人気ブログランキング |
#50代主婦 の #パリ旅行記 「#ミュージアムパス」(2days)を使って美術館めぐり。【コンシェルジェリー】【セントシャペル】
2019年6月8日(土)3日目② ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり1日目
ルーブル美術館からメトロに乗って、「PONT-NEUF」駅までやってきた。
a0158724_07112275.jpg

昨日の雨とは打って変わって、今日はとっても青い空。
a0158724_07325603.jpg

びゅーびゅー風は強いけど、川沿いの道をあるくのは、
とっても気持ちがいいニョだよ。
a0158724_07331943.jpg

円錐のお屋根が目立ってるあの建物が、次の目的地
a0158724_07330982.jpg

マリー・アントワネットが幽閉された「コンシェルジェリー」へ

フランス革命当時、牢獄としてつかわれた場所なニョだ。
王族や貴族がが収容されて、ギロチン待ちをしてた場所。
a0158724_07342215.jpg

しん、とつめたい室内は、暗いため息が聞こえそう。
a0158724_07333332.jpg

a0158724_07592753.jpg



以前に母と訪れたとき(←20年前だ!と、自分でもびっくり)、
マネキンで再現されていたマリー・アントワネットの独房は、今はなくなっていたけれど
a0158724_07340325.jpg

彼女のための礼拝堂や、
a0158724_08035865.jpg

最期に彼女がつかった家具や衣服が、静かに公開されている。
a0158724_08042260.jpg

わたしは『ベルサイユのばら』でしか彼女のことを知らないけれど、
a0158724_08001793.jpg

フランスのひとは、彼女のことをどういうふうに思うのだろう?


「コンシェルジェリー」隣の「サント・シャペル」へ

ひっそりと、ただゆるやかに静かな時間が流れてた「コンシェルジェリー」から出てくると、
そのお隣の「サント・シャペル」の人気っぷりに驚いた。
a0158724_07352784.jpg

ここは、聖なる礼拝堂。
ステンドグラスが美しい。
a0158724_07353677.jpg

圧倒される美しさ。
a0158724_07354518.jpg

現存する最古のフランス王宮の建築物。
a0158724_07355662.jpg

見上げて、ただただその美しさに圧倒されちゃう気持ちなニョ。


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

旅するわたしを応援してね。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

# by tsurukame_ko | 2019-06-29 08:21 | 姉子とパリ2019.6月
#50代主婦 の #パリ旅行記 「ミュージアムパス」(2days)を使って美術館めぐり。【ルーブル美術館】
2019年6月8日(土)3日目① ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり1日目

今回の旅路では「パリ ミュージアム パス」を買ってみた。
【PARIS MUSEUM PASS】とは、パリにある約60ヶ所の美術館や博物館に入場できるフリーパス券
(対象となっている)施設へ入場する際、チケットを購入する必要がなく、パスを見せるだけで入場できる。

わたしが購入したのは、「連続した2日間に使用できる」2daysチケット48€(≒6000円)。
(日本円に換算すると、尚さら感じるけど)んまー!お高いチケットだし、
2日間のうちに、できるだけ多くの施設をまわりたい。
ケチなわたしはどーしても!チケットの元は取りたいニョ。
そのためには、あらかじめ
①行きたい美術館が、このチケットの対象施設かどうか?
②行きたい施設すべての入場料合計額は、ミュージアムパスより高いのか?
③それらすべてを2日間でまわれるのか?

そーゆーことを検討してから、購入するニョが吉ですよ。

ちなみにわたくしの計算だと、
ルーブル美術館(€15)、オルセー美術館とオランジェリー美術館(セットで€18)、コンシェルジェリーとサント・シャペル教会(セットで€15)で、パスとイコールの€48。
さらに、凱旋門(€12)でプラスとなる。

本来ならば、わたくしは
ノートルダム寺院の塔(€10)と地下聖堂(€8)へ、とても行きたかったのだけど、火災のため現在は閉鎖中(涙)。

今日とあしたの2日間は、パスで見られる美術館をめぐってまわる予定なニョ。
頑張って、ぜんぶ回らなきゃ!
しかしながら、
こんなケチくさいことを気にしているから、駆け足の旅になっちゃってるのかしら。
優雅な振舞いに欠けるのは、貧乏性が原因かしら。
そーゆーことに気が付いたのは、帰国してからあとのこと。



まずは、「ルーブル美術館」へ

昨日はモビルスで失敗したので、今日は「カルネ」を買ってみた。
10枚綴りの回数券(14.9€)。
さーて、何枚つかうかな?

ルーブル美術館へは、メトロ「PALAIS ROYAL-MUSSE DU LOUVRE」駅から続く入り口から入る。
a0158724_21215028.jpg

外でながーい行列に並ぶこともなく、すんなり入れるエントランス。
a0158724_21230065.jpg

逆さピラミッドから、あふれる光。
a0158724_21220933.jpg

人が大勢集まって、ワクワクな気持ちを共有してる
そんな気持ちになる場所ね。
a0158724_21222325.jpg


階段の上で待ち構えてる「サモトラケのニケ」に、ご挨拶。
a0158724_21234917.jpg

すごく強くて勇ましい。
風を切って進む船の先頭に、美しく立つ女神様。
a0158724_21250482.jpg

風に煽られた衣の張り付く腹の肉のリアルさよ、
もしも触ってみたならば、指がおなかにやわらかくめり込むかしらと思えちゃう。

a0158724_21241514.jpg




それにしても、豪華な翼。

顔は見えないのに
「美しい女神」だと、断言できちゃう強いお姿。

やっぱり姿勢?
メリハリボディ?
それを纏うやわらかい布?

「美人」のヒミツが、ここにはたくさん
隠されているような気がするニョ。


それから、美人と誉れの高い、かの有名なあのひとを。
a0158724_21225009.jpg

見に行ったけど、とおい、遠い。
a0158724_21252676.jpg

絵は、厳重に守られていて、
a0158724_21254279.jpg

専用警備も配置済み。
a0158724_21260455.jpg

ほかの絵は、ふつーに飾られていて、
写真だって、撮り放題。
a0158724_21264950.jpg

a0158724_21273425.jpg



こちらの美人は、すまし顔。

さり気に腹筋割れてるし。
俗世間にはキョーミなし、
お高くとまっている感じ。(←私見です)



a0158724_21275892.jpg




こちらは、「ハンムラビ法典」が記録されてる石だって!
「目には目を」って、世界史で習ったなぁと思い出す。


ルーブル美術館へ来たのは、20年ぶり、何回目くらいになるのかなぁ。
いつも自分のお目当てだけを探して、巡っているけれど、
今度来るときは、音声ガイドでゆっくり説明をききながら、じっくりまわってみたいなぁ。



ところで、ここで困ったことが。
写真を撮って、ハシャいじゃってると、
どんどん具合がわるいおれ。

頭はガンガン。めまいグラグラ。
あーこりゃだめだと座り込む。
見つけたベンチにへたり込み、ああもう一歩も動けない。
「なんか食べるの買ってきてぇ」

なんでもいいから、と姉子に丸投げ。
こーゆーときは、お腹になにか入れたら回復するはずニョ。
ピンチなときに気安く頼るは、家族に勝るものはなし。
a0158724_21283577.jpg

パン・オ・チョコレートをムシャムシャたべて、復活できてよかったニョ。


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

なんだかすっかり弱ってるわたしを応援してほしい。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
# by tsurukame_ko | 2019-06-27 06:00 | 姉子とパリ2019.6月 | Comments(0)
【ビストロ ヴィクトワール】調べて行ったレストランが見事大当たり!で、うれしーい。おいしくて素敵な地元食堂。
2019年6月7日(金)2日目⑥ オペラからヴィクトワール広場まで、歩いて遠征!レストランへ


「ビストロ ヴィクトワール」で晩ごはん。「砂肝のサラダ」がおすすめニョ。

「体調わるそうだし、レストランは諦めて、部屋食にしようか?」
と、気遣う姉子を跳ねのけて、
わたくし目当てのレストラン、意地でも行くぞ!と、やってきた。

だって、見てみて!このお皿!!
ご馳走お肉が!てんこ盛り!
これがサラダとは思えない。
a0158724_21524594.jpg

それから、もちろんステーキも。
a0158724_20575741.jpg

やわらかジューシー!旨いニョだ。

a0158724_21104535.jpg
すっかり色々諦めて、コンタクトを捨ててきたわたし。
もーメガネっ子になったらば、
すごーく楽になっちゃった。

やっと薬が効いてきて、
頭痛も治まり、ゴキゲンに。


テーブル間はせまくって、隣との距離は極ちかい。
a0158724_21280992.jpg

お客さんはぎゅーぎゅーで、さざめく賑わい楽しーニョ。
a0158724_21433155.jpg

庶民的でアットホームな雰囲気が、すごく和やかで、
パリ初心者なわたしたちでも、リラックスして楽しめる。
a0158724_21342607.jpg

メニューも外に表示されてて、入りやすいビストロだ。
常連客も、観光客も、「初めてのデート」な二人(←隣のカップルがそんな風だった!)でも、
「どんどんおいで」と招かれる素敵なお店に大満足。
いかにも!パリのビストロ的な伝統的なお店でね、お値段がとてもリーズナブル。
観光客でも入りやすくて、居心地イイのが素晴らしい。


うっとり素敵なパッサージュ「ギャルリー ヴィヴィエンヌ」に寄り道する

オペラ地区に点在するクラッシックなパッサージュ。
こちらは、特に、繊細で優美な鉄骨が印象的。
a0158724_22024946.jpg

実はわたくしもう一軒、ビストロをチェックしておった。
a0158724_22032880.jpg

それは、「ビストロ ヴィヴィエンヌ」
エレガントなパッサージュ内にあるクラッシックなフレンチ店。
a0158724_22030825.jpg

値段を見たら、びっくりニョ。
a0158724_22151935.jpg

うーぬ、さっきの店よりも、ぐっと値段が張っている。
素敵なお店はお高いねぇ~。
と、そそくさ退散いたすニョだ。
a0158724_22272808.jpg

20時すぎても、パリの陽は、ぜんぜん落ちずに明るくて、
a0158724_22292247.jpg

うっかり遊びすぎちゃうニョ。

▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

あしたは美術館めぐり。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

# by tsurukame_ko | 2019-06-23 06:00 | 姉子とパリ2019.6月
【乙女のパリ】50代主婦が二人でパリへ!ただのハナタレなんだけど、もーくるしくてたまらない。【オペラ座見学】
2019年6月7日(金)2日目⑤ サンジェルマン・デ・プレ→オペラ座


「オペラ座」を見学に行く


行きはバスだけど、帰りはメトロ。
4番線で、直行便。
メトロもバスもガンガン乗るわ!と思って買った「モビリス」は、残念ながら大損ニョ。

それでも、大雨降る中を、えっちら遠征するよりも、
雨の降らない近場で可能な別の遊びを考える。
a0158724_21470300.jpg

そう考えて、戻ってきたら、いきなりピーカン!青い空。
a0158724_21471007.jpg

いやいや、パリは侮れぬ。

あちらの空は、どんよりと重たい雲が覆ってる。
a0158724_22074375.jpg

ヨーロッパのお天気は、一日の中に四季がある!
一刻、一刻、コロコロと、天気も気温も変わるニョだ。
気温の変化が激しさに、ついていけずにハナタレが。

時間的にも、体調的にも、遠くへ行くのはつらいニョで。
近場の屋内で遊べるところ!
「オペラ座」見学しちゃうニョだ。
a0158724_22213532.jpg

当日チケット14ユーロ。
カード払いでお買上げ。チケット購入は、自販機で。

世界中から観光客が、わんさかやってきてますよ。
a0158724_21472019.jpg

内装はすごくゴージャスで、金ぴか装飾、輝くニョ。
重たそうなシャンデリア。
宮殿かしらと思っちゃう。
a0158724_21474415.jpg

社会科見学の子どもらが、センセーの説明を聞いている。
a0158724_21473664.jpg

座席は暗くて、わたしの腕では写真は撮れなかったけど、
ボックス席がずらりと縦に並んでそびえ立っている。
舞台をぐるりと囲んで見下ろす、ああ、独特の雰囲気が。

a0158724_21475923.jpg

バルコニーから見下ろすパリを、不思議な気持ちで眺めるニョ。
a0158724_21481445.jpg

ああもう若くはないニョだな。
せっかくオペラ座に来てるニョに、正直わたしはフラフラで、今考えてることは、もう、
ベッドに潜って眠りたい。

バルコニーではモデル的な美女が撮影されてたり、
パパに連れられて見学に来てるちびっこバレリーナが、超かわいー。
瞳キラキラで見て回り、くるりとまわってみせたりとか、優雅にお辞儀をしたりとか。
姉妹でキャッキャとハシャいでる。
うわ、かわいーい、と思うのだけど、
それより眠気が勝つ感じ。
わーゴージャスねーぴかぴかねー以上の感想が出てこない。
ピュティアの泉、大階段、シャガールの天井、図書館、回廊。
たしかにこの目で見たけれど、ただただ「見た」だけだったなぁ。

a0158724_21482538.jpg

ご当地マグを求めたスタバで、座り込んだら、立てないニョ。


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

つかれたわたしを応援してね。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
# by tsurukame_ko | 2019-06-22 06:00 | 姉子とパリ2019.6月
【乙女のパリ】50代主婦が二人でパリへ!若い頃のようにガンガン行くのは、さすがに無理だと悟るニョだ。
2019年6月7日(金)2日目④ サンジェルマン・デ・プレ散策


小洒落た店を覗き歩くのは、いつでも乙女の楽しみニョ


サンジェルマン・デ・プレは、素敵ショップが連なる欲望ストリート。
若い頃からずーっと変わらず大好き!な店が、揃ってる。
a0158724_21015854.jpg

20年前に訪れた「エルベシャプリエ」のシャッターは降りていたけど(泣)
a0158724_21033200.jpg

新しい話題のチョコレートショップで、姉子はあれこれ品定め。
ゆっくり進んでいる姉子の旅行記はコチラ→
もしかして、わたしディスられてる!?と、感じちゃうのは気のせいかしら。
だいたい「姉」って小さい頃から「妹」には支配的よねぇ?

a0158724_21031169.jpg

それから、素敵な横町へ、
a0158724_21020657.jpg

潜入したり致すニョだ。
a0158724_21022077.jpg

なんとも風情のある路ニョ。
a0158724_21023595.jpg

素敵なカフェが待ってるニョ。
a0158724_21024616.jpg

ああでも残念。わたしの腹は、さっきのゴハンで、もーイッパイ。
a0158724_21030099.jpg

クシャミを連発。ハナミズ止まらず。
そのうえ、雨までひどくなる。
今日は、当初の予定では、モンマルトルまでいくはずが、
これではとても無理だろう。と、いったんホテルへ戻るニョだ。

▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

わたしの頭は回っておらず、ここは姉子の英断ニョ。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

# by tsurukame_ko | 2019-06-21 06:00 | 姉子とパリ2019.6月