タグ:娘仕事 ( 38 ) タグの人気記事
【父と姉妹とタイ旅行】 シャングリ・ラ ホテルから、アジアティーク・ザ・リバーフロントへ専用ボートで。  sanpo
16:00 ホテル到着
◆シャングリ ラ ホテル バンコク

17:00 荷物とキングを置いて、下見へ。
ホテル周辺の状況や、船着場や駅へのコースをチェック。
父上キングをお連れするには、事前準備が絶対必要。
もちろん日本を発つ前に、できるだけのことは調べたが、実際、現地でキングが歩ける最短距離を見つけねば!

まずは、これから向かう予定のアジアティークへの船着場へ。
【アジアティーク・ザ・リバーフロント】は、観光客向けのナイトマーケット。
チャオプラヤー川沿いにある巨大な敷地に小売店やレストラン、ショー劇場が並ぶニョだ。
ふふふ、シャングリラホテルからは、ゲスト専用の送迎ボートが出てるニョだ。

船着場にスタンバイしている彼に、あらかじめ予約を入れて、
a0158724_09585044.jpg

乗船直前に、チケットをもらう。
a0158724_09592230.jpg


船はなかなかの混雑で、予想以上の人気っぷり。
a0158724_09591134.jpg

どちらかというと欧米人の旅行者が多い印象だ。
a0158724_09593525.jpg

すごーく濁った大きい川を、ゆったり進んでいく船よ。
生ぬるい風が吹き荒れて、かなりねっとりとべたつくニョ。

a0158724_09595211.jpg

18:00 ホテルを出発
18:10 アジアティーク到着
シャトルボートは、1時間ごとに運行。
a0158724_10000331.jpg

空は曇っているけれど、予想以上の高温多湿。
蒸し暑さがまとわりついて、すっかりくたびれちゃってるニョ。
とにかくゴハンをたべなくちゃ!
冷たいものを飲まなくちゃ!

まずは駆け込むレストラン。
a0158724_10541952.jpg

英語の解説と、写真がバーン!と載ってるメニューが有難い。

【カオパットサパロット】
パイナップルの入った炒飯だけど、これが大好きだったニョだ。
パイナップルの酸味と甘みが、しょっぱい炒飯に超!合うニョ。
a0158724_10543353.jpg

それから安定の【パッタイ】を。
タイ風やきそば。あちこちでたべた。
a0158724_10544147.jpg

あとは、鶏の炒め物。
a0158724_10545108.jpg

「ノースパイシー」とは頼んだけれど、どの料理もすごくおいしい。
タイはおいしい!と、大はしゃぎ。
苦手な香辛料だとか、香草のきつい匂いとか、ぜんぜん感じることなくて、すごくわたしの好きな味。
お料理と飲み物と、ぜんぶで610バーツ。(≒2440円)

ここで失敗だったのが、冷房のないお店だったこと。
高い湿度と暑さとが、父上キングだけでなく、わたくしたちをも弱らせる。
へなちょこアラフィフ更年期。あっというまに熱中症。
冷房の効いた涼しい場所で、定期的に休むべし。



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村



[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-19 11:17 | 父と姉とタイ
【父と姉妹でタイ旅行】 空港からホテルまで、あっという間についちゃった。【シャングリ・ラ・ホテル】
【父と姉妹の、タイ旅行 2017.7月】

◆現地係員がご案内する マイセレクト バンコク5日間 LOOK JTB
(福岡発)バンコク <空港~ホテル間の往復送迎付き!BTS1日乗車券付き!>

【一日目】 2017/7/9(日)
◆福岡空港-スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ国際航空TG649便 福岡11:35-バンコク14:55(5h20)


15:00 着陸
15:15 JTB現地係員と合流
15:30 JTB送迎車へ乗り込む
この前の台北では、バスに乗り込むまでに1時間半かかったけれど、今回、待ち時間はゼロ。
あまりの早さに、びっくりニョ。
複数のフライトを延々一時間待っていた台北ツアーは、→コチラ。
a0158724_21154685.jpg

今回の送迎は、わたしたち親子だけなので、ホテルまでの車中では、あれこれ質問攻め祭り。
うっかりオプション頼んだり。
a0158724_21194705.png

わたしが行きたくなかったから、父に隠してたムエタイショー。
あっさりバレて、申込み。
幸いなことに、今夜行く予定だった「アジアティーク・ザ・リバーフロント」内で行われるショー。
本日のチケットに間に合った。支払いは現金で、バウチャーは、ホテル宛てFAXで受取り。
現地で当日券を購入するよりお安く手に入って、吉。


16:00 ホテル到着
◆シャングリ ラ ホテル バンコク
リバーサイドの素敵ホテル。

①ホテル内で使用できる車椅子をリクエスト。→OK
②エレベーターから近い部屋をリクエスト。→OK
でかくてひろーいホテルなので、車椅子は必須なニョ。
a0158724_21330481.jpg

③リバービューの部屋をリクエストしていたけれど、残念ながら叶わず。
それでも部屋からは、川を望めて、ちょっと得した気分なニョ。
a0158724_21364733.jpg

毎日、供されるウェルカムフルーツ。
ナイフと皿まで準備万端。
a0158724_21333056.jpg

バスタブとシャワーブースは分かれていたけど、可動式のシャワーヘッドはうれしい。
ドライヤーと、バスローブ完備。
設備的には古いのだけど、特に問題はなし。
a0158724_21292745.jpg

a0158724_21294696.jpg

朝食は6時半からなので、明日の朝食は間に合わない。(ツアーは6時半にロビー集合)
④チェックインの際に、フロントへ申し出て、朝食ボックスを頼むことができた。
あらかじめ時間を指定しておき、フロントまで取りに行く。
a0158724_21553817.jpg


荷物を置いたら、父は休憩。
わたしと姉子は、ホテル周辺、まずは下見に繰り出すニョ。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村


[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-18 06:00 | 父と姉とタイ
【父と姉妹のタイ旅行】 空港では、車椅子をレンタルするのが吉なニョだ。 【航空会社のおもてなし】
【父と姉妹の、タイ旅行 2017.7月】

今回、何より心配したのは、高齢な父の体調ニョ。
ペースメーカー装備して、ただいまのランクは要支援。
父上キングのたっての希望で、決めた行き先はタイだけど、熱帯モンスーン気候だし、残念ながら今は雨期。
湿気と暑さでムンムン野外に、果たして耐えられるものなのか。
熱中症で倒れやしないか、冷房ガンガンの落差はどうか。
さらに、帰りの飛行機が、残念ながら、深夜便。
夜中の1時発の飛行機で、5時間半のフライトです。
ろくに寝られずフラフラで、帰り着くのはいかかがなものか。

とにかく、父を疲れさせないこと。
父を歩かせる距離を、できるだけ短くすること。
時間をゆったりとって、午後は必ずホテルで休ませること。
そーゆーことを考えて、予定を立ててみましたニョ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【一日目】 2017/7/9(日)
9:30 福岡空港で、姉子と合流。
◆福岡空港-スワンナプーム国際空港(バンコク)
タイ国際航空TG649便 福岡11:35-バンコク14:55(5h20)


JTBカウンターで、Eチケットを受け取り、あとは各自でチェックイン。
タイ航空のチェックインカウンターで申し出て、車椅子の利用をお願いする。
その場から、係員の方が車椅子を押して、案内スタート!してくれる。
先を行く車椅子にわたしたちが従って、出国審査も難なくスルー。

今回タイ航空は、タラップで登る搭乗パターン。
車椅子は専用のリフトで。
a0158724_13130009.jpg

タラップとは別の入り口に、車椅子用のリフトが準備されている。

a0158724_13131022.jpg

車椅子ごと、みょーんと上昇するリフト。
a0158724_14403856.jpg

上がった先には、ドアがあり、
a0158724_14415594.jpg

そのまま機内へ入れちゃう。
a0158724_14422840.jpg

お借りしていた車椅子は、ここで返却し、ここからは歩いて座席まで。
a0158724_14432401.jpg

タイ航空の客室乗務員は、そろって、とっても美人さん。
a0158724_15184523.jpg

あとは、のんびり機内で過ごし、飛行機は、最後に降りること。

a0158724_14483497.jpg

飛行機のドアまで係員が車椅子でお迎えに来てくれて、さっさか案内してくれる。
a0158724_14513134.jpg

入国審査も、「特別な配慮が必要なお客様はこちらへどうぞ」的レーンを通り、まったく待つことなくスルー。
荷物を受け取り、空港ロビーへ出るまで、がっつりサポートいただけた。


【空港で借用する車椅子】
①JTBで旅行を申込する際に、車椅子をリクエスト。

さらに、
②空港のチェックインカウンターで、車椅子をリクエストしていたことを申し出る。
どのくらい歩けるか、階段は登れるか、などを訊かれて回答する。
このとき、到着空港でも車椅子を利用できるかどうか確認。

③チェックインカウンターへ、係員が車椅子を持ってきてくれる。
そのまま車椅子を押して、手荷物検査、出国審査を、最短のプライオリティゲスト専用ルートで案内してくれる。
同行者であるわたしたち姉妹も、いっしょのコースに。
まっすぐ搭乗口まで案内してくれるのだけど、買い物やお茶をしたかったので、その旨を伝え、搭乗時間に搭乗口で再サポートを依頼

④搭乗時刻に搭乗口で、係員と再集合。
ここで車椅子を返却して、歩いて搭乗する方法もあるけれど、今回はギリギリまで車椅子での搭乗を希望。
優先搭乗。わたしたち姉妹も車椅子に付き従う。
車椅子ごと、飛行機のドアに横付けしてくれるリフトに搭乗。
飛行機の入り口まで、車椅子を押してくれて、ここで、車椅子を返却。

⑤機内では、客室乗務員がサポートしてくれる。
飛行機を降りるのは、最後になること。
ほかの乗客の皆さんが降りてから案内に来るので、待機するよう指示される。

⑥飛行機を降りたら目の前に、車椅子を準備した係員が待機。
係員が車椅子を押してくれるので、同行者もいっしょに専用ルートを通り、入国審査へ。
列に並んで待つこともなく、スピーディな最短距離。
手荷物引取所でも一緒に待っていてくれて、ロビーへ出たところで車椅子を返却。

先日のソウルでも感激したけれど、(父と二人の韓国旅行。空港での様子は→コチラ。
空港ではぜったいに車椅子をリクエストするべきだと思う。
だって、空港はだだっ広いし、ゲートはすっごく遠いニョだ。
観光前に、こんなところで力尽きてはいかんニョだ。


なお、帰りもチェックインカウンターで申し出て、車椅子を借用した。
ここでもまっすぐ搭乗ゲートへ向かおうとするのをお願いし、係員といったん別れて、搭乗時間に搭乗口で再度サポートを依頼。
広いひろーいスワンナプーム国際空港。
エレベーターの位置を教えてもらえたのが、地味にたいへん助かった。

到着した福岡空港でも、係員が迎えてくれて、空港駐車場まで車椅子を押してもらえた。

なんてすばらしく有難いサービス!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちなみに、
タイでのホテル(シャングリ・ラ)でも、ホテル内では車椅子を借用できました。
ショッピングセンターの「セントラル・エンバシー」でも、車椅子がレンタルできて、すごーく助かったんだけど。代わりにパスポートを預ける必要があって、ちょっとドキドキ。
あとから車椅子を返却しにいくと、わたしの大事なパスポートは、だーれもいないカウンターの鍵もかからない引き出しに、ぽんと無造作に突っ込んであって、
そこはいかがなものかしら。
と、思ったことでありました。
タイって安全な国なニョね?



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

[PR]
by tsurukame_ko | 2017-07-17 18:00 | 父と姉とタイ
【古宮】 明洞でビビンバ食べてから、てくてく歩いて南大門 【南大門市場】
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【三日目】 2016/11/8(火)
今日は、フリーな一日ニョ。
朝ごはんから、自己調達。
ごはんを食べて、遊びに行って、どんな一日にしましょうか。
夜の8時に始まるショーを、日本で予約してるニョで、
その時間までに、ゴハンを済ませて明洞に居るのが必須なニョ。



07:30 朝ごはん【明洞栄養粥、栄養餃子】
09:00 北村韓屋村
09:30 世界遺産 【昌徳宮】
10:30 ロッテマート
13:00 ホテルへ

うふふのスーパーお買い物。
山盛り荷物を抱えてね、ホテルへ一旦戻ったら、荷物を置いて一息ついて、お昼ゴハンをたべに行く。
昼ごはん
◆古宮

有名なビビンバのお店。
ビビンバ発祥の地、全州の味推し!【全州ビビンバ】頼んだニョ。
a0158724_235766.jpg

真鍮製の食器で出てきたビビンバ、うーむ、熱くない。
全体的にあっさりで、うーぬ、ひと味、足りぬニョだ。
やっぱ石焼きがよかった!と、言っても、後の祭りなニョ。

お店の中は温かく、明るく、居心地わるくない。
広くて、お客も大勢の、人気店という感じ。

ただ今の時間は、14:30。
さーて、これからどうしよう?
わたくし的には、明洞をブラブラゆっくり歩いてね、
新世界百貨店を経由して、南大門へ参りたい。
「それは、おまえが行ってこい。おれは、ホテルで寝てるから」
と、あっさり仰せになる父ニョ。

朝から、かなり寒い中、外を延々歩かされ、
ゴハンをたべてビールを飲んだら、ねむたくなるのは必須かと。
ええ、そのために、街中のホテルを奮発してるニョだ。
ホテルへ父を送ったら、わたしはヒトリお買い物。
今だ!!と、化粧品屋をめぐり、お土産用と自分用、コスメを買いに走るニョだ。

二つ買ったら、二つオマケ、とか
一個買ったら、も一個つく、とか
一体、ひとつがおいくらなニョか、わたしはぜんぜんわからない。
電卓なくちゃ計算できない!頭の中は、パニックニョ。
a0158724_22462259.jpg

お店は日本語通じるし、もちろん、ここでも即免税!
明洞中心は、本当に化粧品屋が乱立で、
同じメーカのお店がね、あっちもこっちも!あるニョだよ。
a0158724_12513369.jpg

乙女心に直撃!な買い物楽しー!ウフフなニョ。

戦利品を抱えてね、ひとまずホテルへ戻ったら、
父はぐーぐー寝てたので、再び、旅へ出るオイラ。

16:30
【南大門市場】
ソウルで最も古い歴史を誇る南大門市場。
衣類とかアクセサリーとか、露天やお店が、ひしめくニョ。
a0158724_23572942.jpg

ワゴンに盛り盛り衣類とか、靴下山盛り!特盛りニョ。
見ているだけで、テンションが上がっちゃうような商店街。
a0158724_23574275.jpg

鮮やかな色のチマチョゴリ。
ちょいと目を惹くかわいさニョ。
a0158724_2358123.jpg

ワゴンの間で商店主らが食べてるゴハンが、おいしそう!!
a0158724_2359765.jpg

食堂街とか屋台では、なにやらグツグツ煮えていて、なんだかおなかすいちゃった。
a0158724_23584181.jpg

ホテルへ戻って、父を連れ出し、近所のカフェでお茶タイム。
a0158724_23591711.jpg

久々、父と差し向かい。
ゆっくり、おしゃべりする旅ニョ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-12-02 23:16 | 父とソウル
【昌徳宮】 世界遺産を見たあとは、楽しいスーパーお買い物。 【ロッテマート】
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【三日目】 2016/11/8(火)
今日は、フリーな一日ニョ。
朝ごはんから、自己調達。
ごはんを食べて、遊びに行って、どんな一日にしましょうか。
夜の8時に始まるショーを、日本で予約してるニョで、
その時間までに、ゴハンを済ませて明洞に居るのが必須なニョ。


07:30 朝ごはん【明洞栄養粥、栄養餃子】
09:00 北村韓屋村

◆世界遺産 【昌徳宮】
ぴゅーんと、タクシー。3000W
チケットは、大人3000W

とても美しい景観で知られる世界遺産なニョ。
a0158724_20591779.jpg

広い敷地に、建物や大きな門が建ち並び、
京都のお寺みたいだなー。と、思いながら歩くニョだ。
a0158724_20595877.jpg

朝鮮王朝の宮殿で、色鮮やかな建物と、自然が見事にマッチする。
a0158724_210259.jpg

12:30から、日本語のガイドツアーがあるらしい。
行ってみようか?と、誘ったけれど
「いらん」
と、すっぱり切る父ニョ。

広い敷地をぐるりとまわり、ただ今、時間は10:30。
はてさて、どこへ行こうかニョ。
東大門で市場めぐり?
アートな弘大エリアかな?
いやいや、ここはカンタンに。
再びタクシーつかまえて、GO,GO!スーパーマーケット!!

◆ロッテマート ソウル駅店
昌徳宮から、タクシーで3000W。

だって、お外は寒いニョだ。
わたくしだけなら、アチコチに写真を撮りに行きたいが、父連れはそうもいかぬニョだ。
a0158724_21124919.jpg

外国のスーパーは、父も大好きな場所なニョだ。

ふつうのレジでパスポート見せたら、その場で免税!で、
そうなニョ、ここで税金が引かれて精算!!ビックリニョ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【即時還付制度】
一度の購入金額が、30000W以上200000W未満の場合に、利用できる。
滞在期間中,最大100万Wまで。
支払い時にパスポートを提示すれば、
現金払いでもカード払いでも、その場で税金が差し引かれた金額で購入できる制度。
ただし、すべての店で対応できるわけではない。
全世界で、この制度が普及されたらいいニョに~。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ココロ躍るひとときを過ごせば、アララの大荷物。
このままじゃ、どこへも行けないワ。
ひとまず、ホテルへ帰りましょう。
駅前のタクシー乗り場から、さっさか乗り込みホテルへGO。

しーかし、ここで問題発生。
どうも道順が、おかしいニョ?
わたしが思っていた道と、すこーしずれているみたい?
あれれと思っているうちに、すとんと到着したけれど、
それは、知らないホテルなニョ。
やられた!これって、ぼったくり!?

乗り込むときは、住所のついたホテルカードを見せていた。
ロッテデパートの向かい側だと、韓国語でも書いていた。
ここは、指定した場所じゃない。
住所も示してお願いしたのに、これはいったい何事だ!
と、きっちり抗議は致したニョ。

正しいホテルへ向かう道、頭の中でぐるぐると自問自答してるおれ。
わざと間違えて、遠回り?
途中で降りるべきだった?
もっと遠くへ連れ去られたら、やばいニョ。今すぐ降りるべき?

進行方向確かめて、タクシー乗り場で乗ったけど。
一般タクシーだったけど、タクシー表示はついていた。
顔写真付き乗務員証も、きちんと提示されている。
メーター倒して走り出すのを、しっかり確認したニョになぁ~。

ドキドキハラハラしてるうち、知ってる景色が見えてきて、
無事に到着したときは、ほんと泣きそうだったニョだ。
このときタクシーメーターは、11000Wだけど、
運転手さんが6000Wでいい、と言ってくれたニョだ。

えーと、おじさん、ほんとうに、ただ間違えただけなニョね。
ああ、疑って、ごめんなさい。
だけど、ほんとにこわかった。
知らない街でタクシーは、やっぱり苦手と思うニョだ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-11-27 06:00 | 父とソウル
【明洞栄養粥、栄養餃子】 ソウル市内を、そぞろ歩き。のんびり名所をめぐるニョだ。 【北村韓屋村】
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【三日目】 2016/11/8(火)
今日は、フリーな一日ニョ。
朝ごはんから、自己調達。
ごはんを食べて、遊びに行って、どんな一日にしましょうか。
夜の8時に始まるショーを、日本で予約してるニョで、
その時間までに、ゴハンを済ませて明洞に居るのが必須なニョ。

朝ごはん
【明洞栄養粥、栄養餃子】
7:30から開いているホテルの側の粥の店。
a0158724_964155.jpg

お店の外に、メニューの写真がデカデカ張られておるニョだよ。
メニューは日本語ばっちりで、わかりやすいし、頼みやすい。
a0158724_965620.jpg

これは、どこのお店もだけど、キムチは、テーブルに常備なニョ。
a0158724_974288.jpg

それからテーブルの引き出しに、お箸と匙が入ってる。
金属製のお箸はね、長めで重いニョ。お匙もね。
a0158724_1249856.jpg

さむーい朝に、温かいお粥やスープはおいしーニョ。
それほどクセもつよくなく、たべやすくて、わるくない。
明洞辺りのお店はどこでも日本語表記がされていて、気軽に入れるのが吉ニョ。
この前マカオは英語すら通じないことも多くって、ゴハンも苦労したけれど、
ソウルはとても歩きやすくて、楽チンなニョだ。助かるニョ。


◆北村韓屋村
ホテルでタクシー呼んでもらって、びゅーんと乗りつけ7000W。
朝鮮時代の官僚が、たくさん住んでいた街ニョ。
伝統家屋が立ち並び、情緒あふれる街角ニョ。
a0158724_14354979.jpg

ワタクシ、こーゆー風情ある町並み大好物なニョだ。
だけど、残念、急な坂道で、ここは父には無理みたい。
a0158724_12164270.jpg

通りの入り口ちょいとのぞいて、次の名所を目指すニョだ。
a0158724_985883.jpg

[PR]
by tsurukame_ko | 2016-11-26 14:45 | 父とソウル
【アジアエステ】 韓国のエステ体験記。かなり強めのマッサージ。職人技で至福なニョ。
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【二日目】 2016/11/7(月)
オプション観光終了したら、あとは、わたしのターンなニョ!
さっさかゴハンをたべたなら、ホテルへ急ぎ帰るニョだ!
だって、これからエステだもーん!

ウキウキ乙女気分なわたしに、ここで、新たなミッションが!
「だったら、おれもマッサージ行く。昨日は足だけだったから、今日は体も頼もうかなぁ」
と、父から、さらりとリクエスト。
とことん旅を楽しみ尽くす!意気込み、父子でおんなじニョ。

はい、マッサージマッサージ。
宿泊ホテルの一階に、マッサージ店があるみたい。
街でチラシをもらったニョ。お値段手頃で、いい感じ。
ガイドブックにも載ってるし、あやしい店ではなさそうだ。

a0158724_0382025.jpg

これから、いっしょにお店に行って、
メニューを確かめて、申込もう。
そんで、
マッサージが終わったら、自力で部屋に戻ってね。

とゆーことで、夜は別行動。


19:30には、ホテルへ戻り、父は、ボディマッサージ。
▲送って行って、前金払った。部屋への戻り方も練習した。
わたしは、急いでシャワーを浴びる。
エステの前に、汚れは落として、髪も洗って行きたいニョ!
夜の9時からエステだなんて、さすが!の美容大国ニョ。

◆<アジアエステ> 20:30 ホテル1Fロビー集合
苦労した自分にプレゼントするプリティウーマンコース
上半身と下半身をじっくりほぐすアロママッサージに加え、デトックス&アンチエイジング効果が高いとされる注目のゴールド(24金)を使ったぜいたくなフェイスケアを受けられる全身コース。
アロマ全身ケア+小顔.美白.保湿.小じわケア 135分オールハンドテクニック
a0158724_15593198.jpg


さーて、肝心のエステはね。
予約の時間ぴったりに、ホテルに迎えが来てくれた。
WEBから予約してたけど、ほんとにお迎えくるかしら?と、実はドキドキだったニョよ。
ドライバーは、日本語は話さず、送迎だけのスタッフで、
お店に着いたら、日本語のできるスタッフが、お出迎え。
ここで、料金先払い。(日本円OK。129000W=12,300円。)

鍵を渡され、ロッカーで専用ガウンと短パンに着替え、
▲ちなみにパンツは自前のを履いてた
めくるめくプリティウーマンへ。

なされるがままのちょい荒コースは、先のアカスリを思わせる。
たとえばハウステンボス内のステキ施設のエステとか、
たとえば沖縄ブセナテラスの、ステキコテージのエステとか、
お洒落で贅沢☆素敵施設で姫様扱い、夢気分。
残念ながら、そーゆー世界は、かーなり遠いわけですが、
いやいや実用的なのは、こっちの方かもしれないニョ。


エステと言うより、職人技のマッサージスゲエ!とゆー感じ。
いたいの。イタイヨ!痛いけど、それでもいいニョ!!と、黙ってる。
だって、ツボにキッチリ入るそのテクニックにメロメロニョ。
頭マッサージも、首マッサージも強いよ!強いの!ゴンゴン来るニョ!
細部までキッチリキメ細やかな日本のエステとは、ちがうなぁ。
全体的に荒っぽく、かなり強めのマッサージ。
顔マッサージで、頬骨イタイヨ!顎もイタイヨ!と、ジタバタバタ。
だけど、すっごく気持ちいい。
骨はギシギシ、リンパはドクドク、顔には金箔貼られるし。
とにかく、アロマ全身ケアが秀逸!最高!!ブラボー!!!で。
もしまたソウルに来ることがあれば、必ず予約を入れるワ。と、固く決意する次第なニョ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-11-19 10:02 | 父とソウル
【ソウル歴史散歩】 朝鮮時代の古宮や世界遺産をめぐる ソウル歴史散歩その3 【LOOK JTB】
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【二日目】 2016/11/7(月)
今日はツアーについていたオプション観光参るニョだ。
a0158724_222840.png

【ソウル歴史散歩】 スケジュール
09:30 ご宿泊ホテル出発
10:00 景福宮(入場/約50分) 王宮守門将交代式見学にもご案内
11:00 光化門広場(下車/約30分)
11:40 土俗村にて参鶏湯の昼食
12:50 西村散策(約60分)
カフェにて休憩(コーヒー1杯付き)
15:30 ≪世界遺産≫宗廟(入場/約60分)
17:00 ロッテ免税店(本店)入店(約50分)
18:00 明洞にてトッポッキの夕食(食べ放題90分)
20:00 ご宿泊ホテル到着

さぁ、実際はどうでしょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

15:30 ≪世界遺産≫宗廟(入場/約60分)
世界遺産の宗廟は、いつでも入れるわけじゃない。
きっちり時間が決められたガイドツアーのみ入場可能。
a0158724_011406.jpg

あんまり早く着きすぎて、門の前で待ちぼうけ。
エンドレスで流れてる紹介ビデオを眺めつつ、おとなしく待つのみなニョである。
a0158724_013662.jpg

ここは歴代の王様の位牌が納められてる場所。
a0158724_0143392.jpg

そっと静かに参るニョだ。

この見学が終わった辺りで、とうとう雨が降ってきた。
キャー!と、慌てて車に戻り、あとは明洞タウンへ向かうニョだ。

17:00 ロッテ免税店(本店)入店(約50分)
今回は、免税店にはあまり興味のないメンバー。
50分の予定だったけど、17:30にはもう終了。
夕食の店へ参るニョだ。

18:00 明洞にてトッポッキの夕食(食べ放題90分)
【トゥッキ】 ヌーンスクエア6階
トッポッキって、大きめのマカロニみたいな形のお餅を、炒めたり煮たりする料理。

トッポッキの食べ放題って、どんなお店かと思ったら、なんと、お鍋の店だった!
お餅や野菜や麺やあれこれ、具材が全部バイキング。
さらにはお鍋の味付けまでも、セルフでなさいとゆーニョだよ。
a0158724_02234.jpg

見るも食べるも初めての料理の、調理なんてムリーー!!
a0158724_0221264.jpg

どーすりゃいーの。天ぷらまでも鍋に入れるってマジですか。
なんだかんだ言いつつも、あれこれどんどん入れてって、案外ガンガンたべちゃった。
「もっと辛くてよかった」
と、文句は忘れぬ父上め。

しかーし!父娘で90分も食事の時間はいりませぬ。
だって、このあとエステだし。(てへぺろ)
エステの前にお風呂をすませて行ったがいいよ!と言われたし。
できればわたくし、ここを抜け、さっさとホテルへ帰りたい。

幸いなことに、この店は、宿泊ホテルのすぐ近く。
てくてく歩いて帰れるニョ。

ではでは、ここで、お先にホホホ。
20:00 ご宿泊ホテル到着
19:00 現地解散
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-11-16 06:00 | 父とソウル
【ソウル歴史散歩】 朝鮮時代の古宮や世界遺産をめぐる ソウル歴史散歩その2 【LOOK JTB】
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【二日目】 2016/11/7(月)
今日はツアーについていたオプション観光参るニョだ。
a0158724_222840.png

【ソウル歴史散歩】 スケジュール
09:30 ご宿泊ホテル出発
10:00 景福宮(入場/約50分) 王宮守門将交代式見学にもご案内
11:00 光化門広場(下車/約30分)
11:40 土俗村にて参鶏湯の昼食
12:50 西村散策(約60分)
カフェにて休憩(コーヒー1杯付き)
15:30 ≪世界遺産≫宗廟(入場/約60分)
17:00 ロッテ免税店(本店)入店(約50分)
18:00 明洞にてトッポッキの夕食(食べ放題90分)
20:00 ご宿泊ホテル到着

さぁ、実際はどうでしょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

11:40 土俗村にて参鶏湯の昼食

参鶏湯(サムゲタン)の有名店、【土俗村(トソッチョン)】で昼食ニョ。
a0158724_17103970.jpg

すごくやわかい鶏肉が、丸ごと入ったスープなニョ。
若鶏の腹に餅米や、高麗人参、なつめ、栗、あれこれぎゅーぎゅー詰めまして、コトコト煮込んであるニョだよ。
箸をいれるとホロホロと、鶏肉剥がれるやわらかさ。
小骨が多いのが難だけど、するりと離れて食べやすい。
a0158724_17112986.jpg

トロトロスープにキムチを入れて、塩と胡椒を振りかける。
韓国ゴハンは、食卓で味付けするのが常かしら。


12:50 西村散策(約60分)
通仁市場(トンインシジャン)
西村にある市場なニョ。
アーケードに覆われた昔懐かしい通りなニョ。
a0158724_17114288.jpg

わたしは、こーゆー市場がね、すごく大好き!なんだなぁ。
a0158724_17122429.jpg

買い物したくてワクワクニョ。
a0158724_17123853.jpg

お菓子は日本のと似てるよね?
a0158724_171310100.jpg

お惣菜もおいしそう。
a0158724_17132553.jpg

トッポッキの店も大繁盛。
通仁市場にあるのがね、トッポッキ発祥の店だって!
a0158724_17133728.jpg

市場の中は昔イメージ。
チリチリパーマのおばちゃんが、威勢よく商売してるけど。
通りの外は、オシャレ的カフェやショップが並ぶニョだ。

14:00 カフェにて休憩(コーヒー1杯付き)
a0158724_171347100.jpg

ここで、コーヒーをいただいて、少々休憩いたしたら、

15:30からの宗廟の見学ツアーに合わせてね、
15:00までは、自由行動。

しーかし、こーんな辺鄙なとこで、いったい何して待ってろと。
残念ながら、オシャレな店も、あちこち点在してるよう。

ここで闇雲に歩かせて、弱らせたなら、たいへんニョ!
街角くつろぐじいさんやばあさんたちの東屋に、ちょこんと父も座らせて
a0158724_17143323.jpg

わたしはヒトリ駆け足で、写真を撮りに行ってきた。
a0158724_17144816.jpg

風情ある古い町並みが、なかなかすてきな町ブラリ。


市場で買ったお餅はね、中にアンコが入ってて、たいへんおいしゅうございました。
3こで1パック1000Wニョ。
a0158724_2056027.jpg

[PR]
by tsurukame_ko | 2016-11-15 06:00 | 父とソウル
【ソウル歴史散歩】 朝鮮時代の古宮や世界遺産をめぐる ソウル歴史散歩その1 【LOOK JTB】
【父と娘の、ソウル旅 2016】
2016/11/6(日)~1/9(水)


【二日目】 2016/11/7(月)
今日はツアーについていたオプション観光参るニョだ。
a0158724_222840.png

【ソウル歴史散歩】 スケジュール
09:30 ご宿泊ホテル出発
10:00 景福宮(入場/約50分) 王宮守門将交代式見学にもご案内
11:00 光化門広場(下車/約30分)
11:40 土俗村にて参鶏湯の昼食
12:50 西村散策(約60分)
カフェにて休憩(コーヒー1杯付き)
15:30 ≪世界遺産≫宗廟(入場/約60分)
17:00 ロッテ免税店(本店)入店(約50分)
18:00 明洞にてトッポッキの夕食(食べ放題90分)
20:00 ご宿泊ホテル到着

さぁ、実際はどうでしょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

まずは、ホテルで朝食をいただいてから参るニョだ。
無料朝食は一回限り。ふつうなビッッフェでござったニョ。
これを現地で頼んだら、一人1,650円。なんともビミョーな額なニョだ。
a0158724_23101598.jpg

09:30 ご宿泊ホテル出発
今回のツアーは2組4人。
7人乗りのワゴン車で、こじんまりとまわるニョだ。
てっきり大型バスに乗る旗振りツアーと思ってた。
これは、うれしい誤算なニョ。

10:00 景福宮(入場/約50分) 王宮守門将交代式見学にもご案内
日本語の説明アナウンス有
a0158724_004560.jpg

王宮守門将交代式は、太鼓がドンドン鳴り響く。
鮮やかな衣装の兵隊さんが、旗を掲げて行進ニョ。
みーんな見事な髭男。
鮮やかな色の衣装とね、黒のブーツがお似合いニョ。


ガイドさんの説明が、興味深くて面白い。
a0158724_001027.jpg

わたし、こーゆー歴史的建物が、すごく好きなニョだ。

残念なのは、車椅子が通れる通路ができていないところ。
車椅子は借用できたが、使えないなら意味がない。
a0158724_01889.jpg

宮殿を守る彫像たち。
a0158724_0117100.jpg

日本の神社みたいな建物、共通点が多いニョだ。
a0158724_2358488.jpg

a0158724_923493.jpg
光化門広場の横にある政府ソウル庁舎前では、
デモ隊揃って気炎を上げてる。
朴大統領、危うし。

昼間も夜も、あちこちでデモ隊行進見かけたニョ。


11:00 光化門広場(下車/約30分)
道路中央を区切ってつくった銅像のための広場なニョ。
a0158724_9231462.jpg

a0158724_9232215.jpg


秀吉の出兵を食い止めた朝鮮水軍の将軍が国家的英雄に奉られてるニョだ。
秀吉、そんなに脅威だった?

写真を撮ったら、用事はすんだ。
お昼ごはんへGO!なニョだ。
[PR]
by tsurukame_ko | 2016-11-14 06:00 | 父とソウル