カテゴリ:母とパリ 2012.6月( 50 )
【覚書】 パリですごしたスケジュール つづきのつづき
【スケジュール】(つづきのつづき)
こんなところを巡ったよ。と、忘れないうちに書いておく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

8/20(水)
お昼ごはんをいただいて、元気回復しましたよ。
ひとまず荷物を山盛り担いで、ホテルへ戻り、やれやれと。
えーと、この頃が午後2時だ。

ここからは、母と別行動。
わたしはちょいと足を延ばして、オペラ座周辺を巡りたい。
母は外を歩きまわるより、ラファイエットが気になるらしい。
だったら夕方5時にねぇ、ラファイエットで待ち合わせ。
3時間弱の自由な時間。
さーてと、街へ繰り出すぜ!


ラ・ペ通りをずんずん下り、ヴァンドーム広場を突っ切って、サントノレ通りへ参ります。

a0158724_0522588.jpgさすが、「リッツ」の前ではね、
すてきなマダーム、発見す。

a0158724_05575.jpgサントノレ通りを、てくてく歩き、
しばーしわたしもマダムな気分。

a0158724_0573027.jpgだけど、わたしの目的地は、
「エルベ・シャプリエ」なのですよ。
20年前からファンなのだ。
かるーいナイロンバッグはね、ママバッグとしても大活躍で、ずーっと愛用しているの。

20年前は、えーと確か
サン・ジェルマン・デ・プレのお店へ行ったかなぁ。
日本では見なかった素敵な色が揃ってて、
うわぁ~って、うれしかったのだ。
せっかくパリに来たんですもの。
だから、今回もぜったいに、お店を訪れたかったの。

あれこれ見せていただいて、さんざん迷って選んだの。
たいへんお世話になりました。
お店の中の写真撮影も、快く許していただけた。


a0158724_1163530.jpg◆ラデュレ LADUREE

15年前は、ここで母とお茶をしたのだ、
懐かしい。

だけど、今日は一人なので、
さすがにカフェは敷居が高い。

a0158724_1191553.jpgおやつに、マカロンを買いましょう。
ホテルでママとたべるんだー。

ケーキも買えばよかったなぁ。
と、今ごろ後悔するワタシ。



中途はんぱですが、時間切れ。
明日もきっと!つづきをね。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。
d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村


転勤用のお荷物整理も、てんこ盛りで放置だし、
パリから帰って、家の片付けも正直手抜きでひっどいし、
ほんとは髪も切りに行きたいし、夏のスーツも必要だ。それからパンプスも買わなくちゃ。
紫陽花が今週最後だよ、とカメラ片手に誘う夫。
子どもの制服の夏のズボンを追加で頼みに行きたいし、
更衣室から持ちかえったスーツはクリーニングへ持ち込むこと。

こうして写真を見ていると、あの一週間は夢のようで。
特に、自由にぐるぐる動いたこの日は楽しかったなぁ。
だけど、一人でお散歩は、たのしいけれど寂しかった。
ほんとはラデュレで買うだけじゃなくて、中でゆっくりお茶したかった。
でも一人でお茶なんて、こんなお店では、ワタシ無理。

わたしの場合「一人旅」より、だれかといっしょに歩きたい。
一人だと、さっさか先を急いで、確かに写真は撮れるけど。
だけど、こーんな女子的旅は、夫や子には不評かしら。
やっぱりパリは女同志で、キャーキャーはしゃいで行くべきかしら。

こういう通りを歩いてみると、ほんとに「花の都」だわぁ。
と、気持ち華やぐパリ、素敵。
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-30 01:47 | 母とパリ 2012.6月
【覚書】 パリですごしたスケジュール つづき
【スケジュール】(つづき)
こんなところを巡ったよ。と、忘れないうちに書いておく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

8/20(水)
朝食前に、カメラ散歩。
てくてく歩いて、パッサージュ巡り。
朝イチは、実は早すぎて、出直したことは、ヒミツなのだ。

a0158724_0173130.jpg
カメラだけ持って、てくてくと、
あるいて巡る散歩楽しーい!

◆パッサージュ・ショワズール
◆ギャルリー・ヴィヴィエンヌ
◆ギャルリー・コルベール
◆ギャルリー・ヴェロ・ドダ

◆パレ・ロワイヤル

◆ルーブルのピラミッド


a0158724_0243156.jpg
「世界ふれあい街歩き」を観て以来、
ぜひ訪れたいと夢見てたパッサージュを、
歩けて、感涙感激だ。

こんな写真しか撮れてないけど、
ほんとは、こんなもんじゃないのだ。

あの朝の静けさとか、
通勤で通る人たち、とか、
手をつないで歩くママとぼく、とか、
開店前のカフェの設え、とか
ガラスの天井を突き抜けて、
ぱーっと差しこむ朝日とか、

とても素敵な光景が
夢みたいに、美しかったのだ。

伝えられずに、もどかしい。泣


ホテルへ戻り、母と朝食。
それから、本日はお買物。


【メモ】
夫さまへは、感謝の印、素敵ネクタイをさがしましょう。
Tシャツは、ベタベタのお土産仕様!エッフェル塔とか「PARIS」とか、ばーん!とついてるやつがいい。
定番のキーホルダーも、忘れてはなりませんことよ。

かめろくからのリクエストは、お菓子いーっぱい!と、エッフェル塔。それから絵本と、お帽子を。
それから「ハリー・ポッター」グッズと、「ベン10」グッズを探して来いと指令が出てるぞ、さがさなきゃ。

母が気にする父へはね、とにかく帽子をさがすべし。
それから帽子にパチンとつけるピンバッチをぜひ、さがすべし。

姉からのリクエストは、えーと、クッキーとチョコレート。おいしいブツを見つくろいましょう。
それから、「エブリシャブリエ」のポーチ希望。と。(色はオレンジ指定)

会社用の配布菓子×40
会社女子用の配布おみやげ×20
だって、ここはどーしても!ぜったいはずせないんですもの。


◆ラファイエット
さすがのお土産物売り場が充実。
グルメ館のお菓子も、主だった品は揃っている。

◆プランタン
ラファイエットはオソロシイ程の行列&混雑だけど、なぜかお隣のこちらは余裕で、すいすい空いてる、あらふしぎ。

◆カフェ・ド・ラ・ペ
すてきな有名カフェでランチ。
母の足がちょうどこの辺でギブアップしたので、タイミングぴったり、飛び込んだ。
a0158724_0575734.jpg


えーと、本日は、ここで時間切れ。
つづきは、きっと、また明日。



▼ランキングに参加しています。
ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-29 01:05 | 母とパリ 2012.6月
【覚書】 パリで過ごしたスケジュール
【スケジュール】
こんなところを巡ったよ。と、忘れないうちに書いておく。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/16(土)
07:15 福岡発 (JAL)
09:00 成田着

11:10 成田発 (JAL405)
16:45 シャルル・ド・ゴール着 →ホテル

19:00 ホテル到着

近所のスーパーマーケット「モノプリ」へ、水とか飲み物の買出しへ。
てくてく歩いて5分くらい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/17(日)
朝から、とてもよいお天気。
a0158724_23381930.jpg「ピラミッド」駅(メトロ⑦)→「ボン・ヌフ」駅
ボン・ヌフをてくてく歩いて渡り、
川沿いをのんびり歩く。至福。
またこの道を歩けるなんて、夢みたいだー。
と、うれしかった。

◆ノートルダム寺院
日曜日の朝のミサ。
荘厳で、素敵。
響く讃美歌。煌めくステンドグラス。

塔のてっぺんへ登りたかったのだけど、
あまりの行列に断念。無念。


「シテ」(メトロ④)→「バルベス・ロシュシュアール」(メトロ②)→「アンヴェール」
◆サクレ・クール寺院
スタンケルク通りをぬけて、サクレ・クール寺院へ。
フェニキュレール(丘を登るケーブルカー)の乗り口手前で登ってしまい、階段を延々と登る羽目になっちゃった!ゴメンナサイ

a0158724_23435810.jpg

人がうじゃうじゃたくさんで、
とても賑わう午後ですよ。
芝生の上でも、ベンチでも、お構いなしに寝ころんで、思い思いにくつろぐ人等を、観察するのも楽しいわ。

a0158724_23562983.jpg
トラムに乗って、景色を楽しみ、
テアトル広場でお茶をする。

細い路地をあちこちまわり、
モンマルトル界隈でうろうろと。

お天気ぴかぴか、とても暑いし、
人がすごーく多いのだ。

だけど、この辺りは母的聖地で、
連れて来られてよかった!と。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/18(月)
「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」(マイバス)
€65.00→¥まだ不明。カード請求待ち

森に囲まれたフォンテーヌブロー城と、個人ではアクセスの難しいバルビゾン村を訪れます。
この村には、ミレーのアトリエや「晩鐘」に見られるようなのどかな田園風景が今も残っています。
。。。。。。マイバスのページより引用


a0158724_02026.jpg08:15 マイバス社集合
08:30 マイバス社出発
09:40 バルビゾン村到着

ガイドの方の案内で、村を散策。
希望者はミレーのアトリエ訪問
(入場料はツアー代金に含まれない)

10:10 バルビゾン村出発

ミレーのアトリエを訪問できて、母大喜び。
よかったわぁ。



ぴかぴかの素敵なお城を、超!駆け足で見学。
a0158724_065943.jpg10:30 フォンテーヌブロー城到着
ガイドの案内で見学開始
(約1時間、庭園自由見学約15分を含む)

11:45 集合、フォンテーヌブロー城を出発
13:00 マイバス社到着後解散


実際の解散は13:30ごろ。

運転手の方の仕事の都合とかで、
マイバス近くのルーブルで、
みーんな降ろされちゃったのだ。
ガイドの方の案内で、
最後は歩いてマイバスまで。

マイバス社のオフィスにある、「ドコモ案内センター」へ。
今回は、母が借りていた海外用の携帯がうまくつながらなかったので、接続の案内をお願いしたの。
さらに、「カードデスク」では、役立つ現地情報を教えていただけて、うれしいな。

a0158724_018329.jpg
「カードデスク」で教えてもらった
近所のカジュアルレストラン。

パリですが、なぜかイタリアン。
しろくまちゃんはくたびれてるけど、
とっても美味で大満足。


このあとは、結局オペラ通りの土産物屋を冷やかして、ラファイエットとプランタンをぐるぐるチェックで終了。と。
最後、モノプリで箱ビスケットや、会社用の配りお土産を。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/19(火)
「快適シートで行くモン・サン・ミッシェルとノルマンディーの小さな町1日観光(昼食・夕食付き)」(マイバス)
€175.00→¥まだ不明。カード請求待ち

a0158724_040335.jpg年に数回、大満潮時には海に浮かぶ小島として知られる世界遺産モンサンミッシェル。
約800年かかって完成した「西洋の驚異」と呼ばれる修道院を見学します。
また、フランスの北部 ノルマンディーのヴェニスと呼ばれる運河の町 ポン・トードメールを訪れます。
古い木組みの家々が並ぶかわいらしい町を散策、地元のレストランでノルマンディーの田舎料理をご賞味下さい。
。。。。。「マイバスのページより引用」


08:00  マイバス社出発
サービスエリアでトイレ休憩 (約15分)
12:45  モンサンミッシェル到着
レストランにて昼食
ガイドと共に修道院見学開始 (約1時間)
自由時間 (約45分)
16:00  モンサンミッシェル出発
18:20  ポン・トードメール着 
自由散策と夕食
19:45  ポン・トードメール出発
22:00  マイバス社到着後解散


ドライブは楽しかったし、ツアーの人たちといっしょの食事もオシャベリできて楽しかった!
だけど、とにかく忙しくて!
怒涛のような見学が。
走って写真を撮って、走って説明聞いて、写真撮って走って、階段登って、説明聞いてシャッター押して、ハアハアハア。
もっとゆっくり自由にのんびり歩いてまわりたかったけど。日帰りならば、きっとこれが限界なのだ、そうなのだ。
          


途中ですが、時間切れ。
とりあえず、本日のレポートはここまで。
つづきは、きっと、また明日。


▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-28 00:55 | 母とパリ 2012.6月
【旅のあと】 あっという間に日常に流されていく日々ですよ
a0158724_23535384.jpg

7日間のパリ行きなんて、あっというまに終わっちゃう。
夢のなかみたいに過ごした日々は、すごーく楽しかったのだ。

母と二人で旅行なんて、15年ブリくらいだし、
パリを訪れるのだってねぇ、同じく15年ぶりくらい。
だけど、案外、覚えてるんだ。てくてく歩く、街めぐり。

それにしても、わたくしの撮った写真のへたくそなこと
目の前が暗くなるほどよ。
あの目に焼きついた光景が、映像化できないのがクヤシーわ!
「撮りたいように写真を撮る」って、なんてむずかしーの!たいへんなの!!
ここはすてきなパリなのに!どこを撮っても絵になるのに!!
と、己の腕に泣きまくり。
あー、もー、どうせ、こんなんだったら、ミラーレスは諦めて、「ちょっといい」コンデジを買ったほうがいいのかしら泣。

って、必要なのは、日々修行。
次に旅する時までに、きっと上達してやるわ!
と、決意を新たにするワタシ。

えーと、それから語学もね。
せめて、もうすこし上達したい。
と、あれこれ書きたい覚書。

しかーし!攻めよる日常が!
ばーん!と立ちはだかるのだよ。




旅行から帰ったとたんに熱を出し、
週末はぐったり寝て過ごし、(←夫よ、ごめんなさい)
月曜にようよう出勤したら、異動の発表、はい転勤
そのまま当日飲み会で、
引継ぎの嵐な日々ですの。

今回の異動には、そろそろ引っ掛かるころだから、発表前に行っときましょうと、旅行の予定を入れていたのだ。
まんまとビンゴだ。思惑通り。これでいいのだ。うんうん。と、もちろん思っているけれど。
わたしの働く職場では、「転勤」とゆーのは、日常で、だれでも必ず動くのだ。何度も動いてきてるのだ。
だけど、やっぱり
転勤は、何度繰り返したって、ドキドキで。
今週中はうろうろと落ち着かない日々を過ごしてる。



とゆーことで、しばらくは、リアルな暮らし優先で。
ぜんぜん更新できてないし、みなさんのお宅へも遊びに伺いもできてないのに、気にかけてくださってありがとう。

パリはとても素敵だったし、
母も動けて安心したし。
今回の母娘旅は、わたくし的には大成功。

お留守番して助けてくれた夫と子どもに大感謝。
あ、やっぱりお留守番の父上さまと、けいちゃんも、ほんと、ありがとね。


そして、次の旅へ向けて、やっぱりワタクシ働くわ。
またぜったい行くわ。ヨーロッパ。
いつかは、暮らしてみたいなぁ。と、小娘みたいに夢を見る。
そのためには、やっぱりガツンとね!稼がねばならぬわけですよ。
とゆーことで、ワタクシはたらく日々よ。
そんで、せっせとお金を貯めて、来年は家族で行くんだもん!

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-27 00:28 | 母とパリ 2012.6月
【旅の支度】 いつも直前にアタフタと気忙しく動くのはもうやめたい
もう、やめたい。
というのはつまり、今回もじたばたあたふたと。
ろくに準備もできないうちに、この日を迎えたとゆーことだ。

どーして、こうも進歩しないのか。
来年の今日もこうなのか。
ちょっとそこに座んなさい。と、自分に説教する気持ち。

まー、もう今更反省しても、遅いのだ。ったら、おそいのだ。
次の旅へ向けた準備をね、今すぐさぁすぐ始めるのだ。
そんなことを言ってたら、
毎日準備ばっかりで、
本番っていつよ?と、思うけど。

いつだって、「今」が「本番」で、舞台の幕は開いている。
わたしの人生は、わたしが主役で切り拓いて行くのも自分なのだ。



久しぶりのパリ旅行。
今回は、母のお供なの。
どうか楽しい母子旅をコーディネートできますように。
わたしがぶちきれませんように。
ふんわりゆったりなごやかに。と、呪文唱えて参ります。

快く送り出してくれる、夫と子どもに大感謝。
ほんと、ありがとね。ありがとう。
感謝しつつ、行ってきます。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-15 23:05 | 母とパリ 2012.6月
【旅の支度】 パリですごす7日間のスケジュール(仮)
来週末には出発なのに、今ごろ焦ってどうするよ。
と、我ながら、しみじみ思うけど、案外よくあるパターンだ。
まずは、ざっと簡単に、全体の予定を考える。

「マイバス」ツアーを予約した。
楽チン観光も、なくっちゃね。
ロンドンで行った「マイバス」ツアーが、とっても楽しかったので。
若いころは、「ツアーなんてフン」と思って自分で動いていたけれど、もーオバチャンなので気楽が一番。バスで連れてっていただくわぁ。

お買物は、基本的に「ラファイエット」で済ませるつもり。
若いころは、バブル時代。「ぜったいに本店でお買物!」と鼻息荒く息巻いて、ショップへ出かけていたけれど。
もーいいじゃん。大抵のものはラファイエットにあるじゃんー。と。すっかり弱気なのですね。
いっしょに行く母の脚は、たぶんかなり動かない。ムリしてお出かけするよりも、ゆっくりのんびりデパートですごすほうが吉でしょう。


スケジュール(仮)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


6/16(土)
07:15 福岡発 (JAL)
09:00 成田着

11:10 成田発 (JAL405)
16:45 シャルル・ド・ゴール着 →ホテル

空港からホテルまでは、送迎付き。
基本、この日は動かない。ばんごはんは、どこでたべる?
近所のスーパー要チェック。
あとは水の買出しと、駅の確認くらい?
それともラファイエット行っとくか???←20時まで営業。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/17(日)
デパートやお店は、軒並みお休み。のんびり観光するつもり。

◆ノートルダム寺院
ここは、ぜったい行きたいところ。パリで一番すきな場所。
ここさえ行けたら、満足なのだ。ゆっくり堪能したいのだ。
できることなら、塔の上まで登りたいなぁ。階段だけど。

◆サクレ・クール寺院
この辺りの散策が、母の強い要望だ。
モンマルトル界隈を、うろうろとすごす予定なの。
お昼ごはんは、この辺りで?
いくつか寄りたい店をチェックしておくこと。

あとは、パサージュめぐりをしたいなぁ。と、こっそり野望を隠し持つ。
今回は、大きい買い物の予定は、ぜんぜんない。
あ、ロンシャンの折りたためるナイロンのショルダーバッグほしい。「プリアージュ」(Le Pliage)。←大きさと色と値段をチェックしておくこと
美術館は、マルモッタン美術館に行ってみたい。ルーブルやオルセー以外のところがいい。
買い物は、たいていラファイエットで済ませることになるでしょう。それとモノプリでお菓子とか買うんだーい。
フォションとエディアールくらいは行きたい。

お茶はすてきなところで。
ラデュレ、アンジェリーナ、カフェドラペ、うーん。時代を感じるラインナップ。
新しい店は知らないのだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/18(月)
「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」(マイバス)
€65.00→¥まだ不明。カード請求待ち
€1=¥102のときに両替したら=¥106でした。今日(6/6)は98円くらいまで下がってるのに!くくく

日本より、インターネットのマイバスのホームページより申込み。支払いはカード決済で。
去年のロンドンマイバスは、JTBを通して申込んだ。
マイバスに明記されたお値段は現地通貨なのだけど、JTBの窓口で申込むと、そのとき提示される日本円で支払いとなる。正直レートはなんとゆーか、かなーりお高かったのだ。そのときは安心料だと思って納得、支払ったのだけど。
実際にロンドンで集合したときの様子では、参加者は印刷されたバウチャーを提示するだけで、問題なさそうだったので。今回はトライしてみたよ。
JALパックのオプションツアーは、現地の主催会社名が明記されていないので、パス。たぶん、「マイバス」だと思うけど。


。。。「以下は、マイバスのページより引用」。。。。。。。。。。。。。。。。。。

森に囲まれたフォンテーヌブロー城と、個人ではアクセスの難しいバルビゾン村を訪れます。
この村には、ミレーのアトリエや「晩鐘」に見られるようなのどかな田園風景が今も残っています。

08:15 マイバス社集合
08:30 マイバス社出発
09:40 バルビゾン村到着 村を散策、希望者はミレーのアトリエ訪問 (入場料はツアー代金に含まれない)
10:10 バルビゾン村出発
10:30 フォンテーヌブロー城到着 ガイドと共に見学開始 (約1時間、庭園自由見学約15分を含む)
11:45 集合、フォンテーヌブロー城を出発
13:00 マイバス社到着後解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

◆バルビゾン村
◆フォンテーヌブロー城

お昼すぎまでかかりそうなので、食料をすこし持っていた方がいいかも。
解散してから昼食なので、マイバス社の近くで食事ができる場所の目星をつけておくこと。

この日の午後は、パサージュめぐりできるかも。
それともマルモッタン美術館へ行けるかな?


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/19(火)
「快適シートで行くモン・サン・ミッシェルとノルマンディーの小さな町1日観光(昼食・夕食付き)」(マイバス)
€175.00→¥まだ不明。カード請求待ち

ちなみに昼食のみのコースだと、€158。解散時刻は21:00。
夜の9時に解散して、それからレストランを探すなんて、わたくしぜったいムリなのだ。そんなに遅くなるのなら、ばんごはんもたべて帰りたい。
このツアーだと+€17で、夕食がつき、解散時刻が22:00。
さらに朝の集合も、昼食のみは7:15だけど、夕食付きだと8:00なの。
その日のゴハンの心配をしなくていいのは大きいわ。
似たようなバスツアーは、「みゅう」にもあるので、まようけど。ホームページの案内は、「みゅう」の方がくわしくて、結構ソソラレルのだよ。
だけど、18日に予定している「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」は、マイバスにしかなかったし。
ロンドンで参加したマイバスツアーが楽しかったので、こちらでまとめてポチっとな。


。。。「以下は、マイバスのページより引用」。。。。。。。。。。。。。。。。。。

年に数回、大満潮時には海に浮かぶ小島として知られる世界遺産モンサンミッシェル。
約800年かかって完成した「西洋の驚異」と呼ばれる修道院を見学します。
また、フランスの北部 ノルマンディーのヴェニスと呼ばれる運河の町 ポン・トードメールを訪れます。
古い木組みの家々が並ぶかわいらしい町を散策、地元のレストランでノルマンディーの田舎料理をご賞味下さい。

08:00  マイバス社出発
       サービスエリアでトイレ休憩 (約15分)
12:45  モンサンミッシェル到着
       レストランにて昼食
       ガイドと共に修道院見学開始 (約1時間)
       自由時間 (約45分)
16:00  モンサンミッシェル出発
18:20  ポン・トードメール着 
       自由散策と夕食
19:45  ポン・トードメール出発
22:00  マイバス社到着後解散          


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

8/20(水)
もう、この日は帰る前日なのだ。
たぶん素敵なラブリーを、探して買い物するでしょう。

◆ラファイエット
◆プランタン
◆フォション
◆エディアール
◆モノプリ

大きな缶とかほしいなぁ。
ジャムと蜂蜜も買わなくちゃ!
夫と子どもからのお土産リクエストは、「エッフェル塔」
会社で配るお菓子はモノプリで。数をチェックしておくこと

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/21(木)
午後には空港へ向うので、近場でウロウロするつもり。


19:30シャルル・ド・ゴール発 (JAL406)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

6/22(金)
15:20成田着 →のんびり過ごせる場所をさがしておくこと。美容院とか?

19:50成田発(日本航空ZZ3057)
21:50福岡着

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-07 00:40 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(7)
【旅の支度】ツアーの検討覚書
a0158724_23314451.jpg来週末には出発なのに、
ぜんぜん何にも調べてない。
こんなんで、ほんとーに
行けるかどうか心配だ。

かーちゃんったら、何言ってんの!?
そろそろお尻に火が点くよ。
もー、なんで、そんな一夜漬けなの!
ああ、ぼく、もうねぇ心配だ。


ああ、まぁ、そうだね、しろくまちゃん。
えーと、これからしばらくは、
ここは日記ではなくてねぇ、
パリ行き準備の備忘録を、
つらつら書いていくことに。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

◆日程
2012/06/16(土)~22(金)

◆ツアー
JALパック パリ7日間
フリーステイ 成田発着 日本航空直行便利用

◆メンバー
わたしと母。

◆ホテル
「ドヌ・オペラ」
オペラ座まで徒歩5分、メトロ「オペラ駅」近くのプチホテル。Bグレードでリーズナブル。

◆行き 2012/06/16(土)
07:15-09:00 福岡-成田 ZZ3052
11:10-16:45 成田-シャルル・ド・ゴール JAL405

◆帰り 2011/06/21(木)-22(金)
19:30-14:20 シャルル・ド・ゴール-成田 JAL406
19:50-21:50 成田-福岡 ZZ3057

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

15年ブリくらいのパリ行きですよ。地下鉄の乗り方も、わすれたよ。
旅行に不慣れで弱虫なワタシは、常にパックツアー。
飛行機とホテルはぜったいに!決めてからしか旅立てぬ。
しかも、旅行会社のカウンターで、おねーさんに頼んじゃう。

正直言ってワタクシは、しょっちゅうパリへ行けるような暮らしはぜんぜんしていない。
ド素人がドキドキしながら、たまーの旅を楽しむの。
旅慣れた方からすれば、あーもうどうしてそうするの!違うやり方があるのにぃ!と、じれじれしちゃうかもしれない。
どうか生温かく見守ってね。そんで、間違ってたら、教えてね。
ああ、もうこーんなギリギリで、なにやってんだか自分。的。


わたしが考える条件は、
◆成田-パリは、直行便であること。
◆オペラ座に近いホテルであること。ラファイエットまで徒歩圏内であること。
◆空港-ホテル間の送迎がお願いできること。



今回の申込み決定までに検討したツアーパンフとしては、
①LOOK JTBの「個人旅行ヨーロッパ」

②JALパックスペシャル「パリの中心オペラ地区に泊まる!」

③JALパック「個人旅行パリ・ロンドン」


①LOOK JTBの「個人旅行ヨーロッパ」
最初に旅行を検討したときは、まだJALパックのパンフレットはまだ店頭になかったため、こちらで検討する以外、道はありませんでした。
でも、あとから出た②JALパックのパンフレットを見ると、似たような内容で、こちらのほうがお高かったのでパス1。

②JALパックスペシャル「パリの中心オペラ地区に泊まる!」
内容としては、最終的に申込んだツアー内容と、ほぼ同じ。
ただし、こちらのパックだと、送迎が空港→ホテルのみ。帰りのホテル→空港の送迎がついていなくて不安だったのでパス2。

③JALパック「個人旅行パリ・ロンドン」
最終的には、こちらのプラン。
②JALパックスペシャル「パリの中心オペラ地区に泊まる!」と、まったく同じ内容に、帰りのホテル→空港の送迎までついて+1万円
即決で、こちらに変更!

送迎なんかいらないよ~。
ホテルでタクシーを呼んでもらって、空港まで行けば楽チンじゃーん。
どうせ日本航空なのだから、チェックインも心配ない。
送迎つきって言ったって、たぶんでっかいバスでさぁ、ほかのホテルもまわるから、結局時間の無駄になるし、
とゆー囁きも聞こえますけれど。
フランス語なんて、ちんぷんかんぷん。おばちゃんとばーさんの二人旅。減らせるリスクは減らしたい。
ああ、弱虫だ、弱虫だー。
弱虫チキンの旅支度。しばらく綴っていくつもり。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-06 00:16 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(7)
【マイバス】 「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」 バルビゾン村でミレーのアトリエ見学
【2012/6/18(月) パリ3日目】 10:00

「フォンテーヌブローとバルビゾン半日観光」(マイバス)
€65.00→¥5,850 (←JCBカード決済だと、一割引きだった!)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

森に囲まれたフォンテーヌブロー城と、個人ではアクセスの難しいバルビゾン村を訪れます。
この村には、ミレーのアトリエや「晩鐘」に見られるような、のどかな田園風景が今も残っています。

08:15 マイバス社集合
08:30 マイバス社出発

09:40 バルビゾン村到着
ガイドの案内で、村を散策。
希望者は、ミレーのアトリエ訪問。(←入場料はツアー代金に含まれない←€4.0←今ココ
10:10 バルビゾン村出発

10:30 フォンテーヌブロー城到着
ガイドの案内で、城を見学。(約1時間、庭園自由見学約15分を含む)
11:45 集合、フォンテーヌブロー城を出発
13:00 マイバス社到着後解散

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。マイバスのページより引用

◆ジャン=フランソワ・ミレーのアトリエ Atelier de Millet 
a0158724_23441061.jpg

こんな通りに、ぽつんと佇む、ミレーのアトリエ兼住居。
a0158724_2352439.jpg

石造りの壁に、ミントグリーンの木枠や雨戸が乙女ゴコロをくすぐるわ。

ここの料金は、マイバスのツアー代には含まれない。別料金が必要だ。←€4.0
全員が見学するコース以外の観光なので、マイバスからのフォローはなし。
「ここにあるって教えたからね。もしご希望なら、どうぞご自分でご自由に」 勝手に行けや。とゆー姿勢。
a0158724_062320.jpg
お部屋の中は、こんな感じ。
壁一面にべたべたと絵が飾られておりますの。
ミレーの作品のコピーとか、バルビゾン派の人たちの作品だとか。

えーと正直に言いますと、何が何だかわからない。
だけど、今回は、マイバスツアーのガイドの方が、中の案内をしてくださった。
それが、すごーく助かった!
たぶんガイドの案内なしに、自分だけで入っても、ただただぐるりと見渡して、すぐに出て行ったと思う。(←わたくしの場合)
ざっくりと展示されたかのように見える絵画たちも、説明を聞きながら鑑賞すると、面白さがぜんぜん違うのだ。
今回、こちらを見学したのはわたしたち母娘だけだったので、ガイドさんを一人占め♪
a0158724_040610.jpg
ミレーが愛用していたという竹製の作業台。
竹製は軽いから、あちこちひょいひょい移動させて、絵を描くときに使ったそうだ。


a0158724_075736.jpg
現在、こちらの建物は、画商としても使用中。一隅には現代画家たちの作品も展示されていた。
今の世に生きている芸術家たちも、売り出すチャンスを狙ってる。
今は無名の画家たちも、後の世では、もてはやされているカモ。
a0158724_083850.jpg
ミレーが使用したというパレット。
a0158724_0235576.jpg

ミレーの絵をゴッホが模写したものと、オリジナルの対比帳。
ゴッホったら、ほんとうにミレーを敬愛していたんだなぁ。熱心に勉強したんだなぁ。と、ここはホロリと来るところ。
だけど、模写しているはずなのに、色遣いが、もうぜんぜん違う。
受ける印象も全く異なり、ゴッホの寂しさに泣いちゃうわ。


母はすっかり大ハシャギで、アトリエ見学大正解。
わたくし的には、ステキ窓から覗くお外が気になるなぁ。
a0158724_0963.jpg

a0158724_0585164.jpg

こんな素敵な街並みを、のんびり歩いて散策したい。
さっきの店でも買い物したい。
いろいろ煩悩ぎゅうぎゅう押し込み、慌ててバスに乗りますよ。

さーて、メインのイベントは、フォンテーヌブローの城なのだ。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。d(ФωФ☆)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-06-04 15:50 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(5)
【旅の支度】フリープランのツアーをアレコレ探してコチラに決めること
a0158724_22452096.jpg
かーちゃん、かーちゃん、
これ見よがしに
ガサっと広げてるパンプレっと。

あんまりおうちで散らかしてりゅと、
あんまりよくないんじゃなぁい?
家族を置いて自分だけ、
花に都に行くんだよねー。


ああ、まぁ、そうね、しろくまちゃん。
やさしー夫と、やさしー子どものおかげで行って来れるのよ。
そう、6月のパリ行きですが、
あれこれ算段してるとこ。

パリへ行くのは40すぎの、それでも娘のワタクシと、まー、古希あたりの母ですよ。
13年くらいぶりのパリ行きで、正直、自信はあまりない。
母は体調がすごーく不安で、「歩けないわ」を連発中。
ツアーバスのスケジュールに合わせて動くのもムリだと言うし、まー、ぼちぼち様子を見ながらウロウロしようと考え中。
結局ぜんぜん歩けずに、どこも観光は無理だった。とゆー事態もあると考える。

とゆーことで
◆日本からパリまでは、乗換えのない直行便であること。
いざというときに走れない母をつれて、乗換えなんてイヤン。
実は、20年くらい前、乗継の飛行機に乗り損ねた恐怖体験が。
その昔、姉と出かけたイタリア行き。飛行機の到着が遅れたせいで、まんまと置いて行かれました。
そのとき以来、わたくしは、「ヨーロッパ内乗継」が苦手なの。
アムステルダム空港で、おいおい泣きそうだったとよ。

◆オペラ座近くのホテルであること
「歩けないから、どこへも行けない」と、しきりに心配する母のために。
ほんとに、どこへも行けなくても、ねぐらがこの辺のホテルなら、遠出しなくてもだいじょうぶ。
近くのカフェをはしごしてれば、一週間くらいすぐ経つわ。
ラファイエットとプランタン、モノプリ辺りで、お買い物。

◆ホテル~空港までの送迎がついていること
だって、弱虫ですもの。
よけいな時間がかかることは、十分わかっているけれど。


とゆー条件のもとに、ツアーを探すわけですよ。
「飛行機とホテルと送迎付き。」
だったらそういう条件で、ネットで探す手もあると、知らないわけではないのだけれど、それを探す時間がないわたし。
それともわたしが知らないだけで、ちょちょいのちょい、で、出来るもの?

ちょいちょい、と格安エアーとか、まっすぐホテルへ予約とか、そーゆーひとに憧れるけど、わたしには敷居が高いのだ。
旅に慣れてる方たちは、どうやって決めているんだろう?
それともネットの海へどんぶら検索の旅に出るべきか?

うーん、と悩んでいるうちに、時間は過ぎ去るものですね。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(☆ФωФ)ノ まだパリぜんぜん調べてないの
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ ←ロンドン旅行記もまだなのに゚.+:。゙d(・ω・*)ッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-04-17 23:59 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(13)
パリへ、お茶しに参りましょう
a0158724_22322542.jpg
うふふ、本屋に行ったなら、
つい目について買っちゃったー♪

かーちゃんったら、そーゆーの、
無駄づかいなんじゃないかなぁ。
ずーっと取ってて読み返す単行本とか文庫本、そんなんだったらいいけどね。

雑誌は、どうせ読み捨てちゃうし、もう買わないって言ったのに。


ああ、しろくまちゃん、しろくまちゃん。
ほんとね、きみの言うとおり。

こんな散財がわたくしを、貯蓄から遠ざけているのだな。

でも大好きな「伊藤まさこさんの九州美人湯めぐり」だしー。(←ワタクシは、伊藤まさこさん信者)
「これさえあれば旅は快適!」って、アオリ文句にイチコロで。
あのね、すてきマダムな旅のお手本ほしいの。今すぐに。

とゆーことで、次回の旅は、「母子で行くパリ7日間」に決まりました。
去年ののロンドンとちがうのは、こないだはわたしが母だったけれど、今度はわたしが子なことだ。
ママと娘の二人旅。我が子は置き捨て、参るのだ。

妊娠が判明したときは、これで旅行もおあずけね、もうパリになんか行けないわ。と、泣き崩れたものだったけど(←うそ)
案外、望めば叶うのね。

ってゆーか、本当は、
わたくしが会社を退職するときに、パリに連れてってあげるねー、だからいっしょに行こうね、
と、母に約束してたのだ。
結婚前は、母といっしょにあちこち旅したものでした。
パリだとか、ロンドンだとか、ローマにドイツも行ったねぇ。
母娘の旅はお気楽で、ゆるゆる楽しかったのだ。
だけど結婚してからは、やっぱり、夫と子どもが、わたしの一緒に旅するチームなの。
母と旅行なんて、かったるくって、まーそのうち行くわ。的だった。(←ひどい娘~)
一年に一回の、強制休暇が一週間。わたしの取れる長期休暇は、それが精一杯なのだ。
正直、家族とどこかへ行けば、母とは行けない計算だ。
しかし、ここにきて母の体調があまりよろしくないもので。わたしの退職を待っていたら、もーヨボヨボになっちゃうわー!(←失礼。)
早めに行って楽しもう。と。いうことで話がまとまった。
a0158724_2312771.jpgってゆーか、かーちゃん、そんなさぁ
いい話みたいにしてるけど、
この本の山は何だろね?


あーうー。それはね、しろくまちゃん。
うちの本棚から出してきた、
お宝本ではないですか。
だって、パリは、ぜったい行くから!
と、チェックしていた情報が、
今こそ役立つときがキター!

おれもいきたーい。
エッフェル塔のぼりたーい。
という子を残していくのは忍びないが、
ここは堪えてくれたまえ。

ごめん、わたしは、母と子どもと両方を、満足させられるようなパリ旅のコーディネートなど無理なのだ。
13年くらいぶりのパリなのだ。

快く許してくれた夫と子どもに感謝する。
今からアレコレ調べるけれど、わたしの任務はその前に、去年のロンドン旅行記を仕上げておかねば!とゆー話。

▼ランキングに参加しています。ポチっと押してくださいね。

(☆ФωФ)ノ ロンドン旅行記停滞中。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ ←だってもうすっかりわすれた゚.+:。゙d(・ω・*)ヨッ゚.+:
 にほんブログ村
[PR]
by tsurukame_ko | 2012-04-09 23:42 | 母とパリ 2012.6月 | Comments(15)