【タイ旅行記】 タイの歴史と伝統ステージ「サイアム・ニラミット」を見てきたニョ。天女が空中で舞う素敵。
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

【タイ舞踊ショー「サイアム・ニラミット(Siam Niramit)」】ビュッフェディナー付き
(パンダバスで申込み3名1200バーツ)
17:30~ タイ料理&インターナショナルビュッフェ
20:00~ ショー開始


広い専用劇場で、繰り広げられる楽しいショー。
a0158724_00012673.png

ステージに川が出現して、人がとぷんと潜ったり、船が流れてきたりする。
空から天女が降りてきて、空中で歌って踊ったり、
リアルな象がパオーンとね、ステージ登場しちゃうニョだ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

18:00 サイアム・ニラミット到着
ホテルから会場が遠いので、ぴゅーんとタクシーで行っちゃった。
父上キングをお連れするには、スカイトレインは無謀なニョ。
川沿いホテルのシャングリ・ラから、ここまで170バーツ(うち有料道路代が50バーツ)

入り口で車椅子をお借りできて、ほっと安心するニョだよ。
バリアフリーは完璧で、専用シートも完備なニョ。

ビッフェ会場は、大賑わい。
家族連れや、友人同士、みんな楽しげに騒いでる。
スタッフの数が多いので、終わったテーブルはすぐに片付けられて、料理もどんどん補充される。
メニューは基本のタイ料理+いろんな種類のお料理で、フレッシュサラダやフルーツも準備されててうれしーニョ。
a0158724_23373717.jpg

ダンサーたちの行進が、気分をどんどん盛り上げる。
a0158724_23142485.jpg

ごはんは食べ終わったけれど、劇場が開くまで、もうすこし。
劇場外の広場では、楽しいショーが開催中。

きらびやかな衣装のタイ舞踏。
a0158724_00492566.jpg

カップルで踊る民族舞踏。
a0158724_00501456.jpg

最後は観客も輪に呼ばれ、みんなで楽しく踊るニョだ。
a0158724_00504915.jpg


19:30 劇場オープン
劇場内の写真撮影は厳禁なニョで、写真なし。
カメラは蓋してしまい込み、楽しく鑑賞してきたニョ。

客席脇の通路に並んでダンサーが踊るパフォーマンス。
わたしたちの真後ろの通路を、象がノシノシ歩いてた。
観客を巻き込む楽しいショーや、あっと驚く舞台装置。
「なかなか面白かったなぁ」
と、父上キングもご満足。それが何よりだったニョだ。

ショーの後は、ダンサーたちが広場で待ちかね撮影会。
もちろんチップは必要だけど、せっかくなので撮っちゃうニョ。
a0158724_01061917.jpg

若いころは、こーゆーことが、わたくし恥ずかしかったっけ。
「あんなのぜったい撮るものか」と、かたくなに拒否!とかしてたけど、
a0158724_01180954.jpg

いつのまにか、喜んで撮ってもらっている不思議。



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-26 06:00 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】「蟹カレー」と「カオマンガイ」を目指して、「セントラル・エンバシー」へ 【ソンブーン】【EaThai】
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

12:15 【セントラル・エンバシー】
ここは、豪華なショッピングモール。ハイブランド店が、ずらりと並ぶ。
ぴかぴか眩しいゴージャスに、目がつぶれちゃうようなラグジュアリー。
a0158724_22023473.jpg

素敵なモールは、もちろんね、車椅子だって完備なニョ。
これさえあれば百人力だ!と、さっさか父上乗せるニョだ。
インフォメーションに申し出て、借りるシステムなのだけど、必要なのがパスポート。
担保に置いてけ、とゆーことだ。
こーんなところで大切なパスポートを手放したくはないけれど、うー、背に腹は代えられぬ。


わたくしたちのお目当ては、買い物じゃなくて、お食事ニョ。

【ソンブーン】5F
ここは有名な老舗なニョ。
「プーパッポンカリー」が、超有名。
「蟹のカレー炒め」でね、蟹+甘いカレーソース+ふんわり玉子が混ざり合う。
ふふふ、おいしー蟹カレーをね、
a0158724_22031491.jpg

蟹炒飯にのせて食う!
蟹+蟹でウマいニョだ!これが楽しみだったニョだ。

カレーはぜんぜん辛くない。卵と相性抜群で、こってり油もすきな味。
だけど、殻がね、むっちゃ邪魔!
おいしいソースが殻に絡んで、なんだかとっても、もったいない。
あらかじめ殻がはずされている「殻なしプーハッポンカリー」もメニューにあるとは知ってたが、
「殻があるほうがフォトジェニックねー」、なんてほざいた自分を反省する。
a0158724_22025307.jpg

あっさり軽い炒飯に、こってりカレーをかけてウマー!
a0158724_22030488.jpg

蟹カレーに、炒飯、焼きそば、プラス飲み物とサービス料で、1050バーツ。
軽い盛りなニョで、おなかには、まだまだ余裕がありますよ。
a0158724_22032570.jpg


だって、これからB1のフードコートに行くんだもん。
有名な「ピンクのカオマンガイ」【ガイトーン・プラトゥーナム】があるんだもん!

わたしのたべたたい「蟹カレー」、姉子のたべたい「カオマンガイ」。
この建物には両方の店があるから、ココにきた。
食い気に翻弄されてるニョ。
a0158724_22034628.jpg

「カオマンガイ」は、蒸し鶏をごはんにのせたチキンライス。
蒸し鶏と、揚げ鶏をダブルで、乗せてもらったニョ。
わたくし的には、揚げ鶏がたいへんおいしかったニョだ。
a0158724_22040113.jpg

それから甘いデザートも!
ココナッツミルクに、モチモチのゼリーが入っていて、おいしー。
マカオのフードコートでは悲しい思いをしたけれど、
タイのごはんはどこでも美味で、モリモリ食べちゃう!タイおいしー!


クーラーで冷やされ、ごはんをたべて、わたくしすっかりパワー充填。
父と姉子と、ここで別れて、カメラリカバリの旅に出る。
インフォメーションのお兄ちゃんに、駅への行き方を教えてもらい、さぁさぁ始まる一人旅。

案外あっさり片付いた冒険の旅は、→コチラで


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-25 10:31 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーは、すっごく満足!だったニョだ。【ウェンディツアー】
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

【ダムヌン・サドゥアク水上マーケット】(ウェンディツアー)その2

9:30 水上マーケットに到着
狭い水路にぎゅうぎゅうと、手漕ぎボートが渋滞中。
a0158724_22024226.jpg

ここでエンジンボートを降りて、フリータイムが30分
a0158724_22022659.jpg

結構広めの船着場には、お土産物屋やトイレが完備。
水路を進む船たちを、2Fから眺めて写真を撮ったり、
a0158724_22031233.jpg

商船チェックをしたりする。
a0158724_22033303.jpg

船着場にぴったりと、くっつけ停泊してる船。
a0158724_22040374.jpg

うふふ、揚げバナナをゲットする。
値段がきちんと表示されてて、観光客が買いやすい。
a0158724_22035133.jpg

それから、ドリアンも売ってたニョ!
a0158724_22041825.jpg

くさいくさーい!!と、聞いていたけど、実際にたべたことはない。
これは、ぜひともチャレンジしなくちゃ!
小さいパックを買っちゃうニョ。
a0158724_22110311.jpg

揚げバナナ(20バーツ)と、カットドリアン(80バーツ)
a0158724_22113146.jpg

はじめて食べたドリアンは、思ったよりもくさくない。
バターみたいにねっとりと、やわらかい果実はアボガド的。
甘くて、むしろ爽やかな味わい、案外おいしーニョ?

きっと新鮮なドリアンは、さっぱりおいしいのだと思う。
a0158724_22114201.jpg

スライスバナナに衣をつけて揚げたオヤツが、すごくおいしー!
a0158724_23442899.jpg

衣がシャクシャク、中はトローリ、甘酸っぱくて美味なニョだ。

10:00 手漕ぎボート乗船
水路は、すっごい渋滞ニョ。
ガッコんがっこん船縁が、よその船とぶつかって、結構ワイルドな船の旅。

とてもじゃないけど、わたくし優雅に汁蕎麦なんか食べらんない。
a0158724_00042652.jpg

仏陀の置物はさすがに無理でも、
a0158724_00034586.jpg

商船娘の置物は、買っておけばよかったなー。
a0158724_00070636.jpg

そして、なにより残念なのが、ココナッツアイスを買い損ねたこと!
a0158724_00112827.jpg

船の上での買い物は、タイミングがなかなか難しい。
ほんとに欲しいと思うなら、船着場のほうが買いやすい。

10:30 バスに戻る
冷たいおしぼりと、水サービス。
一路バンコクへ。

12:15 インターコンチネンタルホテルで解散


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウェンディツアー主催の「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーは、とっても楽しかったニョだ。
短い時間に、効率的にやりたいことは全部できた!
エンジンボートと手漕ぎボート、セットでついてて大正解。

案内上手のガイド氏のエスコートも完璧!だったなぁ。
興味をそそる説明で面白く楽しく惹きつけて、効率の良い道順でさくさく進んでいくニョだよ。
写真を撮るべきスポットへ、連れてって写真を撮ってくれるし、
見どころぜんぶキッチリ押さえて、教えてくれるのが上手なニョ。

それから、
ツアーの解散場所は、「インターコンチネンタルホテル前」だけど、
特別にお願いして、「セントラルエンバシー」まで、そのまま乗せてってもらえたニョ。
それが、とっても助かった!!

こーゆーツアーはガイド氏によって全然かわるけど、
今回は見事なプロガイド。たいへん感謝いたします。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-24 06:00 | 父とタイ 2017.7月
【タイ旅行記】「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーのエンジンボートが爽快ニョ。【ウェンディツアー】
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

【ダムヌン・サドゥアク水上マーケット】(ウェンディツアー)
a0158724_23494622.png

わたしが、すごーく楽しみにしていた【水上マーケット】。
個人で行くのは大変なニョで、ツアー利用が吉なニョだ。

しかーし!申し込む前に、ここではキッチリ要検討。
同じ【水上マーケット行き】で、価格も同じくらいでも、
ツアーによって、ちょっとずつその内容がちがうニョだ。
指定の場所に集合なのか、ホテルまで送迎付きなのか、
水上マーケットの中心地まで、
エンジンボートに乗っていくのか、それともバスで向かうのか、
それから、手漕ぎボート乗船が、ツアーに含まれてるかどうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウェンディツアーに決めたのは、わたしたちにとって条件が、一番よかったからなニョだ。
①ホテルまで迎えに来てくれること
年寄りを連れて、早朝に集合場所まで行くのは辛い。
ぜひとも迎えに来てほしい。

②手漕ぎボート乗船つきであること
ほかのツアーでは「手漕ぎボート」が、予定に含まれていなかった。
「オプションで手漕ぎボートに乗船も可能」とか、
「ご希望の場合は、現地で別途お支払いで乗船可能」とか、
つまりは、乗りたきゃ、自由時間に勝手に乗れや。とゆーことね。
いやいや、わたしはぜひともね、手漕ぎボートに乗りたいニョ!
あらかじめ予定に組み込まれてるセットで行くニョが吉!なニョだ。

③「エンジンボート」に乗れること
「スピードボート」、「ロングテールボート」、ツアーによって呼び方は、それぞれちがうようだけど、つまりはエンジン付きボート。
たいていのツアーには、ついていた。
だけど、中にはボートは乗らないツアーもあるのでご用心。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【ウェンディツアーのスケジュール】
06:30     ホテルにお迎え
08:20~08:40 ココナッツファーム
09:00~09:20 エンジンボートにて水上マーケットへ
09:30~10:30 ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
09:45~ 手漕ぎボート乗船体験付き(約15分)
12:30~13:00 インターコンチネンタルホテル前 解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6:30 ホテルロビーにお迎え
時間ぴったりにホテルのロビーに、日本語ガイドが来てくれた。
口コミ情報を見ていると、「ウェンディツアーは送迎に難あり」と、あちこちに書いてあったけど、
わたしたちのガイドさんは、時間ぴったりバッチリで、なんにも心配ナシでした。


6:50 次のホテルにお迎え
今回のツアーは、2組だけ。
大きなバスには乗り換えず、このままバンで、向かうニョだ。
a0158724_22083493.jpg

パラパラ雨が降ってきたけど、案外すぐにやむ感じ。
傘を持っては来たけれど、結局使わずにすんだニョだ。

8:00 【ココナッツファーム】
トイレ休憩と、お土産物屋。
大きな観光バスもたくさん!お客を乗せて、わんさか来てる。
アジア系よりヨーロッパからの観光客が多いよう。
a0158724_22100420.jpg

ツアーガイドが実演してくれるココナッツについての説明が、思った以上に興味深い。
とても流暢な日本語で、お話上手なガイドさんにあたってラッキー!うれしーニョ。
a0158724_22210862.jpg

パームシュガーを気に入った父上キングが、お買上げ。
沖縄で黒糖を買うように、タイではパームシュガーをね!
a0158724_22135465.jpg

それから、いよいよマーケットへ!向かう
9:00 【エンジンボートの船着場】
マーケットまでは水路ではなく、バスでも行けるそうだけど、
ここは、ぜったいエンジンボートで水路を行くのが楽しーニョ!
「インディジョーンズ」みたいにね、川をどんどこ進むニョだ。
a0158724_22541511.jpg

お船の縁は、水面スレスレ。
a0158724_22573045.jpg

ふふふ、リアルなジャングルを突っ切り、飛ばすぞ!飛ばすニョだ。
a0158724_23192872.jpg

風がビュンビュン吹き荒れて、結構な飛沫が跳ね上がる。
涼しい!楽しい!面白い!!
ジェットコースターみたいにエキサイティング!
a0158724_23370379.jpg

川辺に建ってるふつうのおうち。
a0158724_23493530.jpg

金ぴかぴかの仏様。
a0158724_23502483.jpg

高床式のおうちとか。
見るものすべてが、興味深い。

実際に水路は、日々の暮らしに欠かせぬ存在なニョだなぁ。
a0158724_23510980.jpg

両岸にお店が見えてきて、さぁ、マーケットに到着ニョ。
a0158724_23515472.jpg



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-23 06:00 | 父とタイ 2017.7月 | Comments(0)
【タイ旅行記】 壊れたカメラを現地でリカバリ。「Canonサービスセンター」へ 【MBKセンター】
ここから先は、覚書。

カメラを落として壊したわたし。
なんとかリカバリいたしたい。
ネットをぐるぐる検索し、「Canonサービスセンター」を発見する。
若者向けのショッピングモール「マーブンクロンセンター」の5Fだと。
同じフロアに、カメラ屋も、どうやらわんさかあるらしい。

調べてみたら、幸いに、明日のランチの店近く。
歩いて行くほど近くはないけど、スカイトレインBTSを、使えば楽に行けそうだ。
ツアーについてたBTS一日無料乗車券、これを今こそ使うとき!

「いいよ、パパはホテルまでわたしが連れて帰るから、カメラ屋行っておいでよ~」
やさしー姉子の提案に、
ほんとー!?だったら、行ってくる!!
昼食の後、父のお世話を姉子にまるっとお任せし、冒険の旅に出るオイラ。
a0158724_23380791.jpg

場所はなんとか行けそうで、よっしゃ!と思うとこだけど、
一体何をどうすればいいのか、ぜんぜんわからない。
わたしのカメラは夫任せで、何がついてるかも知らないニョ。

たとえカメラ屋に行ったとて、わたしは何を買えばいい?
ついてるレンズはCanonのじゃないけど、それでも代わりが手に入る?
「割れたレンズと同じようなレンズをください」
と言えばいい?
レンズの適正価格って、おいくらくらいなのかしら?
頼みの夫に連絡したいが、日本はすでに真夜中で、電話なんかできないニョ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そして、翌日、わたくし単独「MBKセンター」にやってきた!
BTS駅は、英語表記がバッチリなので助かった。
「MBKセンター」は、BTS駅から直結で、案内表示もわかりやすい。

しかし、試練はここからニョ。
わたしはどこへ行けばいい?
a0158724_10082852.jpg

でかいカメラ屋がわんさかあって、どこが正解かわからない。
とにかく「Canon Camera Center」を目指して行ってみることに。
a0158724_10084203.jpg

受付GIRLは、タイ語で対応。わたくしぜんぜんわからない。
「どんなご用件ですか?」
受付嬢の窮地を見かねて、応えてくれる中の人。
Canonならば日本語のできるひとがいるかしら?とゆー期待は裏切られたけど、英語は通じて助かった。
a0158724_10085444.jpg

「レンズを交換したいの」
と言ったら、
「ここでレンズは売ってないから、隣のお店に行ってね」
と、教えられてお隣りへ、とっとこ向かうわけですよ。
a0158724_10090785.jpg

さっきのサービスセンターは順番待ちが並んでたけど、
こっちのお店は、即対応。
カメラ屋のお兄ちゃんたちは、みんな英語で対応可。
ここで壊れたカメラを見せたら、
「あー、こりゃ派手に割れてるねぇ。オッケー、すぐ交換できるよ」
と、あっさり言われて驚いた。
「えー、今ですか」
「うん、今、今!5分くらい待っててね」
わたしはてっきりレンズが割れたと思い込んでいたけれど、
レンズに付けてた保護フィルターがガチャコと割れてただけだった!
レンズは無事なの。割れたフィルターを外せば、それでよかったの!!

「割れたのは、おれが外していい?」
と訊かれて、もちろんお願いした。
だって、カメラを落としたとき、蓋が内側にめり込んで、なかなか外れなかったもの。
わたしが無理やり外すより、プロにお任せしたいニョだ。

新しいフィルターを付けてもらって、それが1800バーツ。
a0158724_10352382.jpg

あー、あー、そーゆーことならば、さっきのサービスセンターでカメラを見せるべきだった?
そしたら外してもらえたか?
やっと気づいても、後の祭り。

でも、もー、いいの。
だって、カメラは使えるようになったもの。
お店に居たのは、10分くらい。
冒険の旅は、即終了。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


BTSに乗り込んで、ホテルへ向かう帰り道、
乗換の「サイアム駅」で下車して、「サイアム・パラゴン」の「トーマス・サボ」へ。
a0158724_10552135.jpg

ブレスレットのチャームをお買上げ。
お店のフリーWi-Fiで、夫と姉子に電話。

これでミッションは、すべて完了。
よかった。わたくしやり遂げた!

BTSでホテルまで、しゃーっと直行、ご帰還ニョ。
キングは部屋でぐうぐう寝てて、姉子はプールでマダムごっこ。
三者三様の午後でした。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ほんとは、どうすればよかったの?と、今でも思うわけですが。
壊れたフィルターは、旅行保険の適用対象なんだけど。
保険会社へ問合せたら、「修理見積書」または「修理不能証明書」を、提出するよう言われたニョ。
それって、どこでもらえるニョ?
もしかしてタイのあの店で、つくってもらうべきだった?
だけど、あのとき英語でそんなお願いなんかできないニョ。
旅にはまだまだ不慣れだし、トラブルに弱いわたくしニョ。
勉強すること、いっぱいだー!

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)
留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
# by tsurukame_ko | 2017-07-21 06:00 | 父とタイ 2017.7月 | Comments(2)