人気ブログランキング |
タグ:おいしい ( 327 ) タグの人気記事
京都【今西軒】の「おはぎ」をいただき、【福永念珠舗】で「腕輪念珠」。【乙女の旅はお買い物】50代主婦が旅に出る
いなかのねずみが旅に出た。
旅の楽しみは、オヤツでチュー。
「今西軒」【名物おはぎ】「きなこ」を齧って、たべちゃうチュー!
a0158724_23100286.jpg


50代主婦が、旅に出る。【乙女の旅】は、お買い物!
ふふふふ、滋賀から帰る道、ウシシと立ち寄る京都なニョ。
【中部フィギュアスケート選手権】は、土日で開催されるけど、
わたしがゲットできたのは、土曜のチケットだけだった。
せっかく遠征してきたニョ。京都に寄り道しちゃうニョだ。

【名物おはぎ】「きなこ」今西軒

まずは大好き!こしあん目指して、駅からあるいて【今西軒】
a0158724_23041548.jpg

9:30の開店で、10:00に着いたらもうすでに、「きなこ」は売切れ寸前ニョ!?
地元の方が次々に自転車に乗ってやってきて、大量購入していくニョ。
そらー、品切れにもすぐなるワ。
前に来たとき▼は買えなくて、わたし涙をのんだけど、
今回、なんとかリベンジ成功。「きなこ」ゲットでうれしーな。

買ったら、すぐにたべちゃうニョ。

旅ねこにゃんこにつかまる前に、いそいでたべなきゃキケンでチュー!
a0158724_23102250.jpg

最近、わたしが決めたニョは、「土産のお菓子を買いすぎない」

あれもこれもと欲張って、たくさん買いたくなるけれど、
夫はお菓子はたべないし、息子はとっくに家を出た。
持って帰った「土産のお菓子」を、食べるのはわたしだけだもん。
どうせ一人でたべるなら、持って帰らなくてもいいんじゃね?
一番おいしい「できたて」を、あんぐりたべちゃうウマーなニョ。



それから、わたくし念願の【腕輪念珠】を手に入れた。

【腕輪念珠】「星月菩提樹とオニキス」福永念珠舗

基本の素材は「星月菩提樹」。お釈迦様がその樹の下で悟りを開いた「菩提樹」の、これは木の実だそうですよ。
ぼこぼこあいてる穴が月、散ってる黒点が星だそう。使ってるうちに色が深く変化するニョが醍醐味ニョ。
a0158724_22174478.jpg

基本の素材は星月菩提樹で、黒オニキスをはさみたい。
そーゆー念珠を求めてね、あちこちまわってきたけれど、
なかなかコレだ!とゆー品に、ドンピシャ出会えぬ市販品。
だけど、ここなら、希望の品をその場でつくっていただける

前回、誂えていただいた、白檀の念珠▼はずーっとつけてて、すっかりよごれてしまったニョ。
かけてた願いもかなったし、あたらしいニョがほしかった、

感謝の気持ちでいただいて、新たな祈りをささげるニョ。

わたしのかわいいかめろくが、楽しくて有意義な学生生活を送れますように。
望む将来を思い描いて、バッチリ就職できますように。


▼お願い。押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

わたしにできることなんて、神頼みくらいなんだよなぁ。


by tsurukame_ko | 2019-11-14 06:00 | 乙女の旅を目指す日々 | Comments(2)
【50代主婦が姉妹でパリへ】連日の強行軍を反省し、今朝はゆったり朝食を。パリのプチホテルの朝食模様
2019年6月10日(月)5日目① ホテルでゆったり朝食を
ホテルの朝食

これまで毎日、部屋食やお外のカフェへ出かけてた
朝食ですが、本日は、ホテルの朝食会場へ。

宿は素泊まりで予約したけど、12€(≒1500円)払えば食べられる。
コールドビッフェの値段にしてはお高いわぁと思うけど、ここはアジアンリゾートではなく、パリのオペラ座界隈ニョ。
まっとうな値段と思うべき。
a0158724_18323711.jpg

ゆで卵だとか、ハムやチーズは、結構な種類が揃っているし、
a0158724_18322353.jpg

フルーツ類やヨーグルトも、案外あれこれ選べるニョ。
a0158724_18324681.jpg

くるくる巻かれたハム類も、しょっぱうまくてフランス風。
アメリカン的なコーヒーが、わたくし、にんまりうれしいニョ。(←濃いコーヒーは苦手)

小ぶりのクロワッサンやリンゴパイも、てんこ盛りに積み上げられて、
朝からワクワクする感じ。
a0158724_18330221.jpg

プチホテルの朝食会場は、ロビーの奥のスペースで、正直そんなに広くはないけど、
居心地のよいソファー席。
a0158724_18475774.jpg

姉子がたいへんゴキゲンなニョで、これもアリだと思う朝。
a0158724_18331159.jpg




by tsurukame_ko | 2019-08-07 19:02 | 姉子とパリ2019.6月
【オランジェリー美術館】くたびれ果ててしまうほど、予定を詰め込みすぎたかなぁ。【50代主婦が姉妹でパリへ】
2019年6月9日(日)4日目⑦ ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり2日目

【モンマルトル】→【凱旋門】→【コンコルド広場】→【オランジェリー美術館】

オランジェリー美術館

ミュージアムパスを使いたくって、【オランジェリー美術館】。
部屋の壁いっぱい一面を、ぐるりと囲む水連は、素敵で、たいへんうつくしい。
a0158724_00002491.jpg

ここに来たのは3回目。とても素敵な美術館。
「20年前にもママと来たのよ。ママがこの水連を、そらもう、とっても気に入って」
と、自慢話をしたいニョに、
立っているのが辛くって、せっかくの情景もたのしめぬ。
a0158724_00003438.jpg

疲れ果てていたニョだと、今なら思い当たるけど。

だって、美術館ってさぁ、
「立って鑑賞」が基本だからね、ずーっと立ちっぱなしなの。


今日は、朝から歩きっぱなし。
モンマルトルの坂道を歩き、
「モンマルトル美術館」では、広い庭をぐるぐる回った。
凱旋門ではトイレ大行列。立ちっぱなしでじっと待ち、
屋上に上ってキャーキャー写真を撮ってる間も、立ちっぱニョ。

オランジェリー美術館のセルフカフェで、やっとこ座ったんだけど、気持ちがぜんぜんくつろげない。
わたしの好みの食べ物はないし、もっと素敵なカフェ希望。
わたしの隣に、赤ん坊連れのおとーさんがやってきて、自分自身は立ったまま、子どもの世話を焼いている。
たいへん居心地わるい。わるい。


美術館をふらふら出たら、外は灼熱の太陽が
容赦なくじりりと焼き付ける。
a0158724_00030011.jpg

このあとラデュレでお茶しよう!と、わたくしココロに決めていたので
(▼2012年からの悲願)

せっせと歩くあるく歩く。
a0158724_00031760.jpg

やったー!着いた!と思ったら、
a0158724_22434519.jpg

入り口で断られちゃったニョ。
a0158724_22475129.jpg

お店の中は暗くって、奥の様子はわからない。
「17時になったらあくから、その時間にきてくださいね」
的に言われたと思ったけれど、
ほんとうのところはわからない。
そこで聞き返す元気もなくて、わたくし、すごすご退いちゃった。

時間に合わせていけばいっかー、もうちょっと外をうろついて、フォションでも見てから戻ろうか。
と、歩きだしたらもう最後。
フォションはシャッター降りてるし、マドレーヌ寺院は修復中。
すっかりココロが折れちゃった。
とてもじゃないけど戻れない。もう歩きたくないんだもん。。。
a0158724_00033153.png

たとえ戻ってみたとこで、入れる保証はないのだし。
「17時まであと10分だったんだから、ここで待たせてって言えばよかったのにー」
と姉子がわたしを責めるけど、それがわたしにはできなかった。
「いやーん、できない、わかんないー。けいちゃん、交渉かわってぇ~」
と、お願いすればよかったなぁ。
a0158724_22593593.jpg

とゆーことで、今回も、夢見たラデュレはおあずけニョ。
わたしのリスニング能力が、足りぬばかりに臍を噛む。

夕飯は、再び昨日のカフェへ。
セットメニューのラムを頼んだら品切れで、アラカルトのステーキをセットの値段にしてくれた。
わたしの肉にはポテトが山盛り。
姉子のサーモングリルには、インゲン山盛り。
なんともフランス的だよなぁ。と、仲良く二人で半分こ。
a0158724_00033912.jpg

今日は、メイン料理+デザートのセットで頼んでみたけれど、
クリームブリュレがでかすぎて、しかもたいへん大味で。
こんなことなら、一人は前菜+メインのセットにして、(きのう食べておいしかった)エスカルゴを頼めばよかった!
デザートは一つにするべきだった!と反省会。
a0158724_00035018.jpg


by tsurukame_ko | 2019-07-30 23:14 | 姉子とパリ2019.6月
【50代主婦が姉妹でパリへ】モンマルトルの人気パン屋に、並んで買っちゃう朝のパン。【Le Grenier a Pain】
2019年6月9日(日)4日目② ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり2日目

今日こそ【モンマルトル】を歩く

姉子と目指すモンマルトルは、まずはおいしーパン屋から。
「ここのパン屋が世界一!」と、姉子の強力プッシュなニョ。
a0158724_22230834.jpg

確かにずらりと行列で、ワクワク順番待ってるニョ。
a0158724_22245782.jpg

シンプルなクロワッサンも、とってもおいしそうだけど、
それよりわたしが大好き!なのは、クロワッサンにチョコを挟んだ「パン オ チョコレート」で決まり!なニョ。
a0158724_22231600.jpg

ここはパン屋さんなんだけど、ケーキやお菓子も豊富なニョ。
a0158724_22233895.jpg

あれもたべたい、こっちもほしいと、欲張りたくもなるけれど。
a0158724_22235168.jpg

うふふ、本日の戦利品。
a0158724_22530493.jpg
大口あけて、いただきまーす。
近所のベンチで、たべちゃうニョ。
a0158724_22251669.jpg

それから、近所のカフェでねぇ
a0158724_22255779.jpg

カフェクレームをいただくニョ。
a0158724_22253960.jpg

でっかいカップになみなみと注がれたカフェクレーム4.2€(≒525円)。
今回いただいた中では、ここのが一番!クリーミーでなめらかで、たいへんおいしかったニョだ。



今回の旅路はね、ホテルと朝食はセットじゃない。
だって、ツアーじゃないんだもん。
ホテルで朝食を摂るならば、かかるお代は12€(≒1500円)。
それをケチって、こーんなふうに買食いしたりしてるけど。
それはそれで、たいへんおいしく、うれしいゴハンにありつける。
リゾートホテルのゴージャスなビッフェスタイルもいいけれど、
すきなものだけ自分で選べる街角朝食もナイスなニョ。


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

マカロンだけでは朝食に足りないわたしを応援してね。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
by tsurukame_ko | 2019-07-18 23:20 | 姉子とパリ2019.6月
#50代主婦の #パリ旅行記 「フランスビストロ」も怖くない!フランスごはん、おいしーニョ! 【CAFE DU CADRAN】
2019年6月8日(土)3日目⑥ ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり1日目

【ルーブル美術館】→シテ島【コンシェルジェリー】【セント・シャペル】昼食→【オルセー美術館】
オルセー美術館から出てきたら、列車が止まっておったニョで、(←驚愕!でも割とよくある)
そこからてくてくてくてく歩いてホテルに戻ってきましたよ。
「ここは閉鎖してるから、隣の駅まで歩いてね」と、地図を渡されたんだけど、それよりまっすぐ帰ったほうが、歩く距離的には短いニョ。

すっかりくたびれ果てました。
ほんとは昨日のレストランにもっぺん行きたい!と思ってたけど、とてもじゃないけど歩けない。
だったらホテルの近所のカフェで、目を付けてたところに行きましょう。


ホテルの近所のカフェで夕飯 【CAFE DU CADRAN】

オペラ通りから一本入った道に面したカフェですよ。
a0158724_07095893.jpg

2012年に母と二人でパリに来たときには、怖気づいて入れなかった。
地元のひとしかいないようなこの店で、拒絶されるのはコワイこわい。

今、冷静に考えれば、オペラ通りに近い店は観光客にも慣れてるし、
それほど心配しなくても、よかった
よねぇと思うけど。



当時は高齢の母を連れ、15年ブリのヨーロッパ。わたしもキンチョーしてたニョだ。
外の椅子が座りやすいけど、建物の中に座りたい。何て言えばいいんだろう?
どっちのお席が高いの?室内の席がすごく高いなら、外に座ってもいいけれどなー。
メニューは何を頼めばいいのか。チキンサラダかオムレツか。思いつくのはそれだけニョ。
フランスメニューがわかんない。
そもそも、フレンチ☆ビストロで、わたしは何をたべるべき?おいくらくらいが相場なニョ?
支払いは席か?レジなのか。
あーもー、ぜんぜんわかんないー。
とてもじゃないけど、ビストロで、注文なんかできないよー泣。
すごーく憧れてたくせに、避けて通っておった店。



そうだ!今こそリベンジだー!!
a0158724_07094625.jpg

背筋を伸ばして参ります。


「ボンジュール」と、ニッコリあいさつして入る。
「二人ですよー」と人数を伝える。
「こちらへどうぞ」と、席へ案内してくれるので、
希望の席があれば、「この席にすわっていいかしら?」的に表明する。

「前菜+メイン」または「メイン+デザート」といった
セットで金額を表示してあるのが、お店おススメのお得なメニュー。

しかしながら、単品で頼んでも、特に問題はなかった。
だって、10€を越えるお値段のサラダなら、それだけで、もーおなかいっぱい。
ぜったい何か頼まなきゃ!と気張っておった飲み物は、頼まなくてもいいみたい
お酒を飲まないわたしたちは炭酸水を頼んだけれど、周囲を観察してみると、飲み物を頼んでいないテーブルも多かった

飲み物を頼んでも頼まなくても、無料の水が提供された。
大きなガラスボトルに入った水とグラス。硬水だったかもしれないけれど、特になにも思わずのんだ。べつにふつうの水だった。

清算してほしければ、「チェック プリーズ」とお願いする。
そのとき、お店の人には「Excuse me」と声をかけるより、
「ムッシュー」とか「マダーム」と、呼びかけたほうが話が早い。
@わたし調べ。
すごく忙しいギャルソンは、英語で呼びかけても耳に入らないのカモ~。
呼ばれてると気付かれず、スルーされちゃう率高し。

「チェックプリーズ」「了解しましたマダーム」的なやり取りの後、
ギャルソン氏が、キャッシャーから印刷されたレシートを持ってくる。
印字されたレシートで金額が表示されるので、わかりやすくて助かるわぁ。
手書き文字だと、ぜんぜんわからぬ。大きい数字を言われても、即座に反応できないし。
ほとんどの場合、席で払う。席についたままでカード払い可。大きくない金額でもカード払いでOK。
レジで支払う場合は、そう指示されてから従えばよし。
昔は必ずチップを置いたものだけど、
レシートで確認すると、支払いにサービス料が含まれていたし、今回はチップは置かなかった。それでも何も問題はなかった。
(父連れの旅ではスタッフの手を取ることが多かったので、チップは弾んできたけれど。)
何か特別なことを頼んだら、いくらか置こうと思います。

もう、これでビストロもこわくないワ!

今度はどっかのカフェで「店の中のカウンターに立ってカフェをぐいっと飲む」とゆーのに憧れるけど、
それはイタリアのバールの流儀?
立って飲むのは疲れるし、エスプレッソは苦手だし、
そんな無謀な挑戦は、やめといたほうが吉かしら。




お店の中は、ゆったりと広く、なんだか居心地イイ感じ。
ファミレスの椅子みたいなやわらかいベンチシートのおかげかな。
カフェの椅子は、総じて固く、尻にはやさしくないもんね。
a0158724_07112475.jpg

店の中の席なので、スリの心配も今はない。
ゆったり安心して食べるゴハンはとてもおいしーニョ。

ほかの席は家族連れとか、仲良しグループの会合かしら。
適度に賑やか、明るくワイワイ、楽しむ雰囲気伝わるニョ。

ここで頼んだ炭酸水のエッフェル塔が、かわいくて!
ああ、この瓶を買ってくればよかったなぁと、反省なう。
a0158724_07105828.jpg

うふふー、前菜のエスカルゴ。
a0158724_07120532.jpg

これは、どう見ても貝ですよ?
壺焼きのサザエを引き出すよりも、カンタン上手に引き出せる!
オリーブオイルとガーリック、バジルの香りが堪らんニョ。
しょっぱくて、すごくおいしーい!
a0158724_07104539.jpg

わたしの頼んだ鴨のコンフィ。つけ合わせには、イモグラタン。
どっちも、とってもおいしかった。
a0158724_07535985.jpg

姉子のチキンサラダには、チーズがいっぱい混ざってて、それもたいへんおいしくて、大満足なばんごはん。
a0158724_08024697.jpg

わたしは前菜+メインのセットで19€(≒2375円)
それにデザートをプラスして、24€(≒3000円)になるセットもあったけど、
「デザートはどうする?」と確認されたときに「ノーサンキュー」と答えたら、それ以上勧められることはなかった。

姉子はセットではなく、チキンサラダ(11.5€≒1437円)だけを注文した。
あとは3.8€(≒475円)の炭酸水を一つ注文して、二人でわけた。
支払いは全部で34.30€(≒4287円)。
オペラ座近くのこの店で、ゆっくりくつろぎ、おいしーゴハンをたっぷりたべて、このお値段。
フランス☆ビストロサイコー!と、リベンジ果たした夜なニョだ。


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

母もこの店に連れてきて、いっしょに食べたかったなぁ。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
by tsurukame_ko | 2019-07-08 19:30 | 姉子とパリ2019.6月
#50代主婦 の #パリ旅行記 「セント・シャペル】向かいのカフェでランチ。【 #Brasserie Les Deux Palais 】
2019年6月8日(土)3日目③ ミュージアムパス(2days)で、美術館めぐり1日目

セント・シャペルから出てきたら、13時すぎ。すっかりお腹がペコペコなニョだ。
通りを挟んだ反対側に、椅子が並んだカフェ発見!

素敵なカフェでランチする 【Brasserie Les Deux Palais】

セント・シャペルから出てきたら、いちばんに目につく素敵カフェ。
「もー、ここでゴハン食べちゃおう!」
ハラペコ姉妹で、意見は一致。そのまま勢い、なだれ込む。
a0158724_11174145.jpg
風がビュービュー強いので、テラス席は諦めて、お店の中に入ったら、温室みたいなガラス張り。
とっても素敵な眺めなニョ。
a0158724_11191572.jpg

さっきまで見てたセント・シャペルとコンシェルジェリーが目の前で、
その歴史ある建物を、たっぷりゆっくり見られるし、
a0158724_11230973.jpg

ガラス張りの天井から、降り注ぐ光の優しさよ。
a0158724_11234044.jpg

明るい店内は居心地いいし、ギャルソンはとても親切で、
英語メニュー(紙製)も、日本語メニュー(タブレット)も準備されてる周到さ。

うーんと若い頃はさぁ、観光客向けの店なんて!
と、ハナから嫌悪してたおれ。
観光客向けの王道ではない、ディープな地元御用達の店に行きたいワ!とか思ってた。
すっかりわたしも年を取り、まぁるくなったということか。
ここは、観光地ど真ん中。
観光客慣れしたサービスに、とっぷり浸かって楽チンニョ。
a0158724_11285331.jpg

だって、わたしが今!求めるのは
おいしい食事と寛ぎニョ。
ゆっくり休んで、おいしーゴハンを食べることこそ!が、目的なニョだ。
a0158724_11311005.jpg

観光客の店ではボラれちゃう!って、心配したりしてたけど
べつにそんなことはない。
昨日たべたタバコ屋カフェより、ずっとおいしくてお安いニョ。

クロックムッシュとオムレツを、姉子とじょうずに半分こ。
「パンとオカズを食べられて、ちょうどよかったね」
「わたしたちったら、メニューのチョイスも、すっごくナイスだったよね!?」
と、仲良し姉妹モードなニョ。

推しくらむは、あぁ、レモネード。
大きいサイズを頼んだら、でかいグラスになみなみと注がれてサーブされちゃった!
わたしはてっきり瓶のままで来ると思い込んでおったニョだ。
英語の勉強足りないなー。と、ここは反省するところ。
もっとキチンとギャルソンに確認するべきだったニョだ。
苦手な英語を克服するニョが、これからの旅への課題なニョ。

▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」で、英語の耳を育てていこう。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
by tsurukame_ko | 2019-06-30 06:00 | 姉子とパリ2019.6月
【ビストロ ヴィクトワール】調べて行ったレストランが見事大当たり!で、うれしーい。おいしくて素敵な地元食堂。
2019年6月7日(金)2日目⑥ オペラからヴィクトワール広場まで、歩いて遠征!レストランへ


「ビストロ ヴィクトワール」で晩ごはん。「砂肝のサラダ」がおすすめニョ。

「体調わるそうだし、レストランは諦めて、部屋食にしようか?」
と、気遣う姉子を跳ねのけて、
わたくし目当てのレストラン、意地でも行くぞ!と、やってきた。

だって、見てみて!このお皿!!
ご馳走お肉が!てんこ盛り!
これがサラダとは思えない。
a0158724_21524594.jpg

それから、もちろんステーキも。
a0158724_20575741.jpg

やわらかジューシー!旨いニョだ。

a0158724_21104535.jpg
すっかり色々諦めて、コンタクトを捨ててきたわたし。
もーメガネっ子になったらば、
すごーく楽になっちゃった。

やっと薬が効いてきて、
頭痛も治まり、ゴキゲンに。


テーブル間はせまくって、隣との距離は極ちかい。
a0158724_21280992.jpg

お客さんはぎゅーぎゅーで、さざめく賑わい楽しーニョ。
a0158724_21433155.jpg

庶民的でアットホームな雰囲気が、すごく和やかで、
パリ初心者なわたしたちでも、リラックスして楽しめる。
a0158724_21342607.jpg

メニューも外に表示されてて、入りやすいビストロだ。
常連客も、観光客も、「初めてのデート」な二人(←隣のカップルがそんな風だった!)でも、
「どんどんおいで」と招かれる素敵なお店に大満足。
いかにも!パリのビストロ的な伝統的なお店でね、お値段がとてもリーズナブル。
観光客でも入りやすくて、居心地イイのが素晴らしい。


うっとり素敵なパッサージュ「ギャルリー ヴィヴィエンヌ」に寄り道する

オペラ地区に点在するクラッシックなパッサージュ。
こちらは、特に、繊細で優美な鉄骨が印象的。
a0158724_22024946.jpg

実はわたくしもう一軒、ビストロをチェックしておった。
a0158724_22032880.jpg

それは、「ビストロ ヴィヴィエンヌ」
エレガントなパッサージュ内にあるクラッシックなフレンチ店。
a0158724_22030825.jpg

値段を見たら、びっくりニョ。
a0158724_22151935.jpg

うーぬ、さっきの店よりも、ぐっと値段が張っている。
素敵なお店はお高いねぇ~。
と、そそくさ退散いたすニョだ。
a0158724_22272808.jpg

20時すぎても、パリの陽は、ぜんぜん落ちずに明るくて、
a0158724_22292247.jpg

うっかり遊びすぎちゃうニョ。

▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

あしたは美術館めぐり。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

by tsurukame_ko | 2019-06-23 06:00 | 姉子とパリ2019.6月
【乙女のパリ】あちこちお店を覗きながら、そぞろ歩きが楽しーニョ。#パリ女子旅 の醍醐味だ!
2019年6月7日(金)2日目③ サンジェルマン・デ・プレ散策


タバコ屋的カフェで、ランチ


お昼ごはんは、通りに面したカフェでいただくことにする。
注文がとても楽チンな「チキンサラダ」と、「本日の定食」。
a0158724_22055546.jpg

外があんまり寒いので、奥の席に座ってみた。
a0158724_22260561.jpg

姉子の撮ったわたし▲より
わたしが撮った姉子▼のほうが、美人に見えるのはどーゆーことだ!(憤慨)
a0158724_22131268.jpg

ねー、ねー、ぜったいわたしのほうが、うまく構図取れてるよね!?
と、カメラマンに抗議したら、
「だけど、ぜったいわたしのほうが、うまくポーズ取れてるよね!?」
と、斬られたワ。
頬にかわいく手のひらを当てて、たるんだ顎を隠すのよ!と、レクチャーしたのは、わたしなのにぃいぃい!
a0158724_22262148.jpg

乙女ですもの。すこしでも美人な姿で写りたい。と思うニョに、
あぁ、写真って、むずかしい。。。


緑の公園覗いてみたり、
a0158724_21034022.jpg

ボン・マルシェを冷やかしたり、
a0158724_21034762.jpg

うっかり本屋で長々と、時間をすごしてみちゃったり、
a0158724_22054259.jpg

ああ、街歩きはたのしーニョ。


奇跡のメダイ教会


だけど、今日一番の目的は、聖母マリアの聖堂で、
a0158724_22424301.jpg

「奇跡のメダイ」をいただくこと。
a0158724_22524405.jpg

教会の中は、静謐で、澄んだ空気を纏ってる。
a0158724_22432824.jpg

わたしの元にも素敵な奇跡が、どうぞ訪れますように。


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

美人への道は険しいニョ!


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

by tsurukame_ko | 2019-06-20 06:00 | 姉子とパリ2019.6月
のんびり自宅で過ごす休日が、案外好きだと気付くニョだ。
今年のGWは、わたくし、まさかの10連休。

自宅でのんびり掃除をしたり、パンを焼いたりしているニョ。
a0158724_13203923.jpg

自宅でゆっくり過ごす時間が、いつもわたしには足りなくて。
せかせか暮らしている日々を
ここらでリセットしたいニョだ。
a0158724_13204608.jpg


▼ランキングボタンを押してほしいニョ。d(ФωФ=)

美人になるニョ!と息巻いているわたしを応援してほしい。


すっかり放置されている
どらねこハリーを応援してね!

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
by tsurukame_ko | 2019-04-29 13:26 | 日々のこと
【麦代餅】素朴なお餅は大ぶりサイズ、おなかいっぱーい!になっちゃうよ。【中村軒】
京都に着いて、最初のオヤツは【中村軒】の【麦代餅】
a0158724_06580791.jpg

駅の伊勢丹にも置いてある京都を代表するお菓子。
食べてみたいと思いながら、いつも横目でにらみつつ、「いつかお店で食べてやる!」と、密かに狙っていたのです。

昔から、田植え時の間食として供せられていた麦代餅。
餅二個につき五合の割の麦を代としていたところから、「麦代餅」(むぎてもち)の名が生まれたそう。

「ミニ」と名まえがついているけど、実際はかなり大ぶりで、ミニがこれならふつうサイズは、すごいボリュームだと思う。
楊枝が添えられているけれど、お餅が分厚く、切れません。
手に持ちガブリとイかなくちゃ、とても口には入らない。
粒あんがどっしり詰まってて、きな粉がふわっと香ります。
田植え時のオヤツと聞いて、なるほど!納得するのです。

a0158724_07295856.jpg

勢いついたわたくしは、【かつら饅頭】も頼んじゃう。
こちらも、想像したよりビックサイズ。
皮はかるかん。中身は漉し餡。
「よく入るねぇ」
夫はあきれているけれど、「あんこは別腹」なのですよ。


わたしの大事なしろくまちゃんが、最近すっかりヨレてきて、
旅のお供をどの子にするか、あれこれ悩んでいるところ。
今回、候補を連れてきて、せっせと撮り比べているのです。
二人組のキイロイトリは、ねー、どうかしらどうかしら?
年は取ってもまだまだ現役!踏ん張るしろくまちゃんですよ。


留守番ハリーを応援してね!
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

▼ランキングボタンを増やしてみた。こっちも押してほしいニョだ。d(ФωФ=)

美人になるニョ!と息巻いているわたしを応援してほしい。

by tsurukame_ko | 2018-12-10 06:00 | 夫と京都2018.12月(すし善)