人気ブログランキング |
【50代主婦が姉妹でパリへ】月曜祭日夕方の「エッフェル塔」。待ち時間が、半端ない。
2019年6月10日(月)5日目③ 観光バスから降ろされて、エッフェル塔を目指すニョだ

OPEN TOUR PARIS

思っていたより一つ前の停留所で降ろされちゃったけど、
川沿いの道をてくてく歩いて、エッフェル塔を目指すニョだ。
a0158724_08535645.jpg

「せっかくだから」と、エッフェル塔をバックに写真を撮っちゃうニョ。
a0158724_08465864.jpg

ビルの谷間から覗くタワー。なんか新鮮な眺めだワ。
絵葉書なんかじゃ見られない、こーゆー景色をこの目で見る!ニョが旅の醍醐味なのだ!と思う。
a0158724_09432265.jpg

たとえ汗だくで、バテてもな!

今日はバスでめぐるから、と、底のうっすいバレエシューズで油断していたわたくしが
てくてくてくてく川沿いの道を歩いて来ましたよ。
a0158724_08533607.jpg


ただ今すっごい快晴で、じりじり日が照り、暑いニョだ。
朝は寒くてコートを着込みブルブル震えていたけれど。
パリの季節は、一日の中で、くるくるかわるニョだ。
エッフェル塔に上るのは、21さいの時以来。
「すっごい並んだ。時間かかった」とゆー姉子からの情報で、
ネットでチケットゲットして、準備万端!来たつもり。
a0158724_09500179.jpg


だけど、それって甘かった。

たしかにチケットの行列は、見事に回避できたけど、
チケットゲートを抜けてなお、つづく行列果てしない。
a0158724_09503640.jpg


もしもチケットがなかったら、諦めることもできたけど、
一枚25.5€(≒3200円)のチケットをドブに捨てるなどできないワ!

執念でじっと2時間ばかり、並び続けているうちに、並べる民の精神は、どんどん同化していくニョ。
「早くコイ来いエレベーター。早くこい来い順番が。」
やっと乗り込んだエレベーターがぐーんと上昇するときに、
民の心は一つになって、思わず拍手が起きたわよ。

全員の「やったー!やっと乗れたどー!」的な、逸るココロをぎゅうぎゅう乗せて、
ぐんぐん昇るエレベーター!
地上がどんどん遠くなり、鉄骨の間をすり抜けて、超特急で昇るニョだ。
アトラクション的に楽しくて、
長いなーがい待ち時間のことなど、すっかり忘れたワ。
a0158724_09505858.jpg

上から眺めるパリの街。
a0158724_09511861.jpg

放射線状に広がって、きちんと整備されている。
まぁるい缶に入ってるクッキー詰合せみたいだワ。
a0158724_09513489.jpg


二時間並んで、展望台にいたのは5分くらいかな。

だって、バスの最終便にギリギリ間に合いそうだった!
もう諦めて別の手段で帰ろうと思っていたけれど、
そこはおばちゃんケチ根性。
走って間に合う荒業ニョ。

ふー間に合った!と安堵して、振り返って撮った写真パチリ。
a0158724_08534626.jpg

優雅なバス旅のはずだったのに、結局、いつものパターンで、
息を切らせるわたくしニョ。

優雅な旅は遠いよなぁ。

今日の夕飯は、部屋食で。
パリにいるのに、ロンドン発祥「PRET」の店で持帰り。
a0158724_09515129.jpg

あしたはもう帰る日だし。
荷物も詰めなきゃならないし。

いつも忙しく走るわたし。
ここらで全部見直して、改めたいと思うニョだ。
# by tsurukame_ko | 2019-08-14 23:10 | 姉子とパリ2019.6月
【OPEN TOUR PARIS】二階建てバスで、めぐるパリ。ラクチンで楽しいバスツアー。【50代主婦が姉妹でパリ旅】
2019年6月10日(月)5日目② ラクチン観光バスに乗る
OPEN TOUR PARIS

毎日歩き回っては、くたびれ果ててるおれだけど、
今日は、一日バスに乗る。
ずっとイイナと憧れていた「二階建てバス」で観光だー!

チケットオフィスで券を買う。
一日券は34€(≒4250円)
a0158724_22193854.jpg

決してお安くはないけれど、日本語ガイドもついてるし、観光気分が盛り上がる。
a0158724_22194586.jpg

知らない街をガイド付きで、眺める旅はすごく楽しい。
a0158724_22195876.jpg

一番前を陣取って、かなり機嫌のよいわたし。
a0158724_22201274.jpg

パリ市内をぐるぐると巡回しているバスなので、
すきなストップで乗り込んで、「ココだ!」と思ったら降りてよし。
a0158724_22205609.jpg

ひとがウジャウジャのピラミッド。
知ってる場所を、上から目線で(←だって二階席だから)見下ろしちゃうのも面白い。
a0158724_22210426.jpg

わたしの移動は、メトロが基本で、窓の外は真っ暗ニョ。
バスなら素敵な景色が見えるし、写真だって撮り放題。
a0158724_22214492.jpg

ちょっぴりキケンな地区だって、バスに乗ってればこわくない。
a0158724_22215696.jpg

この辺ステキと思ったら、降りて歩いてよいのだし、
座ったままで観光なんて!ラクチンすぎるぜブラボーだ!
a0158724_22221266.jpg

パリの街は、とてもステキ素敵。
特別な観光地でなくても、街行く人を見ているだけで、ワクワクしちゃう楽しさよ。
a0158724_22222082.jpg

いつも旅行先ではさー、てくてく歩いていたけれど、
ねぇ、ドライブって楽しいね?
a0158724_22225487.jpg

バスは10~20分おきに走っていて、
始発は9:30。
最終便は18:30くらい。停留所によって、最終バスの時刻がちがうので要注意。
a0158724_22231767.jpg

のんびり座って観光できて、とても満足!なバスツアー。


しかーし!ここでもハプニング。
ほんとは、このままバスに乗りエッフェル塔まで行くはずが、途中で降ろされちゃったニョだ!
突然イヤホンガイドから「予期せぬトラブルが発生しました」的なアナウンスが流れてビックリ。
運転手のおにーちゃんが、二階席までやってきて、
「道が封鎖されてて、ルートを変更します。エッフェル塔へ行く人は、ここで降りてください」
と、手前で降ろされちゃったニョだ!(←英語で説明してくれた)
エッフェル塔は見えていたので、てくてく歩いて行ったけど。

やっぱりどんなときでも地図は、持ち歩くべきだと思います。

# by tsurukame_ko | 2019-08-08 23:03 | 姉子とパリ2019.6月
【50代主婦が姉妹でパリへ】連日の強行軍を反省し、今朝はゆったり朝食を。パリのプチホテルの朝食模様
2019年6月10日(月)5日目① ホテルでゆったり朝食を
ホテルの朝食

これまで毎日、部屋食やお外のカフェへ出かけてた
朝食ですが、本日は、ホテルの朝食会場へ。

宿は素泊まりで予約したけど、12€(≒1500円)払えば食べられる。
コールドビッフェの値段にしてはお高いわぁと思うけど、ここはアジアンリゾートではなく、パリのオペラ座界隈ニョ。
まっとうな値段と思うべき。
a0158724_18323711.jpg

ゆで卵だとか、ハムやチーズは、結構な種類が揃っているし、
a0158724_18322353.jpg

フルーツ類やヨーグルトも、案外あれこれ選べるニョ。
a0158724_18324681.jpg

くるくる巻かれたハム類も、しょっぱうまくてフランス風。
アメリカン的なコーヒーが、わたくし、にんまりうれしいニョ。(←濃いコーヒーは苦手)

小ぶりのクロワッサンやリンゴパイも、てんこ盛りに積み上げられて、
朝からワクワクする感じ。
a0158724_18330221.jpg

プチホテルの朝食会場は、ロビーの奥のスペースで、正直そんなに広くはないけど、
居心地のよいソファー席。
a0158724_18475774.jpg

姉子がたいへんゴキゲンなニョで、これもアリだと思う朝。
a0158724_18331159.jpg




# by tsurukame_ko | 2019-08-07 19:02 | 姉子とパリ2019.6月
【オランジェリー美術館】くたびれ果ててしまうほど、予定を詰め込みすぎたかなぁ。【50代主婦が姉妹でパリへ】
2019年6月9日(日)4日目⑦ ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり2日目

【モンマルトル】→【凱旋門】→【コンコルド広場】→【オランジェリー美術館】

オランジェリー美術館

ミュージアムパスを使いたくって、【オランジェリー美術館】。
部屋の壁いっぱい一面を、ぐるりと囲む水連は、素敵で、たいへんうつくしい。
a0158724_00002491.jpg

ここに来たのは3回目。とても素敵な美術館。
「20年前にもママと来たのよ。ママがこの水連を、そらもう、とっても気に入って」
と、自慢話をしたいニョに、
立っているのが辛くって、せっかくの情景もたのしめぬ。
a0158724_00003438.jpg

疲れ果てていたニョだと、今なら思い当たるけど。

だって、美術館ってさぁ、
「立って鑑賞」が基本だからね、ずーっと立ちっぱなしなの。


今日は、朝から歩きっぱなし。
モンマルトルの坂道を歩き、
「モンマルトル美術館」では、広い庭をぐるぐる回った。
凱旋門ではトイレ大行列。立ちっぱなしでじっと待ち、
屋上に上ってキャーキャー写真を撮ってる間も、立ちっぱニョ。

オランジェリー美術館のセルフカフェで、やっとこ座ったんだけど、気持ちがぜんぜんくつろげない。
わたしの好みの食べ物はないし、もっと素敵なカフェ希望。
わたしの隣に、赤ん坊連れのおとーさんがやってきて、自分自身は立ったまま、子どもの世話を焼いている。
たいへん居心地わるい。わるい。


美術館をふらふら出たら、外は灼熱の太陽が
容赦なくじりりと焼き付ける。
a0158724_00030011.jpg

このあとラデュレでお茶しよう!と、わたくしココロに決めていたので
(▼2012年からの悲願)

せっせと歩くあるく歩く。
a0158724_00031760.jpg

やったー!着いた!と思ったら、
a0158724_22434519.jpg

入り口で断られちゃったニョ。
a0158724_22475129.jpg

お店の中は暗くって、奥の様子はわからない。
「17時になったらあくから、その時間にきてくださいね」
的に言われたと思ったけれど、
ほんとうのところはわからない。
そこで聞き返す元気もなくて、わたくし、すごすご退いちゃった。

時間に合わせていけばいっかー、もうちょっと外をうろついて、フォションでも見てから戻ろうか。
と、歩きだしたらもう最後。
フォションはシャッター降りてるし、マドレーヌ寺院は修復中。
すっかりココロが折れちゃった。
とてもじゃないけど戻れない。もう歩きたくないんだもん。。。
a0158724_00033153.png

たとえ戻ってみたとこで、入れる保証はないのだし。
「17時まであと10分だったんだから、ここで待たせてって言えばよかったのにー」
と姉子がわたしを責めるけど、それがわたしにはできなかった。
「いやーん、できない、わかんないー。けいちゃん、交渉かわってぇ~」
と、お願いすればよかったなぁ。
a0158724_22593593.jpg

とゆーことで、今回も、夢見たラデュレはおあずけニョ。
わたしのリスニング能力が、足りぬばかりに臍を噛む。

夕飯は、再び昨日のカフェへ。
セットメニューのラムを頼んだら品切れで、アラカルトのステーキをセットの値段にしてくれた。
わたしの肉にはポテトが山盛り。
姉子のサーモングリルには、インゲン山盛り。
なんともフランス的だよなぁ。と、仲良く二人で半分こ。
a0158724_00033912.jpg

今日は、メイン料理+デザートのセットで頼んでみたけれど、
クリームブリュレがでかすぎて、しかもたいへん大味で。
こんなことなら、一人は前菜+メインのセットにして、(きのう食べておいしかった)エスカルゴを頼めばよかった!
デザートは一つにするべきだった!と反省会。
a0158724_00035018.jpg


# by tsurukame_ko | 2019-07-30 23:14 | 姉子とパリ2019.6月
駆け足でめぐるパリの街。あれこれ詰め込みすぎたよなぁ。今頃しみじみ反省を。
2019年6月9日(日)4日目⑥ ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり2日目

【モンマルトル】→【凱旋門】

凱旋門

凱旋門にやってきた!
ミュージーアムパスを使うニョだ。
a0158724_22295119.jpg

地下道から続く入り口に、チケット待ちの行列が。
パスを持ってるわたくしたちは、行列パスして進むニョだ。
a0158724_22301983.jpg

凱旋門の真下から、見上げてみたら、こんな感じ。
a0158724_22303674.jpg

結構、細かな装飾が、裏っ側にも付いてるニョ。
a0158724_22305404.jpg

ぐるぐる螺旋階段を上った先は、こんなフロア。
a0158724_22313133.jpg

トイレがまさかの大渋滞で、ずーっとじーっと待っていた。
a0158724_22314881.jpg

見るべきものは売店かしら?
結構かわいい公式グッズが揃っていた気がするけどなぁ。
a0158724_22270866.jpg

とにかく、屋上へ行きましょう。
a0158724_22423511.jpg

微妙な高さで面白い。
a0158724_22425125.jpg

放射線状に通る道が、ほんとにすーっと伸びている。
a0158724_22444999.jpg

ひとも、車も、レゴみたい。
a0158724_22445904.jpg

ほらほら、あっちはエッフェル塔!
左に見えるのは、モンパルナスタワー?
a0158724_22450931.jpg

重たい雲が降りてきて、
a0158724_22452468.jpg

ひと雨来そうな気配だワ。
a0158724_22453834.jpg

「あー、うん。見たミタ。もーいいワ」
的な感想で、すみませぬ。

あれこれ詰め込みすぎてねぇ、さっぱり記憶が残ってない。
ふだんのわたしは旅行中に、あれこれメモってるんだけど。
当時のメモがぜんぜんなくて、なんにも思い出せないニョ。

# by tsurukame_ko | 2019-07-25 00:40 | 姉子とパリ2019.6月