<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
かわいい我が子が、ヒキニート。母的任務は、大失敗。
2月からずっとうちに居る、我が子がすっかりクズニート。
のっそり昼ごろ起きてくるダラけた姿が、嘆かわしい。
「今日は友だちと遊びに行くからニートじゃないもーん」
と、笑顔でほざき
「小遣いチョーダイ」
と、手を出すニョ。

こんな息子にだれがした。
おれが育てた。
と泣き濡れる。

「いってきまーす!晩ごはんは、外で食べてくるから」
お迎えに来た幼馴染と、遊びに行っちゃう浪人生

4月からは、収容所のような予備校の寮に叩き込む。
それまでの限定だから、と、ついつい甘く送り出すわたしがダメな母なニョだ。

手を離すのは寂しいし、手元に置いていつまでも見張っていたい可愛がりたい母心。
だけど、それでは彼の役には、ちっとも立たぬとわかったニョ。

仕事を休んで、丸々一年、おうちでわたくし母仕事。
「勉強しなさい」と尻を叩けば、どこか受かるかと思ったが、
見事、全落ち。→ニートコース。
このまま飼育は致しかねるので、家から追い出すことにした。
「家におっても(勉強)せんやろ」
と、自己申告に従って、
大枚叩いて解決を目論む最終手段なニョ。

ダメダメ母な自分を見限り、プロにお頼み申すニョだ。
これでだめならスッパリと諦めもつくというもニョだ。
世の厳しさを思い知り、甘えた小僧の坊ちゃんが、生まれ変わってくれクレと、母は切望いたしてる。

4月からは、わたくしも、ついに仕事復帰だし。
地獄のような最悪ショップに勤務が決まって超ブルー。
それでも、ここは踏ん張って、予備校代(+寮費)を稼がねば。
がらりと変わる生活に、不安でいっぱいなんだけど。

たぶん新しい環境は、彼のためになるだろう。
たぶん新しい環境に、彼は期待してるだろう。
自分で決めた道だもの。
必ず、努力するだろう。


母は、信じて送り出す。
「いってらっしゃい。気をつけて」
笑顔で手を振る、母仕事。

[PR]
by tsurukame_ko | 2018-03-23 23:15 | 高校生