【タイ旅行記】「Queen of Curry」で、「マッサマンカレー」。「イエローカレー」も、おいしーニョ。
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/11(火)【三日目】

12:30 【Queen of Curry】
ここは、有名なカレー店。

バンコクへ向かうバンからね、アユタヤツアーのガイド氏に、予約を入れてもらったニョ。
冷房の効いた室内のテーブル席を、キープなニョ。
お店の前で車を降りて、アユタヤツアーは終了だ。
「メニューを、いっしょに頼みましょうか。(案内と通訳しましょうか)」
と、ガイド氏が申し出てくれた。
それはご辞退したけれど、プロの気遣い、パーフェクト!

イエローカレー(チキン)
さらさらスープのカレーでね、これが一番好きだった。
複雑な香りの香辛料が、深いうま味を出している。
a0158724_16210354.jpg

それから、有名なマッサマンカレー
タイ南部に多いイスラムの人の料理とタイ料理の融合から生まれたマッサマンカレーは、ジャガイモとタマネギ、鶏肉をホロホロに煮込んだもの。
イスラム教徒(ムスリム)から伝来したことから、イスラム教の食の規律(ハラール)に従って、このカレーは主に鶏肉、牛肉や羊肉などで作られる。((Wikipediaより)

a0158724_16211684.jpg

ゴロゴロと具が山盛りで、「お母さんのカレー」みたい。

頼んだ白飯、てんこ盛り。
甘くておいしースイカのスムージー
器がうれしいココナッツのジュース
a0158724_15344367.jpg

パイナップルの炒飯は、どこの店でもハズレなし。
a0158724_16105334.jpg

お約束のトムヤムクン
どれほどの盛りかわからずに、あれこれオーダーしたけれど、ハッキリ言って、頼みすぎ。
a0158724_16022074.jpg

お店は、それほど広くない。
英語メニューが完備され、観光客向けのお店なニョ。
a0158724_16374097.jpg

うふふ、涼しい店内で、おいしーゴハンをのんびりと食べれる幸せブラボー!ニョ。
a0158724_15330822.jpg

お店は、シャングリ・ラ・ホテルのクルンテープウィングの目の前ニョ。
残念ならが、わたくしたちが泊っているのは、チガウ棟。
そこまで行くには3Fの渡り廊下を行くけれど、実は結構な距離なニョで、父上キングは歩けない。
ここは、ホテルのトゥクトゥクで、送ってもらうが吉なニョだ。
a0158724_16470902.jpg




▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-31 06:00 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】「ワット・ロカヤ・スター」で、涅槃像にお参りを。【アユタヤ】
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/11(火)【三日目】

【貸切プランで、アユタヤめぐり】
10:30 ワット・ロカヤ・スター
屋外にドカンと涅槃像。
駐車場のすぐそばに、ドデンと寝そべる仏陀さま。
日を遮るものも何もなく、青空の下に涅槃仏。
大らかすぎる素展示に、わたしのハートはズキュンなニョ。
a0158724_13100664.jpg

すっかり色あせているけれど、穏やかに微笑む仏様。
素朴な姿に親しみが湧いて、なんだかほっと和むニョだ。
a0158724_13101419.jpg

涅槃像の手前には、祭壇が設置されていて、
a0158724_13110155.jpg

皆が祈りを捧げてる。
a0158724_13111328.jpg

小さい涅槃像に金箔を貼って、願い事をするそうな。
a0158724_13113889.jpg

姉子が挑戦いたすニョで、わたしはせっせとカメラマン。
a0158724_13132080.jpg

静かな時間が流れてる。
a0158724_14100242.jpg



アユタヤめぐりは、これにて終了。
一路、バンコクを目指すニョだ。
貸切バンでの移動でも、屋外施設の観光は、暑いし汗かき、体力がどんどん奪われていく感じ。
父上キング連れでなくとも、半日ツアーが、正解ニョ。




▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-30 06:00 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】「アユタヤ・エレファント・ライド」で楽しむ、わたくし「象乗り」初体験。
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/11(火)【三日目】

【貸切プランで、アユタヤめぐり】
10:00 エレファント・ライド
象乗りは、姉子のリクエスト。
ずらりと並んだ象さんが、わたくしたちを待っている。
a0158724_11134149.jpg

象の背中に直接ひらりと飛び乗るわけでは、もちろんなくて
背中に、お輿が用意され、
a0158724_11135470.jpg

屋根付きの椅子にすわるニョだ。
a0158724_11140480.jpg

さぁ行きますよ。行きますよ。
象使いの彼は頸に腰掛け、耳の後ろを蹴って指示。
象のお耳が、始終はたはた動いているニョが興味深い。
a0158724_11141503.jpg

ふつうに車が通ってる道を、ノシノシ進むニョだ。
お輿は象の肩の上。左右の足を前に出すたび、結構な幅で大揺れニョ。
a0158724_11142467.jpg

あちらに遺跡が見えてるニョ。
ここが、折り返しポイントだ。
a0158724_11144905.jpg

と、思ったら、姉子がやってキター!
a0158724_11150001.jpg

信号もない交差点だけど、うーぬ、象さん大丈夫?
a0158724_11151144.jpg

「写真撮るから、こっち見てー!」
別れて乗っててよかったワ。
と、喜び写真を撮りまくる。
象乗り楽しみにしていた姉子、記念撮影は、まかせんしゃい。(←任せなさい)

だけど、案外むずかしい。
ぐらぐら足場が安定しない象の背中で踏ん張れぬ。

姉子はにっこりイイ顔だけど、肝心の象が写ってない。
a0158724_11152959.jpg

ぬー、がんばってみたけれど、お鼻の先が切れちゃった。
a0158724_11154084.jpg

遺跡まで入れると、こんな感じ。
うーぬ、小さくなっちゃった。
象の足元も写ってないけど、これが、わたしの精いっぱい。
a0158724_11155315.jpg

だって、象さんの足元は、なーんか現実的だもん。
a0158724_15522988.jpg

帰りは、川沿いの木陰の小道を歩く。
そうそう、こっちが盛り上がる!
雰囲気が大事!なんだよなぁ。
a0158724_11160665.jpg

キャンプに戻ってきましたよ。
ずらりと並んだ象たちの上で休憩する彼ら。
a0158724_11161636.jpg

なんだかとってもリラックス。
あーんなグラグラするとこで、よくも寝ころべるものですなぁ。
a0158724_11162499.jpg

象乗りは、すごく面白かった!
チップは、象さんがお鼻で取った!
お鼻の先は柔らかすべすべ、ちょっと湿ってて、温かい。
a0158724_15065260.jpg


しかーし、わたくし疲れたニョ。
ほんのちょっとの距離だけど、ぐらぐら揺れて、酔ったニョか。
「冷房の効いたコーヒーショップがありますよ」
とゆーガイド氏に導かれ、
a0158724_11163428.jpg

しばし、休憩いたすニョだ。
a0158724_11164218.jpg

冷たくて甘いアップルティー。
ココロに沁みるおいしさニョ。
a0158724_11165111.jpg

定期的に、冷房の効いた場所で休むべし。
でないと、すぐにへばるニョだ。




▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-29 06:00 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】 アユタヤの「ワット・プラ・マハタート」で、神秘の仏頭に会いに行く。
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/11(火)【三日目】

【貸切プランで、アユタヤめぐり】
9:00 ワット・プラ・マハタート
1767年、ビルマ軍の侵攻により破壊され、廃墟となった寺院の遺跡。
並ぶ仏像は、頭部が切り落とされたまま、無残な姿で並んでいる。

有名な仏頭は、切り落とされた仏像の頭部が、
年月をかけ、だんだんと菩提樹の中に取り込まれ、埋もれていったものだそう。
a0158724_11484087.jpg

仏さまを大切に菩提樹が守っているようで、静かなお顔に胸が詰まる。
a0158724_11484808.jpg

緑の中に佇む遺跡は、静かに時を重ねている。
a0158724_11490823.jpg


a0158724_11491686.jpg

頭部を落とされたままの姿で、朽ちていく様が切なくて。

a0158724_11492925.jpg

無残に破壊しつくされた悲惨な戦争の遺物たち。
ガイド氏の説明を聞きながら、進む歴史の散歩道。



a0158724_11494898.jpg



しかーし!ここは、観光地。
お土産物屋も並んでる。
a0158724_11501786.jpg

鮮やかなフルーツスタンドや、
a0158724_11495745.jpg

これは、ドリアンのシャーベッド。
a0158724_11500625.jpg

キングのシャツを見立てたり、お揃いで象バッグ買っちゃったり。
あっというまに、物欲に翻弄されちゃう親子なニョ。
a0158724_09462043.jpg





▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-28 09:54 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】 貸切プランでめぐるアユタヤ。年寄り連れなら、ぜったいコレ。安心楽ちん【パンダバス】
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/11(火)【三日目】

【貸切プランで、アユタヤめぐり】
(パンダバスで申込み3名で7810バーツ)


今日のお迎えは8時なニョで、ホテルの朝食満喫ニョ。
焼いてもらったオムレツがとってもホワホワおいしくて、ムフフとうれしー朝ごはん。
リバービューのテラスを望む食堂は、とても素敵な雰囲気で、リゾート気分が盛り上がる
a0158724_16414761.jpg

あまーいパンに、
a0158724_16415810.jpg

ヨーグルト。カットフルーツも豊富なニョ。
a0158724_16420898.jpg

ごはんのあとは、中庭をゆっくり散歩したりする。
ねっとり蒸される屋外も、朝のうちなら、だいじょうぶ。
a0158724_16421813.jpg

木々に囲まれたプールサイドで、わたしもまったりしたいなぁ。
a0158724_16422709.jpg

いやいや、今からお出かけニョ!

アユタヤでは、いくつも遺跡を順繰りめぐる旅なニョで、
気兼ねしないで自分のペースでまわれる「貸切」を頼んだニョ。
a0158724_16051334.png

これが、ほんとに大正解。
もともとこれは、あらかじめ行き先がちゃんと決まってて、入場料も混みこみの値段のツアーだったけど、
お願いしたら、あっさりと行き先変更できたニョだ。
a0158724_07480736.png

「行き先追加」ではなくて、「行き先変更」。
追加料金は、もちろん不要。
ツアーガイドが効率的にまわる順番を考えて、上手に組み立ててくれたので、
時間を気にせず、見たい場所だけ、のんびりペースでまわれたニョ。
ドライブ中は、タイにまつわるあれこれの質問だって、し放題。
貸切ツアーでお大尽。お高いだけの価値はある。

[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-27 09:24 | 父とタイ 2017.7月