【素敵マダムへの道】 特別な日のためだけではなくて、何もない日も丁寧に。
えーと、最近、わたくしは、自分レベルを上げたいニョ。
おっさんずラブの蝶子さん役の大塚寧々が、気になるニョ。
あんな感じのきれいな大人の女のひとになりたいなー。

今まで、平日、てきとーだった化粧をちゃんと塗ってみる。
足の先まで、保湿クリームをぺたぺたすり込んだりするニョ。
剥がれ落ちてたマニキュアも、こまめに気付いて塗り直し、
ガビガビだったマスカラは捨てて、新しく買ったニョだ。
箱に仕舞ったままだった華奢なヒールの靴を履き、
ええ、これからは、素敵なマダムでいくぜと誓う50さい。

ヨーロッパの街角も、アジアリゾートの海辺でも、京都の街でも、怖気つかずに、すんなりそこに溶け込みたい。
たとえばフレンチレストラン、素敵なホテルのラウンジも、胸を張って堂々とくつろぐわたしでいたいニョだ。
それには、やっぱり「お洒落」が大事と、しみじみ思うブスなおれ。
顔のつくりは変えられなくても、素敵マダム的な雰囲気を身につけたいと切に願う。
これからは、もー美人になったつもりで背筋を伸ばすニョだ。

おうちにいても、会社でも、その辺に買出し行くときも、
手抜きはせずにキチンキチンと整え、装うことにする。

a0158724_23161305.jpg

「ほんとかいな」とあきれるハリー。
三日坊主にならないように、ここで宣言しておくニョ。

どらねこハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

▼ランキングボタンを増やしてみた。こっちも押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

かめろく出てって腑抜けてる、わたしを応援してほしい。

[PR]
by tsurukame_ko | 2018-06-13 23:56 | 本日のおしゃれ
<< 【素敵マダムへの道】 お洒落な... えー、最近は、こんな感じで、グ... >>