高校生の母仕事。いよいよ近づく最後の日。
「いってらっしゃい。気をつけて」見送る朝も、もう最後。


#わたしおかあさんだけど、
なんにもできなかったなぁ。
わたしが彼に仕込めたことは、「洗った食器を拭く」ことくらい。
2さいのかわいーあの子がね、せっせと拭いてくれたっけ▼。

そうだね。2さいのあの頃に、アレコレ仕込むべきだった。
いっしょにすわって勉強ごっこするべきだった。よよよよよ
それから、部屋の片付けも、キッチリさせるべきだった。

今、振り返れば、あれこれと反省すべきことばかり。
未熟な母ですみません。と、正座でお詫びするところ。

後からだったら、何とでも言える。

今のドロドロのこーんな気持ちも、
いつか笑える日がくるニョ?
[PR]
by tsurukame_ko | 2018-02-09 11:33 | 高校生
<< 18の春は、どう転んでも、出て... 受験生の母仕事なう。じっと待っ... >>