人気ブログランキング |
【タイ旅行記】「ダムヌン・サドゥアク水上マーケット」ツアーのエンジンボートが爽快ニョ。【ウェンディツアー】
高齢者連れのタイ旅行(父上キング79)【2017.7月】
2017/7/10(月)【二日目】

【ダムヌン・サドゥアク水上マーケット】(ウェンディツアー)
a0158724_23494622.png

わたしが、すごーく楽しみにしていた【水上マーケット】。
個人で行くのは大変なニョで、ツアー利用が吉なニョだ。

しかーし!申し込む前に、ここではキッチリ要検討。
同じ【水上マーケット行き】で、価格も同じくらいでも、
ツアーによって、ちょっとずつその内容がちがうニョだ。
指定の場所に集合なのか、ホテルまで送迎付きなのか、
水上マーケットの中心地まで、
エンジンボートに乗っていくのか、それともバスで向かうのか、
それから、手漕ぎボート乗船が、ツアーに含まれてるかどうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ウェンディツアーに決めたのは、わたしたちにとって条件が、一番よかったからなニョだ。
①ホテルまで迎えに来てくれること
年寄りを連れて、早朝に集合場所まで行くのは辛い。
ぜひとも迎えに来てほしい。

②手漕ぎボート乗船つきであること
ほかのツアーでは「手漕ぎボート」が、予定に含まれていなかった。
「オプションで手漕ぎボートに乗船も可能」とか、
「ご希望の場合は、現地で別途お支払いで乗船可能」とか、
つまりは、乗りたきゃ、自由時間に勝手に乗れや。とゆーことね。
いやいや、わたしはぜひともね、手漕ぎボートに乗りたいニョ!
あらかじめ予定に組み込まれてるセットで行くニョが吉!なニョだ。

③「エンジンボート」に乗れること
「スピードボート」、「ロングテールボート」、ツアーによって呼び方は、それぞれちがうようだけど、つまりはエンジン付きボート。
たいていのツアーには、ついていた。
だけど、中にはボートは乗らないツアーもあるのでご用心。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【ウェンディツアーのスケジュール】
06:30     ホテルにお迎え
08:20~08:40 ココナッツファーム
09:00~09:20 エンジンボートにて水上マーケットへ
09:30~10:30 ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
09:45~ 手漕ぎボート乗船体験付き(約15分)
12:30~13:00 インターコンチネンタルホテル前 解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6:30 ホテルロビーにお迎え
時間ぴったりにホテルのロビーに、日本語ガイドが来てくれた。
口コミ情報を見ていると、「ウェンディツアーは送迎に難あり」と、あちこちに書いてあったけど、
わたしたちのガイドさんは、時間ぴったりバッチリで、なんにも心配ナシでした。


6:50 次のホテルにお迎え
今回のツアーは、2組だけ。
大きなバスには乗り換えず、このままバンで、向かうニョだ。
a0158724_22083493.jpg

パラパラ雨が降ってきたけど、案外すぐにやむ感じ。
傘を持っては来たけれど、結局使わずにすんだニョだ。

8:00 【ココナッツファーム】
トイレ休憩と、お土産物屋。
大きな観光バスもたくさん!お客を乗せて、わんさか来てる。
アジア系よりヨーロッパからの観光客が多いよう。
a0158724_22100420.jpg

ツアーガイドが実演してくれるココナッツについての説明が、思った以上に興味深い。
とても流暢な日本語で、お話上手なガイドさんにあたってラッキー!うれしーニョ。
a0158724_22210862.jpg

パームシュガーを気に入った父上キングが、お買上げ。
沖縄で黒糖を買うように、タイではパームシュガーをね!
a0158724_22135465.jpg

それから、いよいよマーケットへ!向かう
9:00 【エンジンボートの船着場】
マーケットまでは水路ではなく、バスでも行けるそうだけど、
ここは、ぜったいエンジンボートで水路を行くのが楽しーニョ!
「インディジョーンズ」みたいにね、川をどんどこ進むニョだ。
a0158724_22541511.jpg

お船の縁は、水面スレスレ。
a0158724_22573045.jpg

ふふふ、リアルなジャングルを突っ切り、飛ばすぞ!飛ばすニョだ。
a0158724_23192872.jpg

風がビュンビュン吹き荒れて、結構な飛沫が跳ね上がる。
涼しい!楽しい!面白い!!
ジェットコースターみたいにエキサイティング!
a0158724_23370379.jpg

川辺に建ってるふつうのおうち。
a0158724_23493530.jpg

金ぴかぴかの仏様。
a0158724_23502483.jpg

高床式のおうちとか。
見るものすべてが、興味深い。

実際に水路は、日々の暮らしに欠かせぬ存在なニョだなぁ。
a0158724_23510980.jpg

両岸にお店が見えてきて、さぁ、マーケットに到着ニョ。
a0158724_23515472.jpg



▼ランキングに参加しています。ポチっと押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
 にほんブログ村

by tsurukame_ko | 2017-07-23 06:00 | 父とタイ 2017.7月 | Comments(0)
<< 【タイ旅行記】「ダムヌン・サ... 【タイ旅行記】 壊れたカメラを... >>