ。
a0158724_21330481.jpg

③リバービューの部屋をリクエストしていたけれど、残念ながら叶わず。
それでも部屋からは、川を望めて、ちょっと得した気分なニョ。
a0158724_21364733.jpg

毎日、供されるウェルカムフルーツ。
ナイフと皿まで準備万端。
a0158724_21333056.jpg

バスタブとシャワーブースは分かれていたけど、可動式のシャワーヘッドはうれしい。
ドライヤーと、バスローブ完備。
設備的には古いのだけど、特に問題はなし。
a0158724_21292745.jpg

a0158724_21294696.jpg

朝食は6時半からなので、明日の朝食は間に合わない。(ツアーは6時半にロビー集合)
④チェックインの際に、フロントへ申し出て、朝食ボックスを頼むことができた。
あらかじめ時間を指定しておき、フロントまで取りに行く。
a0158724_21553817.jpg


荷物を置いたら、父は休憩。
わたしと姉子は、ホテル周辺、まずは下見に繰り出すニョ。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-18 06:00 | 父と姉とタイ
【父と姉妹のタイ旅行】 空港では、車椅子をレンタルするのが吉なニョだ。 【航空会社のおもてなし】
【父と姉妹の、タイ旅行 2017.7月】

今回、何より心配したのは、高齢な父の体調ニョ。
ペースメーカー装備して、ただいまのランクは要支援。
父上キングのたっての希望で、決めた行き先はタイだけど、熱帯モンスーン気候だし、残念ながら今は雨期。
湿気と暑さでムンムン野外に、果たして耐えられるものなのか。
熱中症で倒れやしないか、冷房ガンガンの落差はどうか。
さらに、帰りの飛行機が、残念ながら、深夜便。
夜中の1時発の飛行機で、5時間半のフライトです。
ろくに寝られずフラフラで、帰り着くのはいかかがなものか。

とにかく、父を疲れさせないこと。
父を歩かせる距離を、できるだけ短くすること。
時間をゆったりとって、午後は必ずホテルで休ませること。
そーゆーことを考えて、予定を立ててみましたニョ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【一日目】 2017/7/9(日)
9:30 福岡空港で、姉子と合流。
◆福岡空港-スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ国際航空TG649便 福岡11:35-バンコク14:55(5h20)


JTBカウンターで、Eチケットを受け取り、あとは各自でチェックイン。
タイ航空のチェックインカウンターで申し出て、車椅子の利用をお願いする。
その場から、係員の方が車椅子を押して、案内スタート!してくれる。
先を行く車椅子にわたしたちが従って、出国審査も難なくスルー。

今回タイ航空は、タラップで登る搭乗パターン。
車椅子は専用のリフトで。
a0158724_13130009.jpg

タラップとは別の入り口に、車椅子用のリフトが準備されている。

a0158724_13131022.jpg

車椅子ごと、みょーんと上昇するリフト。
a0158724_14403856.jpg

上がった先には、ドアがあり、
a0158724_14415594.jpg

そのまま機内へ入れちゃう。
a0158724_14422840.jpg

お借りしていた車椅子は、ここで返却し、ここからは歩いて座席まで。
a0158724_14432401.jpg

タイ航空の客室乗務員は、そろって、とっても美人さん。
a0158724_15184523.jpg

あとは、のんびり機内で過ごし、飛行機は、最後に降りること。

a0158724_14483497.jpg

飛行機のドアまで係員が車椅子でお迎えに来てくれて、さっさか案内してくれる。
a0158724_14513134.jpg

入国審査も、「特別な配慮が必要なお客様はこちらへどうぞ」的レーンを通り、まったく待つことなくスルー。
荷物を受け取り、空港ロビーへ出るまで、がっつりサポートいただけた。


【空港で借用する車椅子】
①JTBで旅行を申込する際に、車椅子をリクエスト。

さらに、
②空港のチェックインカウンターで、車椅子をリクエストしていたことを申し出る。
どのくらい歩けるか、階段は登れるか、などを訊かれて回答する。
このとき、到着空港でも車椅子を利用できるかどうか確認。

③チェックインカウンターへ、係員が車椅子を持ってきてくれる。
そのまま車椅子を押して、手荷物検査、出国審査を、最短のプライオリティゲスト専用ルートで案内してくれる。
同行者であるわたしたち姉妹も、いっしょのコースに。
まっすぐ搭乗口まで案内してくれるのだけど、買い物やお茶をしたかったので、その旨を伝え、搭乗時間に搭乗口で再サポートを依頼

④搭乗時刻に搭乗口で、係員と再集合。
ここで車椅子を返却して、歩いて搭乗する方法もあるけれど、今回はギリギリまで車椅子での搭乗を希望。
優先搭乗。わたしたち姉妹も車椅子に付き従う。
車椅子ごと、飛行機のドアに横付けしてくれるリフトに搭乗。
飛行機の入り口まで、車椅子を押してくれて、ここで、車椅子を返却。

⑤機内では、客室乗務員がサポートしてくれる。
飛行機を降りるのは、最後になること。
ほかの乗客の皆さんが降りてから案内に来るので、待機するよう指示される。

⑥飛行機を降りたら目の前に、車椅子を準備した係員が待機。
係員が車椅子を押してくれるので、同行者もいっしょに専用ルートを通り、入国審査へ。
列に並んで待つこともなく、スピーディな最短距離。
手荷物引取所でも一緒に待っていてくれて、ロビーへ出たところで車椅子を返却。

先日のソウルでも感激したけれど、(父と二人の韓国旅行。空港での様子は→コチラ。
空港ではぜったいに車椅子をリクエストするべきだと思う。
だって、空港はだだっ広いし、ゲートはすっごく遠いニョだ。
観光前に、こんなところで力尽きてはいかんニョだ。


なお、帰りもチェックインカウンターで申し出て、車椅子を借用した。
ここでもまっすぐ搭乗ゲートへ向かおうとするのをお願いし、係員といったん別れて、搭乗時間に搭乗口で再度サポートを依頼。
広いひろーいスワンナプーム国際空港。
エレベーターの位置を教えてもらえたのが、地味にたいへん助かった。

到着した福岡空港でも、係員が迎えてくれて、空港駐車場まで車椅子を押してもらえた。

なんてすばらしく有難いサービス!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちなみに、
タイでのホテル(シャングリ・ラ)でも、ホテル内では車椅子を借用できました。
ショッピングセンターの「セントラル・エンバシー」でも、車椅子がレンタルできて、すごーく助かったんだけど。代わりにパスポートを預ける必要があって、ちょっとドキドキ。
あとから車椅子を返却しにいくと、わたしの大事なパスポートは、だーれもいないカウンターの鍵もかからない引き出しに、ぽんと無造作に突っ込んであって、
そこはいかがなものかしら。
と、思ったことでありました。
タイって安全な国なニョね?



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-17 18:00 | 父と姉とタイ
【父と娘のタイ旅行】 大まかな旅行スケジュール
父(79)と、姉子(正確には双子の片割れ)と行くタイよ。
【父と姉妹の、タイの旅 2017.7月】
◆2017/7/9(日)~7/13(木)
1回目は、マカオ ◆2016/01/6(水)~01/9(土) 父と姉と、わたし
2回目は、ソウル ◆2016/11/6(日)~11/9(水) 父とわたし

まさか三度目の父娘旅。
父(79)と、バリバリ更年期の姉妹(49)旅。



◆現地係員がご案内する マイセレクト バンコク5日間 LOOK JTB
(福岡発)バンコク <空港~ホテル間の往復送迎付き!BTS1日乗車券付き!>

◆シャングリ ラ ホテル バンコク(部屋指定なし)
リバーサイドの素敵ホテル。サトーン船着き場のそばで、スカイトレインBTS駅に直結しているのが吉。
早期申込みしておけば、リバービューの素敵なお部屋にグレードアップできたけど、残念ながら対象外。
それでも、足腰のよわった父のため、エレベーター近くの部屋をリクエスト。
リバービューではなかったけれど、部屋からはかろうじて川面が見えて、旅気分UP。
車椅子は、ホテル内のみ使用で利用できた。
毎日供給されるウェルカムフルーツ。
象のついたガラス瓶で供されるサービスのミネラルウォーター。
わたしたちが宿泊したのは、シャングリラウイング。
BTS駅やサトーン船着き場に近いクルンテープウイングへは3Fの通路でつながっているが、途中段差があり車椅子での行き来は難しい。ホテルのトゥクトゥクで送ってもらうが吉。


◆日程
1日目 空港→ホテル送迎
2日目 【ダムヌンサドゥアク水上マーケット】手漕ぎボート・エンジンボート付き(wendytour)
    【タイ舞踊ショー「サイアム・ニラミット(Siam Niramit)」】ビュッフェディナー付き
3日目 【世界遺産アユタヤ観光】貸切半日ツアー 象乗り体験付き(パンダバス)
4日目 ホテル18:00チェックアウト 21:00ホテル迎え→空港送迎→0:50

バンコクから離れる【水上マーケット】と【アユタヤ】観光は、現地ツアーに申し込んだ。
両方とも、宿泊ホテルまでガイドが迎えに来てくれるツアー。
早朝から昼過ぎまでの半日ツアーで、日本語ガイドの案内付き。
高齢な父が疲れやすいこともあり、丸まる一日のツアーは避けた。
ホテルの迎えが早い日は、ホテルに頼んで朝食BOXを準備してもらった。

基本的に、早朝から昼過ぎまでは観光ツアーで遊びに行って、
昼食をたべたら、ホテルへ戻り、父は昼寝。姉妹はフリー。
夜は、再び、遊びに繰り出す、そーゆー予定を組んだニョだ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

◆2017/7/9(日)9:35 福岡空港 国際線ターミナル3F
LOOK JTB受付カウンター 南20~21番前集合
JTBカウンターにてEチケットを手渡し

◆福岡空港-スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ国際航空TG649便 福岡11:35-バンコク14:55(5h20)
着後、ホテルへ案内。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/7/9(日)【一日目】
9時半に、福岡空港集合。
11時半のヒコーキで、機内食たべて、5時間半。
マイナス2時間の時差があるので、
15時に、バンコク到着。
チェックインは、16時前後。

荷物を置いて、一息ついたら、
ホテルから送迎船が出ている「アジアティーク・ザ・リバーフロント」へ遊びに行く。
父は、ここで「ムエタイショー」観戦。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/7/10(月)【二日目】
【ダムヌン・サドゥアク水上マーケット】(ウェンディツアー)
a0158724_23494622.png

06:30     出発
08:20~08:40 ココナッツファーム
09:00~09:20 エンジンボートにて水上マーケットへ
09:30~10:30 ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
09:45~ 手漕ぎボート乗船体験付き(約15分)
12:30~13:00 インターコンチネンタルホテル前 解散

インターコンチネンタルホテル周辺で昼食。
ホテルへ戻って、休憩

【タイ舞踊ショー「サイアム・ニラミット(Siam Niramit)」】ビュッフェディナー付き
a0158724_00012673.png

17:30~ タイ料理&インターナショナルビュッフェ
20:00~ ショー開始

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/7/11(火)【三日目】
 【世界遺産アユタヤ観光】貸切半日ツアー 象乗り体験付き(パンダバス)
a0158724_00170155.png

これは完全なプライベートツアー。
専用ワゴン車と専用ガイドで、楽ちん安心ツアーなニョ。

ホテル近くでランチ。
ホテル近くのデパ地下マーケットでお買い物。
ホテル近くのお店で、マッサージ&ばんごはん。
父をホテルに残し、姉妹で再びアジアティークへ!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/7/12(水)【四日目】
 【ワットポー】
ホテルから水路でワットポーへ。
金ぴかの涅槃像を見てから、ワットポーマッサージスクールへ。
ホテルへ戻り、父は昼寝。
姉妹は、お土産のビールを買いに近所のマーケットへ。
11時から14時、17時から24時までの間が酒類販売許可時間。時間ギリギリで慌てて購入。
父とプールへ。
お風呂
18:00 チェックアウト
ホテル近くの店で、マッサージ&ばんごはん
ホテルのラウンジでお茶
21:00 JTBお迎え。空港へ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017/7/13(木)【五日目】
タイ国際航空TG648便 バンコク0:50-福岡08:00(5h20)
夜中の便で、朝に到着。
これが、すごーくつらかった。
幸いなことに18時まではホテルが使えたこと。
ホテルお迎えが、21時だったこと。
18時までホテルを利用し、お風呂も入ってさっぱりしてから、チェックアウト。
荷物を預かってもらって、
近所のマッサージ店でのんびり休み、
ばんごはんをゆっくりたべて、
ツアーについてた利用券で、ホテルラウンジで出発まで優雅にお茶してた。
目の前で、ピアノ演奏をバックに歌姫が素敵なリサイタル。ブラボー!

だけど、空港ではすっかりくたびれて、買い物どころではありませんでした。
残ったバーツで飲み物とオヤツ買って、座っているのが吉でした。

[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-16 06:00 | 父と姉とタイ
【父と娘のタイ旅行】
実家の父と、姉といっしょに、3泊5日のタイ旅行。
マカオ、ソウルに引き続き、実家の父と参るニョだ。
a0158724_19541902.jpg

今、雨期だけど、だいじょうぶ?
最高気温は33℃、体感温度40℃だけど、だいじょうぶ?
帰りの便は、夜中の0:50発、朝8:00着だけど、だいじょうぶ?

あれこれ心配したけれど、ぜーんぶオールクリアして、
帰ったとたんに、バッタリと倒れたのはわたしのほうでした。

だって、タイより日本のほうが暑くてしんじゃうよ?
だって、帰りの飛行機で、ぜんぜん寝られなかったもん。
父の心配ばかりして、あれこれ世話を焼いたけど、
まさか、自分がこんなにも、よわっちいとはびっくりだ。

初日にカメラを落として割ったり、
熱中症でやばかったり、
お酒を買える時間が決まってることを知らずに焦ったり、
おいしいごはんをもりもりたべたり、
タイ式マッサージにうっとりしたり、
高級ホテルのサービスに感服したりしてきたニョ。

しばらくの間、旅行記に、どうぞお付き合いくださいな。




▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-15 20:19 | 父と姉とタイ
【白いサンダル旅の靴】 はじめて買った白い靴。上手に使えますように。 【CAMPER】
うふふ。旅靴、お買上げ。
a0158724_22361758.jpg


いつも全身真っ黒なニョに、まさか白靴を買うなんて!
「なんで白いの買ったの?」と、夫と子にも突っ込まれたが、
自分が一番びっくりニョ。
a0158724_23083802.jpg

だって、最近、わたくしの格好、よれよれなんだもん。
すっかりもっさりくたびれて、ちっとも素敵じゃないんだもん。
でぶっちょだとか、汗かきだとか、メンドクセだとか、暑い、とか。
言い訳ならば、いくらでもパパッと思いつくけれど。

やっぱり、「キレイ」がいいんだもん。
もっさり疲れてたくないもん。

4月からの3ヶ月。おうちの片付けがんばった。
お風呂のカビとかトイレの汚れ、天井当たりの壁や梁、家じゅうの窓も磨いたニョ。
クローゼットを片づけて、持ち物を見直し、整理した。

むー、これからは、自分自身のメンテナンスをいたしましょう。
似合う服をキチンと着たいニョ。
それって、案外むずかしい。
足元からの一歩なニョ。



ハリーは、はだかがお似合いニョ。
▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-08 06:00 | 日々のおしゃれ